ポンペイ単語

ポンペイ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ポンペイとは、イタリアの町の名である。

他にも人名などで様々な意味があるが、ここでは最も有名なイタリアの町について紹介する。

概要(現在)

ナポリ県の東端に位置する人口約25000人の自治体(コムーネ)。火山であるベスビオ山の南東にある。トレニタニアMETと、ベスビオ周遊鉄道のポンペイとポンペイ・スカがあり、ナポリからのアクセスは1時間弱。

現在の町の歴史は意外と新しく、1891年に建設が始まった。ロザリオ巡礼堂が町の中央にあり、観光スポットの1つになっている。

だが、観光スポットとして最も有名なのは以下に述べる古代遺跡であろう。

概要(古代)

古代ローマ帝国の町のうちの1つ。もともとはサムニウム人などの別の民族の町だったが、スラ(スッラ)によって征されて以降、共和政ローマの植民都市となる。オクタウィアヌス皇帝になって以降はそのままローマ帝国都市となった。

当時のポンペイは港町であり、地中海から運ばれてくる産物をアッピア街道経由でローマに運んでいたため栄えた。これに加え、周辺ではぶどうを栽培し、ワインを生産していた。

町は盤の状であり、石で舗装されていた。しかもが通る)と歩が分離されており、横断歩道のような石まで置かれていた。止めもあったことから、歩行者天国のようなものもあったのではないかと推測されている。

闘士たちが闘った闘技場(劇場)もあり、「パンと見世物」と言われるローマ人の生活スタイルがここにもあったようだ。ほかにも、ローマ人が好んだ公衆浴場もあった。食生活も充実しており、『テルモピリウム』と呼ばれる今でいうファーストフード店のようなものも各地区に存在していたようだ。しかも、当時の人の排物を解析した結果によると、身分による食べ物の差もさほどなかったらしい。

館も残っており、男女の営みを描いた画が鮮やかに残っている。言葉の通じない外国人向けにどのような交わり方が好きかを示せるように、ということらしい。一方で町の人の落書きもあり、

と割とお下劣なものもある(※意訳)。

もちろん下品な絵画や落書きだけでなく、世界史の教科書にも載っているアレクサンドロス大王モザイク画もこのポンペイから出土している。

 

このように当時の人々の生活の詳しい情報が多い。これは古代遺跡にしては保存状態が良かったためであるが、その理由は以下の出来事にある。

ベスビオ山の噴火

紀元後62年、ポンペイは2万人ほどの人口を抱えていた。しかし、同年に大地震に遭ってしまう。町は壊滅状態になるが、それでもポンペイの人々は町を復させようと頑っていた。

しかし、79年にベスビオ火山が噴火し、ポンペイは火山に深く覆われてしまう。その後数時間のうちに多くの人々がポンペイから避難したと考えられているが、約2000人は何らかの理由でその場に残った。

そして噴火から10数時間後、火砕流が発生。時速100kmで襲ってくる500℃の火砕流になすすべもなく、人々は倒れ火山の中に埋もれた。子をおうとして自らも犠牲になった親、地下室に避難し火山からは逃れたが火山ガスで中死した数十人の人々、えながら死んだと思われる飼い犬…多くの命と人々の生活が、一にして奪われたのだ。

しかし、火山に覆われたことによって、皮にも都市の絵画や落書き、当時の人々の生活の様子がそのまま保存された。に覆われた遺体は腐敗し洞だけが残った。

その後、ポンペイは放棄され集落がつくられることもかったが、しばらくは「あのあたりにポンペイがある」ということは知られていたようだ。18世紀に入ってから本格的な発掘作業が始まり、その際に発見された人洞に石膏を流し込んだことで、当時の遺体再現された。

1997年に周辺の火砕流を受けた都市遺跡と合わせて「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」として世界遺産に登録された。それ以降も新たな発見があり、2018年の調では首のない遺体が発掘されたりしている。しばらくは倒壊した建物などに首が潰されてしまったのではないかと推測されていたが、後の調査exitで、死因は火砕流であり、発掘時の地下道が崩壊した際に頭部が流されてしまった可性があると考えられるようになった。

しかし、火山が取り除かれ、にさらされ始めたことで時の止まっていたポンペイ遺跡の劣化が始まってしまった。現在でも遺跡と石膏の修復作業が続けられている。

関連動画

関連商品


関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2020/01/17(金) 21:15:57 ID: UVXxK/0Cs3

    タイムラグしに一で埋まったわけじゃないんだから身を守ろうとする姿勢になったんだろう。
    今で例えるなら津波が襲ってくるのを見た人間がどんな行動を起こすか、みたいな

  • 3ななしのよっしん

    2020/03/06(金) 19:39:20 ID: fNyw9kW7tU

    火山は降ってただろうけどそれが降り積もってが埋まったわけじゃない。
    山の上でバカみたいに噴煙を上げてたのが、あるとき一気に落ちてきた。
    それが山に沿って流れ落ち、火砕流となって短時間でを埋めたって感じでしょ。
    高熱の土砂崩れみないなのを想像したらいい。

  • 4ななしのよっしん

    2020/05/15(金) 16:14:29 ID: BH7OpZ/qay

    「来た、ヤった、帰った」

    古代人も現代人とそう変わらない部分があると知ってほっこりした

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/25(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/25(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP