マイティボーイ単語

マイティボーイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マイティボーイとは、スズキ自動車がかつて発売していた軽トラックである。通称「マー坊

概要

軽トラックと言っても、ベース2代目セルボである。そのセルボのBピラーから後ろを取っ払い、その部分を荷台したものである。理屈の上では軽トラックではあるが、実質は2人乗りのパーソナルカーの趣きが強い。キャブの居住スペースそれなりにあるので、普通軽トラックべても、快適性はある。シートフラットにはならないがリクライニングができるスペースは確保されている。体がセルボよりさらに軽くなっているので、図らずもスポーティな乗り味になっている。

いけどマイティボーイ」というキャッチコピーの通り、その当時としては最も価格の安い45万円で販売された。この45万円という数字は衝撃的だった初代アルトの47万円より安価である。販売に関しては…売れなかった。がないナウなヤングにバカウケするかと思われたが、同じデザインならセルボやアルトに行ってしまったからである。

しかし、スズキの宿命であるが、その変態個性的なスタイル生産中止になってからイマい人たちを中心に人気爆発し、今なお高い人気を誇っている。状態やモディファイの状況によっては新以上の高値になる個体もある。

鈴菌コピペの1つにもちょろっと出てくる程に感染が強く、ジムニースイフトスポーツキザシアルトワークスと並ぶ4輪からの感染の1つとなっている。後述の様な仕様をすれば一気に危険度が増す。

マイティボーイワークス

レストアに当たっては兄弟である初代アルトセルボ、フロンテのパーツが容易に流用できる。この辺りは部品の融通が利くので、あちこちでレストアの記事が載っているが、それに飽き足らず、ワゴンRなどのパーツを流用し、ブレーキディスクにして、安全性をあげたりする事もある。

また、エンジン形式さえあっていれば、アルトワークスエンジンでも書類上の煩雑な手続きを経ることなく、移植する事が出来るのでF5のターボエンジン付きを移植するツワモノもいる。中には最新のK6をぶち込むケースもあり、この場合は、普通車登録になってしまう事があるので注意。その名もマイティボーイワークスであり、軽い体に曲がる・止まる・走ると言う事で、格上のカモにする事も可である。

ジムニーボーイ

体はマイティボーイジムニーの足周りを移植してジムニーボーイというを作りだす者いる。元々はモーターショー用に用意されたコンセプトモデルであり、販されていないがそれを実践する変態ツワモノが見られる。チョイノリスカイウェイブ250をくっつけたと言うチョイウェイブ250ノリに似ており、異様な高がその存在感をいやがおうにも醸し出している。

フレーム特性上、ジムニー改造扱いになるので名はジムニー(正確にはベースの形式名)となる。なので、足回りをSJ30にした場合は「SJ30」となる。マイティボーイの体はこの場合はドンガラ扱いなので、マイティボーイの形式(SS40T)は反映されない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

マイティボーイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP