今注目のニュース
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
テレビや雑誌でおなじみ、元祖「鮭キムチ」のくにをのキムチ新商品「くにをのキムチ 北海道産鮭キムチ」を発売
『Fate/Grand Order』クー・フーリン〔オルタ〕が圧倒的な造形でフィギュア化!禍々しいフォルムを忠実に再現!

ポボルバルム単語

ポボルバルム

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポボルバルムとは、MHFに登場するモンスターである。別名は騒音創音

飛竜
ポボルバルム
別名
原種 創音
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

概要

MHF-G6(2014/11/19)で実装された高地に生息する飛竜種であり、アカムトルムのようなモンスター
MHF飛竜種はオディバトラスに引き続き二匹である。
剛種とG級が存在し、G級での難易度7。

見たはズバリ「陸上に適応したクジラ」なモンスターで、パッと見では飛竜種というより海洋生物らしさの要素のほうが強く感じられる。
そのためシルエットだけが開された時点では海竜種と思われていた。

ゲーム中では説明されてはいないが、生態も現実クジラを思い浮かべられるものとなっている。
元々ポボルバルムはを飛んで生活していたものの他の飛竜との生存競争に勝てず、捕食されることで絶滅寸前になり怪をして飛べなくなった個体が地上で暮らし始めたと4gamerネットの記事で説明されている。

頭と尻尾楽器のような器官がついており、その部位から発せられる音はポボルバルムや周りにいるハンターに様々な影をもたらす。
ゲーム的な効果は後述の演奏を参照。

攻撃は腕を叩き付けて衝撃波を発生させたりボディプレスで地割れを起こしたりと鈍重で判定も一なものがだが、
尻尾叩き付けから、潜ってクジラのようにダイナミックに飛び出す攻撃や後ろに向かっての突進などに生させてくることもある。

哮系の攻撃を喰らうと「混乱やられ」という新しい状態異常に陥る。
混乱やられになってしまうとダメージを受けたハンターが、なぜか踊りだしたり笑い出したりと奇怪な行動をし始め大きな隙をすことになるため、レバガチャ速に解除したい。

質はそこそこ柔らかいのだが、ポボルバルムは剛種G級両方とも同ランクモンスターべてずば抜けたタフネスを誇る。
剛種の体からして体バカと言われた剛種デュラガウアより5000高い30000もある。
G級では体自体は変わってはいないものの、全体防御率が低くなっているため総合的な耐久は剛種の約2倍。
G9.1で剛種の体調整が入り耐久筆頭のポボルバルムもHP24000まで減少したが、
G級はそのままであるためそれで換算すると剛種の約2.6倍の耐久となる。
とは言ってもステータスだけ見ればG級では常軌を逸するという程ではなく、耐久と言われる所以は演奏

また、故に効のためデュラガウアと違って捕獲も不可能
火力が足りず運が悪いと二つの旋のおかげで何時までたっても死なない。
そのため剛種G級共に十分な火力を確保できるようになってから挑むのが正解。

弱点属性なのだが、大して通らないので属性の有効性は低い。
一方属性には非常に弱く剛種でも1440、G級では2160もダメージが与えられる。
防御旋のおかげで防御率ガチガチ(特にG級)なので属性は極めて相性がいい。

演奏

ポボルバルムは前述の通り楽器のように変化した頭、(前足)、尻尾を持っており、
それら三箇所を使って狩猟笛の如く自己強化の演奏を行うという特徴がある。
部位ごとの演奏で効果が異なり、
頭は攻撃アップ防御アップ尻尾ダメージ回復(5000)となっているほか、
G級では開幕のみ全効果を一度に与える演奏も行ってくる。
また、この効果はポボルバルムのみならず周囲のハンターにも及ぶ。

哮後に演奏準備状態に入るが、この時演奏に使う部位にが発生し、
演奏が発生している部位を殴ることで怯ませ、妨することが可
に成功すると確定で落し物をする。
特にによる防御演奏尻尾による体回復演奏遂されると一気に狩猟時間が長引いてしまうため、
この2種の演奏には特に注意して対処したい。
前述の通りハンターにも効果があるので攻撃UPに繋がる頭の演奏はあえて阻止しないという戦術もあり。

剛種は開幕に飛発生→攻撃行動1回→立ち哮→演奏準備、
G級では開幕哮後確定で全効果演奏を狙って来る。

なお演奏準備時間は通常は非常に短い(2程度)が、既に破壊されている部位が演奏に使われる場合、
破壊した部位を修復してから演奏を開始する(部位破壊報酬は消滅しない)ため、準備時間が延びる。
よっぽどの火力がない場合、部位破壊なしでの演奏は非常に厳しい。

部位破壊自体も少々特殊な仕様となっており、演奏効果が発生している状態(開幕を除き、飛が上がる部位が存在している場合)ではどの部位も破壊することができなくなっている。
ただし蓄積はされており、演奏効果が切れた直後の「SAい行動」時に一発殴ることで怯みが発生し、蓄積了した部位がまとめて破壊される。
また、麻痺中も同様に破壊できない模様。

特異個体

G級のみHC化可
攻撃が少し増えるが体や防御補正、怯み耐性は一切変わらない。

HCモードに変化させるとブレスや周囲攻撃に少々変化が出るが微妙な差。
なので実質G9.1以前のオディバトラスのようにポボルバルムがHCモードになっただけに近い。

余談

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2017/08/15(火) 01:53:17 ID: 9kkD1q2laT

    一部を除いてそこまで連戦しなくてもいい本家なら確かに、「奇をてらってモンスターでこれはこれで面い」的な評価が出たんだろうな
    でもFは連戦必須なゲームでなぁ
    仕組みを知っていても倒すのが面倒、ミスって演奏を止められなかったら苦行になる、それでいて希少素材・HC素材はしっかりと用意されている、珠を(GX珠で)いくつか作るとなるとコモン素材・準レア素材が大量に要されるから何十回も行かなきゃいけないのにこの仕様
    そら低評価にもなりますわな

  • 7ななしのよっしん

    2017/08/19(土) 08:13:34 ID: mRKKoD6OPg

    今となっては本家とは別のになったCSは一戦もしたくないようなのを量産してることを考えると
    実装当時でも高火力PTでそれなりにく回せたこいつがちょいめんどいから低評価っていうのがF開発のレベルの高さを物語ってるな

  • 8ななしのよっしん

    2017/08/29(火) 13:56:05 ID: 9PXKoFsYva

    Fが高いというかCSクソクソなだけだろいい加減にしろ!
    鏖魔あたりはかなり頑ってると思うけどな

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP