マジシャン単語

マジシャン

2.1千文字の記事
掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マジシャンとは、

  1. マジックを披露する人のこと。手品師。
  2. ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズに登場する敵キャラクター。この記事で解説する。

概要

マジシャンガンシューティングゲームThe House of the Dead」の初代ラスボスにして、同作を代表するキャラクターである。

強固な装甲に覆われた機質な白色のボディーと、装甲のない部分から覗く筋肉が特徴。
空中浮遊を自在に飛び回り、で火球を生成して攻撃するその姿はまさに「魔術師」と言える。

戦闘時のBGM「THE THEME OF MAGICIAN」は同シリーズ内で特に人気が高く、これを聞くためにゲームをやりこんだ人も少なくなかったとか。

圧倒的なカリスマ性とBGMプレイヤーからの人気を獲得し、HODファンからは「閣下」とも呼ばれている。

※以下、時系列順に紹介

HOD1

最終ステージ終焉 ~The House of the Dead~」のボスとして登場。
Dr.キュリアンが自らの最高傑作と称した生命体で、「ヒトの上に立つ者」として作られた。

弱点を持たない全な生物としてDr.キュリアンの意のままに操れるはずだったが、完成直前にゴールドマンの手によって
プログラムを書き換えられ、「にも束縛されない存在」として未完成のまま誕生した。
強い破壊衝動を持ち、生みのであるキュリアンすら仲間と認識せず殺。そのまま屋外へ飛び出す。
身体の一部の装甲がなく、そこが弱点になっている。

追ってきたAMSエージェントのトーマスローガン、Gと戦うが敗れ、捨て台詞を残して爆発四散した。

戦闘は本作がゾンビゲーであることを忘れそうになるほどハイスピードバトル
残像を残すほどの速さで飛び回り、から火球を飛ばしたり、直接叩きつけてくる。
作中ではUNKNOWNとなっているが、装甲のない右顔、左上腕、右下腕、左太股、右脛が弱点である。

HOD2

ステージ5「Dawn~」のボスとして登場。

Dr.キュリアンへの投資者であるDBRコーポレーションの最高責任者、カレッブ・ゴールドマンの手によって復活した。
弱点は右下腕以外善されておらず、さらに身体のあちこちから触手が飛び出し、醜悪な外見となっている。
その代わり言葉を流暢に話せるようになり、同作のラスボスであるEmperorに対し同族意識を持つようになった。
身体も衰えておらず、前作同様のスピードで火球攻撃を仕掛けてくる。

残像の色はもしくはだが、ゲームランクが最大になると白色になる。

ゴールドマンビル正面広場でAMSエージェントのジェームズテイラーゲイリー・スチュワートと戦い、敗れた。

HOD4Special

ステージ2のラスボスとして登場。ゾンビ生産工場の最深部でプレイヤーを待ち受ける。

謎の男ミスティクマンによって量産化が成されており、戦うのはその中の一体である。触手はなくなったが、弱点は相変わらず善されていない。

火球は今までと異なり弧を描いて飛んでくるようになった。移動も直線的ではなく画面内を縦横尽に動き回るようになり、狙いを定めるのが難しくなっている。さらにこの作品から、高く飛び上がってからの強な体当たりを仕掛けてくるようになった。

AMSエージェントのケイトグリーン、Gとの死闘の末倒されるが、死の間際にパンドラの箱を持ち上げ、量産された他のマジシャンを起動しようとする。これの阻止に失敗すると数のマジシャンに取り囲まれてしまい、バッドエンドとなる。

ゾンビリベンジ

episode7「明け・・・ - the dawn -」のラスボスとして登場。正式名称は「Black Magician Type01」。
キュリアン邸地下に出現することからHODシリーズに登場するマジシャンの亜種と思われるが、体色がかったりが生えているなど、他シリーズのマジシャンとは異なる部分が多い。

その正体は事件の黒幕ZEDが、主人公スティック及び全人類への復讐のために自らの体内に憑依させた「破壊の」であり、ZED敗北すると彼の体を粉砕して誕生する。

直前に戦闘するZEDの強化版のような性を持ち、テレポートによる背後からの奇襲や高速移動からの体当たりが戦法だが、マジシャンらしいホーミング火球による攻撃も仕掛けてくる。

ライフが半分を切ると強化イベントが挟まれ、episode2のイベントで選択したカードに対応した攻撃を仕掛けてくるようになる。カードは炎のカードカード色のカードの三種類だが、炎のカードを選んだ際の火炎攻撃は回避困難なため、回避が較的容易な電撃攻撃を仕掛けてくるカード、またはサイコガンゾンビが数体召喚されるかわりにBlack Magicianが攻撃を止める色のカードを選択するのが攻略上の定石とされている。

最終的にスティックリンダ毒島力也の三名によって撃破され、ZEDの命を賭した復讐劇は幕を閉じた。

小ネタ

HODIIIでは、最終ステージタイトルコール時に一マジシャンが登場している。
HOD4では、得点アイテムとしてのマジシャン像が登場する。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 27ななしのよっしん

    2022/04/20(水) 00:05:32 ID: MwuOWlzN8X

    リメイク版のマジシャン戦がbgmチープさといい高速異動のもっさり感といい色々ひどすぎる件について

  • 28ななしのよっしん

    2022/05/20(金) 12:01:33 ID: 6a/BtwRFZb

    >>27
    ほんとそれですわ、BGMなんて原ないですもん。
    ガンコンがないから動き遅くしたんでしょうけど、それにしても近接攻撃が劣化しすぎてて萎えた動きダサすぎ。ヒューンヒューンヒューンからのドン!がかっこいいし緊感あるしで良かったのになぁ。

  • 29ななしのよっしん

    2022/06/12(日) 05:09:05 ID: JePfIW5N35

    BGMマジシャンに限らず、全部差し替えになってるから、権利関係の問題だからどうしようもないにしても、

    に負えない高速移動で画面外から奇襲」という演出意図が理解できてなくて、スローなのに残像が残ってるという違和感が半端ない

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/03(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/03(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP