ポロロッカ単語

ポロロッカ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポロロッカとは、アマゾン川を逆流する潮流のことである。

概要

満潮になったが何mもの高波となり、アマゾン川を上っていくことで起きる現もその勢いに押され一緒に逆流するため、大規模な逆流現となる。
逆流自体は季節問わず起きているが、特に3~4月頃は季に当たるためその分規模も大きくなり、大海となって荒れ狂う。

高波が発生するため、近年はポロロッカの季節に合わせてその波に乗ろうとするサーファーが多く集まって来る。

ポロロッカはトゥピーで「大騒音」を意味する。
アマゾン川の逆流現は、大音とともにもの凄い速度で流れる為、その名が付いた。

クイズ番組における伝説的早押し

1992年テレビ番組『ギミア・ぶれいく』の「史上最強クイズ王決定戦」において、当時「クイズ王」として名を馳せた西村顕治が、押し問題で「アマゾン川で」とだけ読み上げられた所でボタンを押し「ポロロッカ!」と回答し正解した。問題が読まれてから、わずか0.9という押しだった。これが後に、押しクイズ伝説的回答を意味する単として浸透することとなる。

なお西村は後に「『アマゾン川』だけでは多くの問題が考えられるが、『アマゾン川』に続く問題の答えは『ポロロッカ』しかない」とっている。

その後、上記のシーンが、冨樫義博漫画幽☆遊☆白書』においてパロディ化された。「ゲームマスター沼とのテレビゲームでの対戦時に、クイズに答えるシーンである。出題がまだ「アマゾ」しか出ていないうちから押しボタンを押し「ポロロッカ」と回答するというもの。

なおが正答できた理由はゲーム内の問題(約2万問)を全て暗記していたからであり、その点では上記のオリジナルと異なる。

「ポロロッカ」という言葉の浸透

「ポロロッカ」という単だけでは、久米田康治漫画及びアニメさよなら絶望先生」にて、メインキャラクターである風浦可符香」が、原作第二話にて「将来なることが絶望的なもの」として「ポロロッカ人」という電波な内容を書いていた。

その後、原作五十一話でポロロッカが「逆流現」を意味する単として、逆流現ネタとした話が週刊少年マガジンに掲載されて以降、少しずつ「ポロロッカ」が逆流現を意味する単として浸透していった。

これらのことから、クイズ西村の回答や、ポロロッカ本来の意味に辿り着いた人も多く、それもある意味「逆流現」である。

逆流現象とは

以下に一例を記載する。

このように、後から生したものにハマってしまい、元ネタに辿り着く現のこと。通常の展開の逆になることや、本来の流れとは全く逆の流れから物事が決定することを意味する。

分かりやすく言うと、とあるアニメドラマ映画など見たことで、その原作漫画小説ライトノベル読み始めるようなことである。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP