マザーボード単語

マザーボード

  • 2
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マザーボードとは、CPUメモリー、拡カードなどの部品を装着する、全てのパーツの土台となる基である。略称は「マザボ」「ママン」「M/B」など。

概要

基本的にコンピュータにおける、半導体やコンデンサまた線の配線を埋め込んだのことであり、折れたりにつかったりすることは厳禁である。

ニコニコ動画においては、ニコニコ技術部関連でコンデンサをハンダ付けする際などにお見えすることが多い。

マザーボードは時代の流れとともに形状やサイズが変遷しており、用途によっても選択肢がたくさんある。なお、下記に挙げたもの以外にもBTXなど他の種類のマザーボードが存在するが、一般的ではなかったり過去のものだったりするのでWikipediaなど参照とすること。

マザーボードの種類

一般

種類 詳細
ATX

もっとも基本的なマザーボードの形式。多く生産されており、PCケースもこの規格に合わせた「ミドルタワー」と呼ばれるものが多い。

Micro-ATX

おそらくATXに次ぐ基本的なマザーボード。ATXよりも若干小さい正方形サイズ。ただしMicro-ATXに扱われながらMini-ITXより少し大きい程度のサイズという特殊なものもあるexit。「ミニタワーマイクロタワー)」サイズPCケースに入るが、Micro-ATXに対応しているミドルタワーがあれば、それにも入れられる。

Mini-ITX

17cm x 17cm」と、Micro-ATXよりもさらに小さいもの(小のマザボでは、他にNano-ITXPico-ITXがあるが一般的ではない)。近年、小PCに対する需要は高いため、CPUが最初からついているものから、CPUソケットを搭載しているものまで、多種多様にある。

その非常に小さいという特性から、キューブノートなど様々な形状のケースが発売されているが、Mini-ITXに対応しているミドルタワーケースミニタワーケースがあれば、それにも入れられる。

その他

種類 詳細
Extended-ATX

ATXよりも若干大きいサイズ行きが長くなっているため、正方形に近い形になっている。大きい分ATXよりも拡性に優れており、サーバPCハイエンドPCなどで利用される。

NUC

2010年代より登場したマザーボードの規格。これで「ナック」と読む。「10cm x 10cm」とMini-ITXよりもさらに小サイズを実現しており、PCというににこだわらず幅広い機器に搭載できるようになった。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/30(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/30(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP