ポリコレカードバトル単語

ポリコレカードバトル

3.3千文字の記事
掲示板をみる(1,119)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(59)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ブラックジョークを含んだ記事 この項ジョークです。
ジョークはみんなで楽しく笑いあうのが欧では一般的です。

ポリコレカードバトルとは、今世界で最も流行っているカードゲームである。

概要

で作られたカードゲーム。通称「差別カードバトル」「私、可哀想でしょバトル」「リアルテコンダー○」。1970年代に発売されていたと言われているが本格的に知名度が上がったのは2018年頃から。

世間的な注を集めてからは自分の手札を叩き付けあうシンプルバトル、いつ・どこでも・だれとでもできるお手軽さ、特典のさから多くのユーザーを獲得している。

人権後進国日本では流行っている様に感じないが、その世界的なスポーツの大会、世界的な映画賞、政治家選挙と多岐にわたる。
その様子はフィクションのホビーアニメの様であり”カードバトルを制する者は世界を制する”と言える程の盛り上がりを見せている。

プレイヤー人口は2022年現在78億人以上とも言われており、まだまだ増え続けるだろう。

しかし、その手札を叩きつけるシンプルルール故にカードバトルじゃなくてメンコではないか?」との摘もある。

ゲームについて

ルール

  1. 手札を用意する(しなくてもよい)。
  2. 対戦を申し込む。相手はカードを持っている人ならでもよい。
    対戦を申しまれた者は拒否することは出来ない。拒否=負けだからである(例外はある)。
    申し込まなくてもオーディエンスが勝手に始める事もある。
  3. バトルを始める。あらゆる場所・状況を問わず始める事ができ、またポリコレカードバトルは全てにおいて優先されるべき事項である。このためバトル批判する者には社会批判が許されているので、対戦前に排除することでクリーンバトルができる。
  4. 手札からカードを発動して攻撃する(発動枚数制限はい)。手札が尽きても途中で創造すればいい、というか基本戦術。所謂セットカード(カード)も何枚でもせることが出来、任意のタイミングで発動可
  5. オーディエンスが好きなタイミングで勝敗を決める。競技者のサレンダー(降参)は可
  6. 特典を貰う。ただし勝者が受け取れるとは限らず、オーディエンスのみが貰う場合もある。

ポリコレカード

ポリコレカードバトルを行う為のカード
複数枚のカードめた物をデッキと呼ぶ。デッキの枚数は自由だが、強カードの枚数が異様に多いデッキは「偽造カードの積込」しでは構築が難しい為、オーディエンスから懐疑的なで見られ負けの原因になるかもしれない。

カードに生まれた間に配られる「カード
後で配られる「カード
自分で取得する「趣味カード」の三種類が存在する。
カードを破棄する難易度カードによって違い、破棄が簡単なカードは弱い傾向にある。ただし破棄が難しいから強いとは限らない。

また、上記のカード創造することで作られる「偽造カード」もある。偽造カードデッキに入れていることがバレても、オーディエンスの発言が強い勢が容認すれば使用はできる。ただし強い勢が容認しない場合は、これを使った事を理由に敗北する事もあり得る。

カードには種類があり、複数枚入れる事ができる属性とそうでない物が存在する。

カードTier表

アカデミー賞環境の物。

単純な強さだけではなくカード同士のシナジー(相乗効果)・後出し・せのしやすさ・「偽造カード」の作り易さも考慮に入れている。

(最終更新2022/04/06)

種類/ランク S A B C D E F
性別 LGBT 女性 QQIAAPPO2S 男性
黒人 白人 黄色人種 その他
出生 難民 ウクライナ インディアン 部落 ハーフ アイヌ在日朝鮮人 オータ発展途上国 アジア ロシア 未開拓地
身体的特徴 デブ ブス そばかす 低身長 ブサイク 赤髪 ハゲ
病気・障 核被爆者 身体障 ADHD 非言性学習障 コロナ患者 寝たきり アスペルガー症候群 小児性愛
職業 コメディアン マスコミ 左翼活動家 ホームレス 政治家 お笑い芸人 専業主婦 公務員 上級国民  バイト 無職 右翼活動家 警察
思想 リベラル フェミニスト ポリティカル・コレクトネス 反権・反体制 ヴィーガン ベジタリアン 保守主義 ポリティカル・コレクトネス懐疑 ネトウヨQアノン
趣味 人権活動 ブラックジョーク 環境保護 SDGs フェミニズム 反体制・反権活動 スポーツ 腐女子 BL 趣味 オタク 夢女子 性的でない創作 BL以外の性的創作 反権・反体制以外の犯罪 右翼活動
被害 人種差別 被害 女性差別 暴力 強盗 窃盗 いじめ 万引き 暴動などでの略奪 男性差別 差別義者のレッテル
前科 万引き 違法滞在 政治暴動などでの略奪 成年  窃盗 詐欺 いじめ 強盗 殺人 性加 人種・性差別
恋愛結婚 シングル 既婚 処女 バツイチ 彼氏・彼女持ち 未婚 若年童貞 高齢童貞

デッキ集

テクニック

真面目な概要

問題行動(ミス炎上犯罪)を起こした際に批判を回避・封殺・反撃する為、マイノリティである事をや矛にしたり病気や障のせいにする行動、またそれによって利益を得ようとする行動に対する揶揄。

2018年頃から言われていたが2022年ウィル・スミスクリスロックがお互いに病気を持っていた事がニュースになった事からTwitterレンドにあがり注された。

背景にはポリティカル・コレクトネス歪みに対する批判があるが、古くから犯罪者責任しによる無罪などに対する批判など似たような概念は存在している。

海外もこういった事を揶揄する言葉があり、「race card」(人種武器に利益を得ようとする)が近い。学者が使う言葉では「Oppression Olympic」(抑圧オリンピック)が近いと思われる。

この揶揄を不快に思う人もいるだろうが、ブラックジョークなので笑って受け流すのがアメリカである。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/30(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/30(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP