マウラ・アベラルド単語

マウラアベラルド

4.9千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マウラ・アベラルドとはアニメシャドウバース」の登場人物である。担当声優井口祐一

概要

後ろで束ねたと首飾りをつけた糸目少年。本作要人物7人の中では最も登場が遅かった。実況からはプロフィールに包まれていると言われていた。

第7話終盤から始まったシャドウバース大会に参加しており、予選を突破。決勝トーナメント8番ので1回戦では柳瀬ミホ、2回戦で伊集院カイ勝利し、第10話でヒイロの対戦相手として登場した。控室では知恵の輪をいじっていた。

使用クラスはビショップ。数ターン後に効果を発揮するアミュレットを多用したカウトビショップを使っている。切り札はゴッド・オブ・カース

作中での活躍

第10話~第12話

第10話のヒイロとの準決勝のバトルでは淡々とカウントダウンアミュレットでフォロワーを出し、突進を付与するスカイスピリット進化ヒイロの場のフォロワーを処理し続け、6ターンゴッド・オブ・カースプレイヒイロはこれをイグニスドラゴンで破壊する。するとマウラは急に笑い出し「その笑顔が苦痛にむのかと思うと本当に面い」と言い出した。

変したマウラの7ターンラストワード進化したゴッド・オブ・カースが現れ、潜が付与されて攻撃対にも効果対にもできない状態になる。続けて裁判所イグニスドラゴンを破壊しターンエンドゴッド・オブ・カースの効果でヒイロリーダーを5減らした。このに驚く控室のミモリカズキ。控室に戻ってきたカイの説明では減らすのはリーダーの体ではなくリーダーの最大体であり、回復することはできないのである。

したゴッド・オブ・カースを破壊できないままターンを経過し、ヒイロリーダーの最大体を失い続けた。少しずつ絶望に染まっているであろうヒイロ高笑いして楽しむマウラマウラ9ターン終了時にはヒイロリーダーは5しかなく、場にはいまだに残り続けるゴッド・オブ・カース(進化後)、このターンプレイしたカーメイデン、そのファンファーレで引いてきたゴッド・オブ・カース2体、8ターンに破壊されたドリームラビットのラストワードで出現したアミュレット詠唱想の白兎の4枚が並ぶ。仮に何かが起きてマウラの場が全滅しても、10ターンには進化後のゴッド・オブ・カースが現れてターンを終えればヒイロリーダーの最大体が0になって勝利である。この状況からマウラからは3ターンの間のヒイロ行動駄なあがきでしかないとした。

しかし、ヒイロ進化後のゴッド・オブ・カースが現れてからの3ターン、わずかな可性にかけて勝つための準備を仕込んでいた。上昇と疾走を付与できるスペルドラコニックチャージに対してコストを2下げる騎竜兵の効果を使用。最後の猶予となった9ターン開始時にハイドラをドロー。ヒイロハイドラに温存していた最後の進化を与え、ドラコニックチャージを使用。攻撃8で2回攻撃を持ち、疾走でこのターンリーダーへの攻撃が可になるスーパーフォロワーとなったハイドラマウラを攻撃。マウラリーダー16を1ターンの間に奪い取られ敗北した。

バトル終了後、マウラは「流石はヶ崎エイジの息子」と発言。ヒイロはなぜ父親のことを知っているのかと聞くが「いつかは分かりますよ」と答えて去っていった。

第13話~第24話

第17話で勝てばゴールドランクに昇格できるバトルを行う。いつものように序盤からアミュレットを並べていき相手は余裕の態度を見せていたが、その後進化後のゴッド・オブ・カースの効果で体を削りきってマウラ勝利。とどめを刺した対戦相手はなぜかに浮かんでいた。

第19話でシャドウナイツが登場し、ヒイロアインに勝った後に登場。マウラは手持ちの16ポイントすべてをかけてヒイロバトルを仕掛け、ヒイロは勝ったらで起きていることやヒイロのことについて話すよう要した。

アミュレットを置いていき、天空の守護者・ガルラのファンファーレ詠唱神鉄の自分の場で進化が起きた時のカウントダウン減少で、カウントダウンが0になるようなタイミングを集中させることで1ターンに大量展開させることに成功。さらに体4のフォロワーを多数並べてイグニンドラゴンの攻撃時効果に強い場づくりに成功。しかしこれは全体4ダメージの灼熱のを使われて全滅する。ピンチを乗り越えたヒイロだったが、マウラ「きっとあなたは後悔するでしょうね。『あそこで終わっておけばよかった。いっそ負けておけばよかった。』と。」と発言。

マウラは7ターンゴッド・オブ・カースを場に出しターンエンド。それに対してヒイロイグニンドラゴンを自動進化させて破壊しようとするが、進化後のゴッド・オブ・カースの体最大値減少効果を脅威と見て攻撃せずターンエンド。全大会準決勝の時のマウラデッキには自分のフォロワーを破壊して同じフォロワーを出すウルズがいるため、次のターン絶対に破壊されないわけではないもののできる範囲でマウラが有利になる状況を避けた。

次のターンマウラゴッド・オブ・カースの破壊手段は来なかったが、このターン引いた暗の帳をゴッド・オブ・カースに使用。シャドウ化したシャドウゴッド・オブ・カースとなり、今までとは全く違った性質を持つようになった。すべてのを失うのと引き換えに得た

  • 交戦時 次の自分のターンまでダメージを受けなくなる
  • フォロワーに対して2回攻撃できるようになり、守護を無視できる
  • このフォロワーが場にいるかぎり、相手のフォロワーはリーダーを攻撃することができない
  • 相手のリーダーに攻撃するとき、自分のリーダーはこのフォロワーの元の攻撃と同じだけダメージを受け、攻撃と体を2倍にする

の4つ。フォロワーの同士の戦闘ではダメージによる破壊は狙えなくなり、守護でリーダーを守れず多少のフォロワー数の差も2回攻撃で補える。その上シャドウゴッド・オブ・カース無視してリーダーの体を減らして勝つことも不可能。あっさりと交戦ダメージ効とフォロワーへの2回攻撃であっさりイグニスドラゴンを撃破。高笑いし、抵抗してさらに絶望するよう煽るマウラヒイロはフォロワーを出してターンを返すしかなかった。

マウラ無敵の状況を作り上げたものの、序盤のアミュレット展開の間に攻められていてマウラリーダーには余裕はなく、シャドウゴッド・オブ・カースはフォロワーへ交戦しないとダメージ効化が働かない。その上リーダー攻撃時の体を犠牲にした強化を使っても一撃でヒイロの体を奪いきれず、ターンを返して突然何かしらの交戦以外のダメージワイルドハントのコンボシャドウゴッド・オブ・カースを破壊されてしまえば、放置したヒイロのフォロワーの総攻撃を浴びて負けてしまう。負けないすなわち勝ちではない状況である。

そのためマウラがここから勝つためにとった戦略は、リーダーを回復できるカードを使って体に余裕を持たせて、ヒイロ抵抗できなくなるまでフォロワーの処理を続けて安全な状況になったら、シャドウゴッド・オブ・カースリーダーを攻撃する安全策である。ヒイロシャドウゴッド・オブ・カースへの攻撃は意味がなくてもそれ以外のマウラのフォロワーへは問題なく行えるため、これ以上のマウラの有利を許さないためにフォロワーを破壊。手札がなくなる状況で神龍の手札を1枚捨てて2枚引く効果をデメリットなく行い手札を整えた。

マウラは2ターンかけてリーダーの体を16まで回復し、裁判所進化して攻撃が高くなった神龍を破壊し、残ったプリズドラゴンは攻撃不能なので安全が確保できたとしてシャドウゴッド・オブ・カースリーダーへ攻撃させる。マウラリーダーは6減ったが、シャドウゴッド・オブ・カースは攻撃と体を6増やしてヒイロの体を12奪う。フォロワーへの攻撃をしなかったためシャドウゴッド・オブ・カースは今ダメージ効化ができない状態だが、次のターンで決着がつくのだからとマウラは問題にしなかった。

マウラヒイロもさすがに絶望しただろうと思っていたのだが、ヒイロはすごく強い相手とのギリギリのバトルを楽しんでおり、マウラ然とさせた。状況が分かっていないのだろう思っていたのか「負けたら(16ポイント賭けていて3ポイントしかもっていないヒイロは)失格になる」ことを摘したのだが、シャドバが好きなヒイロはまったく気にしなかった。

シャドウゴッド・オブ・カースダメージが通る隙をついて、ヒイロは前ターンで引いたドラゴンルインプレイ。このバトルで破壊された最大コストのフォロワーを0コストで手札に加える効果でイグニスドラゴンが手札に加わり即座にプレイ。自動進化からマウラが直前のターンリーダー回復で使ったレディアンスエジェルへ攻撃。たった3ダメージ与えたところで何も解決しないことを笑うマウラだったが、そこにヒイロ哮をプレイイグニスドラゴンの攻撃10を参照してシャドウゴッド・オブ・カースに10ダメージを与えて破壊。まだ負けてないと思っているマウラだったが、ドラゴンルインの効果でスペルダメージが発生すると相手リーダーのも同じだけダメージを与える効果により、呆然としたマウラに10ダメージが入り敗北した。

バトルが終わった後マウラは立ち去ろうとするが、ヒイロから対戦前の要を果たすよう言われ、シャドウナイツヒイロについて知りたければ中央タワーに向かうように教えた。

第21話でレオンのもとに帰り、第22話ではバトルを終えたヒイロルシアを呼びに来た。その後起きている状況でヒイロから説明をめられ、「り部としてはふさわしくない」ないとしてレオンに説明を回した。

最後の試練ではシャドウナイツのフンフとのバトルとなった。選ばれた同胞としてその後の運命について共感を寄せるフンフだが、マウラからは拒絶。「はね、あなたでは背負いきれないものを背負おうとしているんです。あなたでは、を理解することなんてできやしない」と言って突き放した。バトルはフンフが破壊したゴッド・オブ・カースリーダーの最大値を0にして勝利した。その後ヒイロレオンバトルに駆けつけ、レオン敗北には残念な様子を見せた。

関係者

柳瀬ミホ

第8話から登場した全大会決勝トーナメント1回戦のマウラの対戦相手の少女。決勝トーナメント7番のに入っていた。控室ではスマホをいじっていた。

第17話ではカイとのバトルを行い、魔術師3体を倒して壮麗なるカイリーダーを8まで減らした。しかしカイクロノウィッチ進化時効果を発動して再展開。再び魔術師の攻撃を受けて敗北した。

カイがいなくなった後、何がよかったのか不明だが顔をらめた。

主な使用カード

カースメイデン

カード カーメイデン
クラス/レアリティ/タイプ ショップ/ゴールド
コスト 攻撃/体 3 進化前:1/2 進化後:?/?
効果 (進化前)
ファンファーレ 自分のアミュレットカウントダウンを1進める。
ラストワードを持つカードを1枚、デッキから自分の手札に加える。
(進化後)
(不明)

※効果は劇中描写からの推定です。

アミュレットカウントダウン進行とラストワードのついたカードのサーチを行う。ゴッド・オブ・カースを手札に引き込むために入れていたと思われるが、説明を聞く限りフォロワー限定ではないため、ラストワードでフォロワーを出すアミュレットもサーチ対になりうる。そのため第10話で使った際は運よくゴッド・オブ・カースを引き込んだものと思われる。

その他

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/29(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/29(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP