マシュー・カルブレイス・ペリー単語

マシューカルブレイスペリー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マシュー・カルブレイス・ペリー17941858)とは、船来航でおなじみのアメリカ海軍軍人である。
してくださ~い

概要

Matthew Calbraith Perry

アメリカ海軍軍人。遣日アメリカ大使・東インド艦隊長官。「蒸気海軍」、「親父」等の異名を持つ。

嘉永6年(1853年)に四隻の艦隊を率いて日本に来航し、翌嘉永7年(1854年)の再度の来航で、日和親条約締結につなげていった、ダグラス・マッカーサーと並ぶ小中学生でも知っているアメリカ歴史上の人物。
もっとも実研究が進んだ今、江戸幕府側もペリーの艦隊の出航時からその動向をつかんでいた、等が明らかになっていき、彼の船来航を幕末の重要な転換点、とみなす見方は過去のものとなりつつある。

海軍大佐クリストファーレイモンドペリーとセーラの間の3男として、ロードアイランド州ニューポートに生まれる。戦争英雄であるオリバー・ハザード・ペリーがいる。

1809年に14歳にして海軍士官補生として海軍に入り、1837年に海軍大佐に昇進。最初に導入された蒸気船フルトン号の艦長を務めた。1841年にニューヨーク港内における全艦の官となり、提督称号を得た。

1852年に東インド艦隊に就任し、遣日特大使として日本遠征を命じられる。こうしてフィルモア大統領の親書を携え、バージニアノーフォークを出港した。

1853年に小笠原諸島に寄港後、旗艦サスケハナ号をはじめとした四隻の艦隊でに来航。海兵隊300名で久里に上陸し、応接所で賀奉行・戸田氏栄、井戸大統領親書を渡し、那覇に退去した。

1854年に神奈川に再度来航し、横浜の応接所で幕府と日和親条約(神奈川条約)を締結調印した。その後下田の了仙寺で日本側全権である復斎(大学頭)らと日和親条約附録協定(下田条約)に調印。下田館の開港、炭や、食料などの供給、漂流民の救護、領事の下田駐留などを決めていった。

こうしてこの年のうちにペリー艦隊は下田を出港し、帰後『日本遠征記』を刊行。帰後には通商条約の不備を批判されたが、最恵待遇の獲得などの成果で反論したという。そのまますぐ病没した。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/06(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/06(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP