ポルトフィーノ単語

ポルトフィーノ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ポルトフィーノとは、2005年産の東・居厩舎に所属する競走馬であり、

第33回エリザベス女王杯優勝っぽいである。

概要

クロフネエアグルーヴ、半にはエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴサンデーサイレンス)がいるという文句なしの良血

デビューからその素質は評価され、3戦アーリントンカップまではすべて単勝1倍台の支持を受けた。
エアグルーヴオークス天皇賞(秋)を制し、ダイナカールオークスを制していた為、子三代でのオークス制覇に期待が寄せられたが、アーリントンカップでの敗戦後は除外や折によりクラシックシーズンを棒に振ってしまう。

初めてのG1出走となった第33回エリザベス女王杯で落→カラで1着入線したためネット掲示板ニコニコ動画等で大いに盛り上がり、ニコニコ大百科においては競馬関係記事の充実という形で表れているようである。

2008年度の主な戦績

などの不幸に見舞われ、クラシックでの出走はわなかった。しかし……。

第33回エリザベス女王杯

クラシックでは結局走ることが出来なかったものの条件戦で着実に賞を重ね、満を持してGⅠエリザベス女王杯武豊とのコンビで出走した。重賞勝ちはないもののその素質を買われ7.9倍の3番人気に支持される。

そしてついに迎えたスタートでなんとまずい武豊を落としてしまう
かしここからがエアグルーヴという素質本領発揮だった。

G1では思い切ったレース運びが必要だと考えたのか、ポルトフィーノは最内の経済コースを通り大逃げを打つ。
中は後ろにコスモプラチナを従え、中々のペースで気分よく走っていく。
ここでテレビ局はポルトフィーノをカメラに映さなくなってしまい、実況もポルトフィーノについて触れなくなってしまう。
しかしそんな事情とは裏に、レース全にポルトフィーノのペースで3コーナーを回り終えた。
ここでポルトフィーノはファンサービスからか、いは騎手というハンデくした帳合わせか、大外を回る。
直線に入ってまもなく、リトルアマポーラが先頭に立つ。それを見るように追走するカワカミプリンセス
しかし残り200メートルを切るかというときに突如カメラが捕らえたのはポルトフィーノ!!
内でなんとかろうとするリトルアマポーラ然と交わして抜き去り、1身の差をつけ勝。
素質の違いを見せ付けた圧巻のレース運びだった。

ちなみに、落した武豊は(救急車に乗って)15着でゴールした。

補足説明

競馬を知らない人のために補足する。

騎手が落ちた後、その場所から再騎乗しない限りそのは落による失格になる。
そのため、公式記録及び馬券の払い戻しやテレビ中継ではそのに関する一切は視される。
つまりレース中、彼女カメラから外され、実況されなかったのは当然の処置であった。

なおカラ、つまり落して騎手がいない状態のが1着で入線するという事例は稀に見られる。
その為、こういった状況自体は(論、稀有な事ではあるが)それ程驚くべきことではない。
有名なところではギャロップダイナ札幌日経賞(OP)などがある。

競馬では騎手の体重=ハンデであり、斤量2キロで1身差が出ると言われる。
ポルトフィーノが先着した一因に、騎手を振り落とした事が挙げられるのは想像に難くない。(なおこレースでポルトフィーノが背負った斤量は54.0キロであった)

しかしそのような前例と違うのは、このレースG1レースであるという点である。
G1レースは数あるレースの中で一番格式が高く、現役でもトップクラスの実・実績を持ったが出走するレースであり、生半可な実では出走することすらできない極めて過酷なものである。
圧倒的な実績を持つカワカミプリンセスや実ベッラレイア、この年のクラシックをまずまずの戦績でまとめ結果的にこのレースを制するリトルアマポーラなど、ダイワスカーレットウオッカという天皇賞(秋)相手に渡り合ったが不在とはいえ、第33回の参加メンバーも決して弱いわけではない。

また、騎手がいなければはまともに走れないとされる。
ポルトフィーノが最後の直線走路で大外に居たのも、コントロールする騎手が居らず上手くコーナーを曲がる事ができなかったと考えられる。
また、騎手コーナーの転回以上にペース配分やの心持ち等をコントロールマネジメントする役が重要である為、騎手しのはそうした点で不利を受ける(騎手が居ないという時点でレースは成立しないが)。

以上のように、G1という大きな舞台でカラが先着するということは、過去に例がい大変しい事態なのである。

エリザベス女王杯後4走しているが掲示板にのることもできないまま引退となった。

通算成績は9戦3勝。

血統表

クロフネ
1998 
*フレンチデピュティ
1992 
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
*ブルーアヴェニュー
1990 
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ
エアグルーヴ
1993 鹿
FNo.8-f
*トニービン
1983 鹿
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ダイナカール
1989 鹿
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフェザー *ガーサント
*パロクサイド

産駒成績

足の弱さが遺伝したのか、未出走で終わった産駒が2頭いる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/17(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/17(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP