今注目のニュース
警備員のホンネ 「立ちっぱなし」がキツイけど、「異常が、ありませんように!」と願う
鍵を忘れた大学生、屋上から自宅に戻ろうとして転落死(台湾)
大阪エリアの「終電」事情 2月21日には注目の「実験」も

マッチェム単語

マッチェム

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マッチェム(Matchem, Match'em)とは1748まれのイギリス競走馬

ヘロドエクリプスと共に「三大始祖」と呼ばれるサラブレッドを形作った競馬の一大古典
その三頭に先んじて生まれ、競走馬、種として活躍した。
だけど一番知名度がない。仕方ないんや、ヘロドエクリプスがヤバ過ぎるんや...

概要

Cade、Partner Mare、Croft's Partnerという血統。
はかのゴドルフィンアラビアンであり...というか古過ぎてぜんぜんわからん。ただ彼をる上で最も重要な事が、彼の祖ゴドルフィンアラビアンであること、である。

デビュー年齢は5歳おいおいレディブロンド、と思うかもしれないが、実は当時この歳あたりが競走馬の一般的なデビュー年齢である。
10歳まで走り、競走成績はおそらく12戦10勝。後にことわざが出来るレベルEclipseよりかは劣るが、当時としてはかなり優秀な競走馬であったらしい。

正式に種入り(実は現役時代から種付けしてる)すると、1972年から3年連続でリーディンサイアーとなり、後継種のConductorらが順調にサイアーラインを伸ばしていったが、
ほぼ同時期にHerodが、その産駒Highflyerが、更にその産駒Sir Peter Teazleがおっそろしい勢いで系を拡。またそれと同時期にEclipseとその産駒PotooooooooKing Fergusなどと戦を繰り広げていた。

らがマッチェムの子孫たちは!? 彼らに太刀打ち出来る種は出ませんでした
ただ、それらの闘に必要な達を供給していたので、現代競馬におけるマッチェムの血の量は相当なものが含まれている。産駒の特徴として頑健で気性の良いが多かったとのこと。

系に限れば、今も昔もマッチェムの系統は三大系統の中でも勢は小さい方である。一時Herod系が増えまくった結果血の閉塞を起こして滅びかけたが、Tourbillonのお陰で20世紀中頃には大分持ち直した。

現代におけるマッチェム系とその行末

HerodEclipseの死闘は時代を経て、Herodの自滅とEclipseの圧勝という結果に収まった中、マッチェムの系統はしぶとく生き残っており、20世紀前半にその開を見た。

  1. ハリーオン(Hurry On)系:詳しいことは日本語版Wikipediaexitが非常に詳しい。
    1913年にイギリスで生まれたHurry Onは6戦6勝の成績を残して種入り。
    すると3頭のダービーステークス優勝を送り出すなど活躍を見せた。
    サイアーラインは後継種CoronachやPrecipitationが中心となって広げ、20世紀半ばには北外の世界中で産駒が活躍したが、70年代になると衰退を始め、現在ではブラジルなど南半球で生き残っているが既に青色吐息である。
  2. マンノウォー(Man O' War)系
    1917年にアメリカで生まれた、アメリカ競馬る上で欠かせない初代ビッグレッド
    入りするが「種付けは年25頭に制限する」というオーナー独り占め意向により産駒は少なかったものの、その中から三冠馬War Admiralをはじめ活躍多数。そのWar AdmiralとWar Relicを中心として活躍を送り出し、Hurry Onの系統が衰退するなか北を中心に存在感を残し、21世紀に入りTiznow必死に繋いでいる。今の所、北韓国を中心に一定の勢を残している。

日本でのマッチェム系は、戦前から21世紀初頭にかけて一定の勢を保持しており、戦前では月友やチャペルブラムプトン戦後リンボー、ヴェンチア、シルバーシャーク、ウォーニングと輸入された種が活躍を収めている。現在ではウォーニング産駒のカルストンライトオとサニングデールが孤塁を守る程度ではあるがいつまで続くか。

ただ現在言えることは、マッチェムの、つまりゴドルフィンアラビアン系はの息である。
しかし、例え直系が絶えることになっても、彼の血はサラブレッドという品種が繁栄する限り、消えることはい。それだけは確実である。

関連動画

マンノウォーティズナウクライムカイザーカルストンライトオあたりが子孫です。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/18(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/18(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP