マイネルラヴ 単語

8件

マイネルラヴ

3.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マイネルラヴとは、1995年生まれの日本競走馬種牡馬である。そして、たくさんのG1背中を見続けてきたであった。

な勝ち
1998年:スプリンターズステークス(GI)、セントウルステークス(GIII)
1999年:シルクロードステークス(GIII)

概要

Seeking the GoldHeart of Joy*リイフォーという、バリバリ外国産馬である。リイフォーだけカタカナなのは種牡馬1年アメリカで活動した後日本に輸入されたから。なお*トロメオアメリカに残した初年度産駒が活躍したため、日本で産んだニッポーテイオーらの活躍を見ることなくアメリカに買い戻されている。ちなみには*リイフォーアメリカ再輸出後の産駒。1歳7月キーランドセールで37万5000ドルというそこそこの値段で落札され(ちなみに同じセリで落札されたアグネスワールド105ドル)、日本に輸入された。

新馬戦では、このが出るということでまさかの不成立が心配されたがなんとか開催、単勝1.1倍の圧倒的な人気にこたえて快勝した。続くプラタナス賞は苦手のダート戦ゆえに2着に敗れるも、続く百日草はまたも圧倒的人気にこたえて圧勝。ここまではなんら違和感はないのだが……。

中1週の強行軍で挑んだ東京スポーツ杯3歳ステークスでは、同じ詰め甘キングヘイローの前に2着に敗れた。そしてまた強行軍で挑んだ朝日杯3歳ステークスは6番人気低評価だったものの、一時は先頭に立つなど見せ場を作るが同じ外国産馬グラスワンダーレベルの違う脚に敗れまたも2着となった。しかし、1分340というこのタイム1990年リンドシェーバー記録していたレースレコードと同じタイムであり、並のでないことは間違いなかった。それよりも速いタイムで駆け抜けたグラスは何者?

年明けて4歳、初戦に京成杯を選ぶも、アクシデントと、終始馬場の悪い内側を走らされたため、5着と初めて連対をはずしてしまう。続くアーリントンカップでは全に勝ちパターンだったにもかかわらず、オリビエ・ペリエ騎乗によって導かれたダブリンライオンに敗れ2着。NZT4歳ステークスではこれまでと違った差しの競馬に転換しよく伸びたが、外国産馬最強の刺客エルコンドルパサーに敗れ3着、辱を期して臨んだNHKマイルカップも7着に敗れた。この後に休養に入ったが、そこで所属厩舎が変更になっている。当時のサラブレッドクラブラフィアン代表の岡田繁幸氏の意向によるものだが、ケンタッキーダービーを狙える言していた当のふがいない成績に憤慨したものといわれている。出たとしてReal Quietに勝てたかというと……

そんなこんなで初戦のセントウルステークス、前走から+18キロという体重増が心配されたが、2着に3身の差をつけて圧勝、重賞初制覇。この時に大川次郎氏が、「このと他の出走べるのは失礼」というようなことを発言している。しかし、続くスワンステークスではに異物が入るというまさかのアクシデントに襲われ、7着と惨敗。当初予定していたマイルチャンピオンシップを回避することに。

そして迎えた3度の大舞台スプリンターズステークス。ここにはあの2台巨頭がいた。そう、タイキシャトルシーキングザパールである。この2頭はこの年にともに海外GIを制し、日本の短距離界を支配していた。ただ、タイキシャトルは元々前走のマイルチャンピオンシップを最後に引退する予定だったところをJRAの要望でこのレースに出走しており、前走より体重増と、勝つ気がなかったようにも思える。シーキングザパールも前走のマイルチャンピオンシップタイキシャトルボロクソに負けており、最初からシャトルに勝てる気なんかしねーよ、というで見られていたような気もする。圧倒的一番人気タイキシャトル。続く2番人気シーキングザパール。マイネルラヴは7番人気と、ほぼ全に無視されていた。

しかしレースでは、タイキシャトルが伸びあぐね、それに並んで抜け出したマイネルラヴがシーキングザパールの末脚を抑えてG1初制覇を飾った。レース映像を見ればわかるが、なかなかな熱戦であった。これまで、あの幾多の名たちの背中を見続けたマイネルラヴがついに頂点に立った。しかも短距離最強2頭を抑えての勝利に、ファンは新たな短距離界のエースへの期待を募らせるのであった。

ところが、ドバイ遠征を見据えたガーネットステークスでやっぱりダート適性の低さが露呈し惨敗、続く阪急杯も苦手な重馬場で5着どまり。ファンは首をかしげた。「あれ? あの時の強さどこいった?」と。しかし、次のシルクロードステークスではアグネスワールドトキパーフェクト以下を抑えて復活。これで高松宮記念も決まりかと思われたが、高松宮記念の直前に怪で回避。なんとも運のないことよ……。

復帰初戦の富士ステークスでは見せ場なく13着、連覇を狙ったスプリンターズステークスでもブラックホークキングヘイローアグネスワールドらに敗れ4着。もしかしたらこのはいい背中を見るのが好きだったんじゃね?

次の年も現役を続けたが、かつての走りは見るもなく、惨敗を繰り返して引退種牡馬となった。

ちなみにマイネルラヴは気性のしいであり、晩年の競走馬生活では、場所を選ばずどこでも暴れたという。しかも調教でまじめに走らず、すぐに手を抜くもあったという。さらに不幸なことに、重い馬場状態が苦手なのに、にたたられることが多かった。なんという雨男

種牡馬としては、GIは出なかったが、地方も含めれば結構な重賞を制し、2004年には190頭と種付けするなど人気を集めた。としてもJBCスプリントを制したドリームバレンチノ(*ロージズインメイ)を筆頭に複数の重賞を輩出している。自分がを下ろしたビッグレッドファームからの活躍が多かったが、それ以外でもちらほらと活躍が出ていたようである。

2012年6月9日、放牧地で倒れ、安楽死の措置が取られた。後継種牡馬としては園田競馬ホッカイドウ競馬で活躍し、2014年南部杯で2着に入ったポアゾンブラックがスタッドインしている。

血統表

Seeking the Gold
1985 鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Con Game
1974 黒鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Broadway Hasty Road
Flitabout
Heart of Joy
1987 黒鹿毛
FNo.14-c
*リイフォー
1975 黒鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Klaizia Sing Sing
Klainia
Mythographer
1977 栗毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Arachne Intentionally
Molecombe Peak
競走馬の4代血統表

クロスNasrullah 5×5(6.25%)

はとこ1992年オークスアドラーブルがいる。

主な産駒

関連動画

勝ったレースといい背中を見続けたレース

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/19(金) 23:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP