マックス・ヘッドルーム事件単語

マックスヘッドルームジケン

1.1千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マックス・ヘッドルーム事件(英:Max Headroom signal hijacking)とは、1987年11月22日アメリカ合衆国で起きた電波ジャック事件である。未だに犯人が捕まっておらず、未解決事件となっている。

概要

事件名になっているマックスヘッドルームとは、1985年イギリスで初登場したテレビ番組「The Max Headroom Show」で会を務めたバーチャルキャラクターの名前である。電波ジャック映像に映っていた人物がこのキャラクターマスクを被って仮装をしていた事からこの事件名が付いたと思われる。

この電波ジャックは、同日2回にわたって行われている。

1回は、WGN-TVで放映されていた生放送ニュース番組「The Nine O'ClockNews」でスポーツに関する報道をしていた時に起こった。突然画面がっ暗になり音が途切れ、次に画面が映るとそこにはマックスヘッドルーム仮装をした人物がノリノリで頭を動かす姿が映っていた。この時はが入っておらず、んだノイズのような音が鳴っている。こちらはWGNのエンジニアが周波数を切り替えた事により解決した。

2回は、WTTWで「ドクター・フー」が放映されている時に起こった。こちらは画面がっ暗にならず、すぐに電波ジャック映像に切り替わった。こちらも1回と同じ姿の人物が映っていた。1回と違い、こちらにはノイズ交じりのんだ音が入っている。

こちらの映像では、チャック・スワースキー(WGNのアナウンサー)に対して「の方がヤツより優れている」「ファッキンリベラル野郎」と言った後、ペプシの缶を持ちながら「"Catch the Wave"」(ニューコークの売り文句)と言ったり、「クラッチカーゴ」のテーマソングを口ずさんだりした。その後、「らが逮捕しに来た!止めろ!」と言いながら仮装した人物がを出し、それを女性叩き叩き続ける所で映像は終わり、ドクター・フー映像に戻る。1回と違い、こちらは対応できるエンジニアがその場にいなかった。

なお、どちらの映像でも背景が特徴的な物になっているが、これは「The Max Headroom Show」でマックスヘッドルームが喋っている時の幾何学的な背景再現したものと思われる。映像の中で背景の端が切れている部分があるので、波のパネルか何かを動かす事であの背景を作っていたのかもしれない。

この事件を実際に実行するには専門の知識と大量の電が必要であり、それなりに規模の大きい事件だったが、犯人に関しては今でも分かっていない。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/27(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/27(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP