今注目のニュース
あおり運転殴打事件でドラレコ販売2.3倍増
陸上自衛隊「富士総合火力演習」実施、2019年に採用されたばかりの新装備も披露
『24時間テレビ』加藤浩次、着ていた英語Tシャツが話題 「翻訳したら…」

マゾゲー単語

マゾゲー

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マゾゲーとは、

  1. 性的嗜好であるマゾヒズムを楽しむ、お子様お断りのゲーム。例えば「屋に閉じ込められ、ロープで縛られたりなどの行動の不自由」「かれたり、ろうそくをたらされたりする痛み」「○○を乱暴に扱われたり、○○○○○○されたりする快楽」など基本的に「主人公が物のように遊ばれる」ゲームSMゲー。R-18
  2. プレイして、あまりのゲーム難易度の高さにより「ゲームで遊ぶ」ではなく「ゲームに遊ばれる」ゲーム鬼畜ゲー、理不尽ゲー、無理ゲーなどと呼ばれる。
  3. プレイして、ただひたすら駄な作業をさせられクリアしてもなんの達成感もない、あまりのゲームクソ仕様に精的苦痛を味わい続け「は何のためにこのゲームプレイしているのか?」と自問させる「人の意思をもて遊ぶ」ゲーム作業ゲークソゲーなどと呼ばれる。

現状では2に対して使われることが多いが、ここでは3について説明する。

概要

本来は楽しむことを的としてプレイするゲームのはずが、楽しむ要素などなくひたすら苦行を強いられ続ける。その様子は、まるで掘ったを埋め直すことを繰り返させるような、あるいはドラム缶をひたすら押すような、そんな罰を受ける囚人のような気持ちになれるゲームの事をいう。
延々と同じことを繰り返し、そこには進歩など何もないし得る物は不快感のみ。「こんなゲームを楽しめるのはマゾだけだ!」と、罵倒と共にこの呼び名が与えられる。

本来ならクソゲーに値するため、投げ出してしまうのも間違いではない。そんな話がネット上で流れれば、も買わなくなるだろう。
しかし、世の中にはそんなゲームにあえて挑戦する者たちがいる。またマゾゲーではないのに、縛りプレイを追加してあえてマゾゲー仕様にする者もいる。
なぜそんな事をするのか? 考えられるのは以下の3つ。

  • 人にクリアしたことを伝えたり、ニコニコ動画で上げたりして自慢したいから。
    凡人が出来ないことをやってのければ、人によるだろうが褒誉ものであろう。そのためには難易度の高いゲームクリアしなければならず、そこには技術と努が必要であり凡人ではその名誉にあずかれない。しかし、それが精的苦痛を要するマゾゲーならば、途中で逃げださなかったことを讃えられる事は出来る。「眠る時にあのBGMが聞こえる」などの精的傷を負う可性あり。
  • 自己満足や、開放感を味わいたいから。
    人は苦難を乗り越えた時、その数だけ大きくなれる。先の見えない困難に立ち向かったときに、自分をまた一つ好きになれる。超絶難易度ゲーだとクリアするのに才が必要、そこらにある高難易度ゲームでは時間さえかければクリアできる。才いものがあえて自己満足を得たいのなら、やはりそこはマゾゲーだろう。1と同じく「を瞑るとあの映像が見える」などの後遺症が出る可性あり。
  • 本物のマゾ
    苦しいのが大好きという方。そこにはないが、楽しめるのだろうか?

他にも「賭けに負けたから」「興味本位」などの理由が考えられる。どんな理由があるにせよ、ゲームを投げ出す事は間違ったことではないというは覚えていてほしい。使命感をもってするのは、ゲームではない。

ちなみに、マゾヒズムの対義であるサディズムを用いた「サドゲー」という言葉は、一般的には使用されていない。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP