マカヒキ単語

マカヒキ

4.1千文字の記事
掲示板をみる(315)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マカヒキ(Makahiki)とは、2013年まれの日本競走馬である。鹿毛

東・友康夫厩舎所属、安町・ノーザンファーム生産
馬主金子真人HD(図研の社長さんで最強の個人馬主。当該記事があるので詳しくはそちらを)

な勝ち
2016年東京優駿(GI)、2016年弥生賞(GII)、2016年エル賞(GII)
2021年京都大賞典(GII)

名は「ハワイの収穫祭」(JRA競走馬情報より)。金子オーナーらしいハワイ由来の命名である。

生い立ち

ディープインパクトウィキウィキ*フレンチデピュティという血統。

ディープインパクト2005年クラシック三冠GⅠ7勝種牡馬入り後はリーディンサイアーをひた走り、マカヒキは6年の産駒に当たる。ウィキウィキは現役時代5戦1勝。フレンチデピュティクロフネなどのとして知られ、近年ではとしても活躍中である。
祖母*リアルナンバー、曾祖母Numeraria共にアルゼンチンGⅠ系はアルゼンチンで活躍しているが多い。全京都牝馬SCBC賞を勝ったウリウリがいる。

競走年齢に達し、東の友康夫厩舎へと入厩。入厩時には既に500kgの大柄な体を誇り、落ち着いた気性もあって関係者からの評価も高かったという。

競走生活

2~3歳

デビューは2歳10月京都1800m。上にミルコ・デムーロを迎え、ここを単勝1.6倍の支持に応えるように2身半差の快勝。直線でデムーロが頭をポンと撫でる余裕があった。
レース後鼻出血を起こし放牧して年を明け、若駒Sから始動。上はクリストフ・ルメールに乗り替わったが、ここも圧倒的1番人気に支持され、レースでも逃げ切り濃厚なノーブルマーズを直線交わしきって快勝。続く弥生賞では1番人気こそ2歳王者リオンディーズに譲ったが、ここを若干出負けしたものの中後方から脚を伸ばし、先に抜け出していたリオンディーズゴール前捕らえて重賞初制覇となる。

そして皐月賞本番。上のルメールサトノダイヤモンドの方に行ってしまった為川田将雅に乗り替わりとなる。ここではサトノダイヤモンドリオンディーズに次ぐ3番人気に推され3強を形成。レースでは前半1000m584と飛ばすペースとなり、マカヒキは後方待機を選択し直線外に出す。直線でも良く伸びたがディーマジェスティを捉えるに至らず2着となる。

次走は東京優駿。ここでは距離が長いと見られたエアスピネルを除く皐月賞上位5頭が単勝10倍を切る4強を形成。その中でマカヒキは4.0倍の3番人気に推された。上は続けて川田が続投。
レースに入りいつもの後方待機よりも前、中団に付けてサトノダイヤモンドをピッタリマークペースの割に群がかなり縦長となるも4コーナーに入り群が一気に凝集。直線に入り川田は追い出しをじっと待ち、機を見て先頭に立つエアスピネルサトノダイヤモンドの間を一気に割る。その後サトノダイヤモンドの追撃を僅か8センチぎきり1位入線。栄えある第83回ダービーとなり、上の川田ダービー初制覇、クラシック競走全制覇を達成した。

その後温めていた凱旋門賞挑戦プランを決行。ステップであるニエル賞から凱旋門賞し、上にはルメールが戻ってくることとなった。
フランスへ遠征し、現地で開業している小林智厩舎で調整を受け、ロンシャン競馬場工事中であった為シャンティ競馬場(ジョッケクルブ賞(フランスダービー)、ディアヌ賞(フランスオークス)を開催している競馬場)で行われたエルでは面子が落ちる上僅か5頭立ても、中3番手から前を抜いて勝利。着差はクビ差も営は前向きなコメントを残した。

そして凱旋門賞本番。相手にはドバイSC優勝馬Postponedや前年BCターフ優勝Found、当年キングジョージ優勝Hignland Reelや長距離巧者Order of St Georgeなどが参戦。シャンティイでは不利とされる14番からの発走となったマカヒキは、中中団外から追走するも、直線に向いても伸びが全くく14着に大敗。営はいつもより中折り合いを欠いた、中2週のローテがきつかったと述べている。

凱旋門賞後すぐに帰有馬記念参戦プランもあったが最終的に年内は休養する事となった。

4歳~

明けて4歳となり京都記念から始動。上にR. ムーアを迎え中5番手から進めるも前にいたサトノクラウンを捉えられず3着。上がルメールに戻ってGⅠ昇格初年度の大阪杯へ挑むが、中団後方から追い込んだものの届かず4着。
場を休養に充てて内田博幸に乗り替わった毎日王冠では6着、天皇賞(秋)不良馬場も後方から伸びるが先頭から離れた5着、ジャパンカップでは中団後方からじわじわ伸びるものの先頭から0.9差の4着と、好走はするが妙に勝ちきれなくなってしまった。

4歳12月に故障を起こし、5歳時は8月札幌記念から始動。上はルメールに戻り1番人気に推され、レースでは直線で外から追い込んで先頭に立つ勢いだったものの、ゴール前でサングレーザーの抜け出しを許し2着。
ダービー復活!?という雰囲気も少しあったが、続く天皇賞(秋)武豊に乗り替わったもののスタートでよれてスワーヴリチャードと衝突。その後良いところく7着。ジャパンカップを回避して有馬記念に挑むが直線で伸びず、先行するオジュウチョウサンもアタマ差交わせず一つ下の10着に敗れた。

明けて6歳となり京都記念から始動。良馬場発表も時計のかかる状態で2番人気に支持され、直線でしぶとく伸びてクビ+クビ差の3着に入線。その後大阪杯では最後方から上がり最速の脚で突っ込むも先頭集団には届かず4着。大体「2000mが2分以上かかる」なら割と頑れる事が分かってきた。
その後宝塚記念ブービー11着に敗れ、再び武豊上で天皇賞(秋)では16頭立て10着と特段良いところはかったが、続くジャパンカップでは外から出遅れ、控えて最後方から進めたが、重馬場という事もあってか上がり最速の脚を繰り出し4着に入線する。上の武豊復活の兆しが見えたとコメントした。

7歳となり大阪杯から始動。短期免許で来日中にL. ヒューイットソンを上に迎えたが、ブービーの11着に敗れた。
ジャパンカップに出走、ここでも3頭の三冠馬の死闘を後方から見る9着に終わった。

8歳

8歳になっても同期の菊花賞馬美少女擬人化しているのにまだ現役を続行、半年近くの休養の後、阪神開催となった天皇賞(春)へ出走。中団後方から進めたが直線伸びを欠いて8着。かつてのダービーはもう終わったかに思われた。

になって迎えた京都大賞典(GII)。ここではアリストテレスをはじめ4歳人気を集め、続いてこちらも4年ぶりの勝利キセキステイフーリッシュなどが人気を集め、一の8歳である本は32.1倍の9番人気だった。上は前走から引き続いて藤岡康太である。レースが始まり、中は中団を追走。残り800m辺りから追い始め、直線に入っても群の中にいたが、前のアリストテレスヒートオンビートが外に持ち出した間隙を突いて脚を伸ばし、先に抜け出て競り合うアリストテレスキセキを外から追い、マカヒキはアリストテレスハナ差捕らえてゴールし、5年ぶりの勝利を挙げた。
3歳時のニエル賞以来5年1ヶぶりの勝利日本ダービーによる最年長勝利、史上初となる8歳による京都大賞典制覇と、復活劇は数多の記録祝福によってられた。
余談だが、すぎやまこういち氏死去の追悼により、同日行われた東京毎日王冠では、ダービーにも用いられた「グレード・エクウス・マーチ」と「関東GⅠファンファーレ」が用いられており、ちょうどマカヒキの口取り式の最中に、府中からの中継で関東GIファンファーレが流れる、という偶然があり、ダービーであるマカヒキの勝利にちょっとしたサプライズが添えられた。

この勝利天皇賞(秋)への優先出走権を得たマカヒキだが、秋天へは向かわず次走にジャパンカップ(GI)を選択。2着のアリストテレスらと共にJCシャフリヤールコントレイルといった後輩ダービー海外組を含むライバルを迎え撃つことに。結果は14着。後輩ダービーにして三冠馬コントレイルラストランを見送った。

9歳

ジャパンカップ後は放牧に出され、2022年も現役を続行。齢9歳となり、JRA所属の地の競走馬としてもかなり年長の部類となる。始動戦は昨年のオークスユーバーレーベンと同じ京都記念(GII)。だが特に見せ場なく13頭立て11着に沈む(そのユーバーレーベンは5着)。その後の大阪杯(GI)は16頭立て14着となった。

次走は札幌記念(GII)を予定しているとのこと。またしても対戦することになるユーバーレーベンさん(4)。

同期もほとんどターフを去り、気づけばおじさんと呼ばれる歳となった彼。8歳でGIタイトルを獲ったカンパニーや、10歳で重賞勝利したアサカディフィートやトウカイトリックえることができるのだろうか。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ウィキウィキ
2004 鹿毛
FNo.1-m
*フレンチデピュティ
1992 栗毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
*リアルナンバー
1997 青鹿毛
Rainbow Corner Rainbow Quest
Kingscote
Numeraria *サザンヘイロー
Numismatica

クロスHalo 3×5(15.63%)、Northern Dancer 5×5(6.25%)

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/26(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/26(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP