今注目のニュース
「男は何歳でも結婚できる」…20代女性を狙う40代男性のアプローチは「公害」
【大麦工房ロア】今話題水溶性食物繊維たっぷり「スーパー大麦」使用 グラノーラサンド新発売!
Twitterがツイート予約機能をテスト 時間を指定してツイートできる

マインドクラッシュ単語

マインドクラッシュ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マインドクラッシュとは、遊戯王において闇遊戯が使用した罰ゲームである。

概要

原作漫画遊☆戯☆王」の40話において、デュエル勝利した闇遊戯海馬瀬人に対して使用した。
mind(精)crush(粉砕する)の名の通り、相手の精パズルのようにバラバラにする。この罰ゲームを受けた海馬植物状態になるが、これを機に養海馬三郎に受けた教育によってんでいた心を一から組み立てるように作り直し、青眼の白龍リンクするように復活する。

自殺追い込み、人のカードを盗み、卑劣な手段で他者から青眼の白龍を奪い取りさらに破り捨てる、を見捨てるなどの非を行った瀬人。しかしマインドクラッシュ後は、他者を見下す性格は元のままだが、卑劣な手段を嫌うようになり、誇り高きデュエリストとしての自確立する。そして、に対する情をも取り戻した。

ちなみにアニメだと、遊戯は他の相手に対してもマインドクラッシュを実行している。

遊戯王OCG

マインドクラッシュ/Mind Crush
通常
カード名を1つ宣言して発動する。
宣言したカードが相手の手札にある場合、相手はそのカードを全て墓地へ捨てる。
宣言したカードが相手の手札にい場合、自分は手札をランダムに1枚捨てる。
遊戯王wikiよりexit

2004年5月27日発売”SOUL OF THE DUELIST”収録。
相手の手札にあるカードをピタリと当てれば相手はそのカードを失い、外せば逆に自分が手札を1枚失う。

デメリットはあるが、相手の手札を知る事ができるなら強カードとなる。逆にデメリットを利用する戦術もある。
相手の手札が分からない場合、相手のしたい事を推測してカード名を宣言するのも手。その場合はプレイヤー量が試される事となる。 

なお、どちらかの手札が0枚の場合、発動自体できない点には注意したい。


別のカードの効果で相手の手札を見る事で、確実に相手の手札を1枚減らす事ができる。
フィールドカードを手札に戻すカードと組み合わせる事でも可だが、普通なら素直に破壊した方がい。

サーチカードデッキから手札に加える際、大抵のカードは何を手札に加えるか見せる必要がある。そのサーチしたカードを宣言すれば相手の出鼻を挫くこともできるだろう。

デメリットを逆手に取り、暗黒界魔轟神のような「カードの効果で手札から捨てられた時に発動する効果」を使用できる。
その場合、相手の手札になさそうなカードを宣言する必要がある。

注意点として、このカードチェーンしてツインツイスターなどを発動され、手札コストとして宣言したカードを捨てられるとデメリットが発生する。
相手ターンに速攻魔法を宣言した場合も、チェーンして宣言したカード自体を発動されてしまうだろう。

第5期辺りの遊戯王においては、1枚のカードパワーや手札コストなどの関係で、単純に手札の枚数が多ければ多いほど有利であり、手札破壊は強な戦術だった。
ただ、第6期辺りから墓地カードを再利用するカードがじわじわと増加。やがて自生・墓地から効果を発動するカードなども登場し、中途半端な手札破壊は相手にを送る行為となった。
このカードを使う場合、相手のキーカードや、墓地からの再利用・回収が難しいカードを宣言したい。

2007年3月31日に制限入り。その後サーチカードメタや巻き戻し(下記参照)との兼ね合いもあって幾度か制限改訂され、2013年3月31日制限となってからは落ち着いている。

巻き戻しと「マインドクラッシュ」

このカードが登場したことにより、以下のようなプレイングが物議を醸す事となる。

A「俺のターン、ドロー。はデーモン・ソルジャーを召喚!」
B「あ。、スタンバイフェイズに『マインドクラッシュ』発動して、デーモン・ソルジャーを宣言してた」

―「巻き戻し」の例

どちらが悪いように見えるかは人それぞれだろうがルール上、悪いのはAである。

遊戯王OCGには優先権というものがあり、モンスター魔法カードの効果を発動するにはこの権利を得る必要がある。
基本的にはターンプレイヤー(上記の場合、A)が優先権を持ち、「魔法カードの発動→優先権を相手であるBに渡す→魔法効にするカードの発動→優先権がAに返ってくる→……」というキャッチボールを行う感覚で優先権は移り変わる。
そして、フェイズの終了時にも優先権はBに移る。

つまりAは「ドローフェイズ・スタンバイフェイズを終了したいけど、何か発動したいカードはある?」という旨を伝える必要がある(「メインフェイズ入って良い?」とかでもいいけど)。
よって上記の例では「Bの優先権視した」Aに非がありカード名を聞いた後で使用したBにはなんの落ち度もなくフェイズが巻き戻り、デーモン・ソルジャーを捨てて相手に手札を確認させる必要がある。当然、その後Aはめて「メインフェイズに入りますがよろしいですか?」とBに聞かなければならない。

カードゲームにおいて、進行状況をお互いに確認することは当然であり、相手に伝えもせずターンを進める事はマナー以前にルール違反である。友達同士ならともかく大会では許される行為ではない。

かしこれはルール上の話。大会でジャッジに判断を仰いでもBのが通るだろうが、「相手の不注意に付け込んで、使う気のなかったカードを発動する」行為を不快に思うプレイヤーも多かった。
人間などで行うフリープレイなどでは、注意ぐらいで済ませてもらいたい。

「巻き戻しがければ規制するほどのカードではない」と言われた事もあるこのカードだが、特に関連するルール変更や効果テキスト修正もなく制限となった。現在ではルールが浸透したのか、際立った巻き戻しは起こっていない。


遊戯王プレイヤー漫画アニメから入ってきた者も多い。漫画などではいちいちフェイズ移行を相手に聞くなどという行為はせず、お互いが勝手にカードを置いたり使用したり、酷い時は発動していたりする(おそらくだが、デュエルディスク等が処理してくれているのだろう)。
そのためアニメなどから入ってきたプレイヤーは、ついノリでやってしまうのである。

そもそも『マインドクラッシュ』のカードが登場するまでフェイズの確認を怠ったプレイングが問題にならなかったのも、こういった巻き戻し行為が生まれた背景にある。


時は流れて遊戯王VRAINSにてリボルバーが使用。ライトニングが手札に加えていたジャッジメントアローズを墓地に送るというピンポイントメタの役割を果たした。(最もそれを予想していたライトニング墓地からサルベージされてしまったが)

ニコニコ動画において

精神的ブラクラブラウザクラッシュ)」と掛けて、精神崩壊動画タグに使用されている。

関連動画


※こちらは精神崩壊動画ではなく、遊戯王OCGカードを使用している動画などを掲載。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 51ななしのよっしん

    2019/04/16(火) 11:59:49 ID: lkhaE4oeIN

    場に出される前に手札で潰せ、という考えはメタカードとしては正しい
    しかしながら「出たカード攻略する」ではなく「出す前に攻略する」では話が盛り上がらないのだ!
    相手のライフ墓地アドを根こそぎ奪う結果にはなったから十分仕事したけど

  • 52ななしのよっしん

    2019/04/16(火) 12:11:22 ID: VN/joEAoD0

    ジャッジメントアローズはすでに何度も効果発揮してその存在感をちゃんと示してるからいいけどね
    必死こいてサルベージするライトニングの執着を引き出すためのいい仕事になったよ

  • 53ななしのよっしん

    2019/04/16(火) 12:12:44 ID: C+dMu3V+L8

    この効果で払ったライフのせいでピッタ死になりかけてて人質作戦に移行するし、これでリボ様がターン渡してもコロッセオの生効果フルで使えないしで本命は通してしまってるいるが不甲斐ない筒さんと違ってかなりお仕事してる。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP