今注目のニュース
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
宮迫博之・田村亮が涙の会見、吉本興業への想い

ポストアポカリプス単語

ポストアポカリプス

掲示板をみる(252)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポストアポカリプス英:Post-apocalyptic)とは、フィクションにおけるジャンルの一つである。

ドットをうち「ポストアポカリプス」と表記されることも。また、数は少ないが「アフターホロコースト」「アフター・ホロコースト」という名称もある。

終末の後」と示す通り、何らかの原因により人類文明が壊滅した後を舞台とする。日本においては「北斗の拳」「世紀末」が最もイメージしやすいだろう。

概要

現代社会衣食住の安定、医療の普及や法律の制定など、あらゆる不安を取り除き多くの人が住みよい環境が整備されている。しかし、文明の崩壊はそのあらゆる「安心」が一挙に消失することで、常に暴力や資の枯渇といった不安にさいなまれる極限状態へと追い込まれることになる。加えて、壊滅的な被害により既存の統治や利権は失われており、それにまつわるいざこざが新たな争いの火種となることも多い。

原始社会に逆戻りした不便な生活、暴行や殺人が咎められない野蛮かつ非倫理的な舞台が展開されるが、フィクションとは言え現実でも起こりうる世界であるため、他人ごとではないリアリティや緊感を受け手は感じることになる。

電気ガスも止まり、食料は底をつきコンビニっぽ、警察もおらず怪しい連中がウロウロしている。救助のアテなんて端から存在しない。そんな世界がどれだけ恐ろしいかは想像に難くないだろう。

一方で、文明の利器を失い絶望的な状況に陥りながらも生存をかけたドラマを展開することで、現代社会価値観倫理性、生きることの意義や生命の価値をめて問い直す作品も存在する。

また逆に、人類が滅び災厄が過ぎ去った後の穏な世界主人公たちがほのぼのとした生活や冒険を送る「心地よい破滅」と呼ばれるような作品も見られ、決して殺伐だけに留まらない幅広い可性を秘めたジャンルと言える。

文明が滅びる原因は作品により異なるが、隕石の衝突、大災害、種族の寿命など自然発生的なものから、世界規模の核戦争勃発、生物兵器として開発された致死性ウイルスの蔓延といった人為的なものまで多岐にわたる。ただし作品によってはそもそもの原因が言及されないことも多々ある。

ポストアポカリプスを描いた主な作品

漫画・アニメ
ゲーム
映画・書籍
人形劇

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP