今注目のニュース
『CONTINUE』の読者プレゼント転売、オークション出品者を特定し厳正に対処したと報告
JR武蔵境駅にセルフレジのキャッシュレス無人店舗がオープン JR東日本リテールネット「NewDays」で初
『ポケモンGO』プレーヤー同士がトラブルに… 「みっともない」の声相次ぐ

マックスブレイカー単語

マックスブレイカー

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ミニ四駆 > マックスブレイカー

マックスブレイカーとは、漫画及びアニメに登場する「爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX」の主人公「一文字」が使用したミニ四駆であり、エアロミニ四駆シリーズ第1弾である。正式名称はマックスブレイカーZ-2

ここでは後継機のブレイジングマックスについても記す。

マックスブレイカーZ-2(Max Breaker Z-2)

シャーシ:スーパーXシャーシ

文字の1代マシン

トップスピードに達すると内部が真空状態の「エアロリア」が発生し、最大限にチャージして前方に真空トンネルエアロチュー」を伸ばす事で、通常の3.7倍の速さで走行できる「マックスストーム」という必殺技を発動出来る。

しかし、発動する為には長距離の直線を走行する必要があり、前方に障物がければ発動する事が出来ない。

後に二段重ねの「ダブルマックスストーム」、三段重ねの「トリプルマックスストーム」を発動させる事も出来るようになるが、ギアに大きな負担が掛かるという欠点もある。

シャドウブレイカーZ-3と直列に走行し、エアロリアプラズマが同調すると高速で走行する合体技が発動出来る上、その状態からマックスストームも繰り出せる。この状態のエアロリアにはプラズマも加わっている為、草薙兄弟マシンの攻撃も弾き返せる他、周囲のコースをも破壊し得る絶大なパワーを発揮する。

また、マックスブレイカーのエアロリアから圧縮された空気を受け取り後方のファイヤースティンガーがそれを燃焼させてアフターバーナーの役割をする合体技「マックスファイヤーファイヤーマックス」も見せた。

の一文字矢のシャドウブレイカーZ-3、草薙兄弟ファントムブレードといったマシン闘を繰り広げてきたが、アニメでは大神マリナのフェニックススティンガーに破壊される。原作では理な整備をしてを発揮できなくなった。

ブレイジングマックス(Blazing Max)

シャーシ:スーパーVSシャーシ

文字2代目マシンエアロミニ四駆第7弾アニメでは父親の一文字博士が開発。

マックスブレイカーを底的に見直し、新開発のスーパーVSシャーシを採用。ホイールトレッドの狭小・ホイールベースの短縮による空気抵抗の大幅な減少・直進安定性の向上・旋回性の向上で格段にマシンポテンシャルアップした。

また、マシンの向上に伴うボディの強度不足を補う為、カウルには「チタンコーティングスプレー」を施し、ZMC並の強度を誇る。

当初はロールアウトしたばかりでマシンの性が上手く引き出せていなかったが、鷹羽リョウライジングトリガーとの対戦を経てヒントを掴み、マシンの気流を安定させダウンフォースを強にしたことで、本来の性を引き出せるようになった。

く「マックスブレイカーはを切り裂いて走っていた」が、ブレイジングマックスは「と一体になって走る」事をコンセプトにしており、事実マシンも実でいうグラウンド・エフェクトカーの原理に近い効果の描写がなされた走りを見せている。尚、エアロリアマックスストームを使用出来るかは不明。

原作ではがマックスブレイカーを改造、さらに飛行機ジェットエンジンヒントにして開発された。また、アニメ版とは違いマグナムと同様にダウンフォースくすようなマシンセッティングとなっている。なおはこの時期から「ブレイカー」ではなく、「マックス」と呼ぶようになった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP