今注目のニュース
この中から好きなクッションを選んで! →ほぼ全員が「左から2番目」と答えた納得の理由
「上上下下左右左右BA」コナミコマンドの生みの親・橋本和久さんが死去
今後セルフレジは浸透するか?

マツダ・カペラ単語

マツダカペラ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マツダ・カペラとは、マツダ1970年2002年まで7代に渡り生産された乗用車である。30年以上に渡りマツダ乗用車の基幹種として広く知られていた。海外では「MAZDA 626」として販売され、「カペラ」の名称は基本的に内専用であった。

概要

名の由来はぎょしゃ座馭者座)の首から。もうひとつの意味では、1970年代スターになるのスターになるように思って付けられた。

初代・SNA・S122A系 1970-1974年

1970年5月デビュー称はカペラ。当初はファミリアの上位機種として、12A型ロータリーエンジン搭載レシプロエンジンの4気筒の160ccエンジン搭載のみであった。12Aロータリーエンジンカペラロータリーのために開発されたもので、基本的には10A型と同じだったが、ローターハウジング一つあたりを軸方向に10mm延長し、単室容積で573ccの排気量を得た。また、排気孔をハニカムポートとして燃焼効率を上げ、トルク特性善した。最高出カ120ps/6500rpm(グロス)、最大トルク16.0kgm/3500fpmグロス)、さらに最高速度は190km(MT)で、当時の日本としては、並はずれたパワーを誇った。同年10月にはレシプロエンジン1500ccを追加する。

1971年10月マイナーチェンジロータリーエンジン初のATを追加。

二代目・CB125系 1974-1978年

1974年2月に「ビッグチェンジ」としてフェイスリフトを受け、2代目カペラロータリーAPとなった。初代と基本的なボディ形状は変わらなかったが、フロントマスクが変更され、フロントノーズも110mm延長された。またインパネも4連丸形メーターの新デザインに変更された。レシプロエンジン1800cc、そして1975年ガス規制に適応したロータリーAPレシプロエンジン1800APが追加された。1975年10月1600cc1800ccロータリー共に1976年の排ガス規制に適応した。低公害車であったが、サーマルリアクター方式を採用し、当時の他の車両べて性低下は少なく、また有ガソリンの両方を使用することができた。

なお、マツダ公式見解としては、このCB125系2代目モデルとしているが、雑誌やWEB上では、このCB125系ビックマイナーチェンジとして初代モデルとしてカウントをしていることがあるので注意の程を。ここでは、マツダ公式に沿って編集しております。

三代目(CB系 1978-1982年:タクシー仕様は1978年 - 1984年)

1978年10月に初のモデルチェンジをする。実に初代登場から8年5ヶぶりであった。3代よりロータリーは設定されずにレシプロ専用種として登場、ファミリーカーに生まれ変わった。 エンジンは、4気筒の1600cc1800ccの2種類を用意していた。ボディタイプは従来からの4ドアセダンと共に、2ドアを先代までのクースタイルではなく、フロントドアサッシュレス&Bピラーレスハードトップへと変更する。空気抵抗は当時の種としては良く、ハードトップCd値=0.38だった。また、同クラス種とべて内の居住間及びトランクスペースは大きい方だった。1979年3月には2000ccエンジン搭載を追加する。

1980年9月マイナーチェンジ1982年に後述の4代GC系)が登場してからも、4ドアセダン1800LPGタクシー仕様(DXのみ)は、FR駆動で整備性が良く価格も安いことから地方の事業者での支持が多く、1984年末まで生産・販売が継続されていた。  

CMイメージキャラクターはいなかったが、ヨーロッパ並みや西ドイツ(当時)のアウトバーンを疾走している姿が特徴的であった。

 四代目(GC系 1982-1987年)

1982年9月に登場。このモデルの特徴としては、FF駆動方式に変更するというのが特徴的である。エンジンは新開発の1600cc1800cc2000ccのEGIで「マグナム」の名称が与えられた。ボディは4ドアセダンと初代以来となる2ドアクーペ、後のマイナーチェンジで追加される5ドアハッチバックの3タイプ。この代からフォードブランドテルスターを展開するようになる。1983年9月セダン2000ccディーゼルが追加される。 同年10月には2000ccグロス145ps2000EGIターボモデルを追加。

1985年5月マイナーチェンジテルスターに展開していた5ドアハッチバックカペラにも展開する。

この四代目は、登場した1982年の第3回日本カーオブザイヤーを受賞。このイメージキャラクターは、フランス俳優アラン・ドロンモデル末期まで起用していた。なので通称・アラン・ドロン カペラと言われる。実際に特別仕様として”アラン・ドロン バージョン”が存在していたほど。

このカペラの逸話として、1983年頃に歌手松田聖子テレビ番組のインタビューで「今教習所に通っていて、免許を取ったらカペラが欲しい」と言ったら、当時のマツダ社長が感して免許取得時にマツダ・カペラをプレゼントしたという噂がある。なお、松田聖子が当時通っていた教習所教習車がこのカペラだったというオチもあるw。

五代目(GD系 1987-1991年 GV系 1988年-1997年)

1987年5月に登場。タクシー仕様5代目が最終となった。ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックカペラCG(City Gearの意)、2ドアクーペのカペラC2Composite Coupeの意)。遅れてステーションゴンライトバンのカペラカーが追加された。世界初の電子制御速感応4WSや量産エンジンプレッシャーウェーブスーパーチャージャーディーゼルエンジンを搭載するなど、カペラの生産史上、最もやかなモデルとなった。 同年7月には4WD仕様を追加する。

1988年2月にこれまでカペラCGのみの採用であった4WSがセダン、C2にも設定拡大。 同年3月にはステーションゴンライトバンのカペラカーゴを追加する。カペラカーゴワゴンは最後部に跳ね上げ式後ろ向きのシートを備え7人乗が可でもあった。

1989年6月マイナーチェンジ。これまでCGのみであった4WDセダンにも設定。2000ccDOHCエンジンハイオク化され、MT150ps、AT145psに向上した。1800ccにDOHCエンジンを追加(1800ccEGI-SOHCはカーゴで、1800ccキャブレターSOHCはセダン継続)。

1990年カーゴに4WD仕様を追加。人数は5人乗りとなる。

1991年10月クロノスの登場に伴いセダンCG、C2は生産終了となった。カーゴは継続生産となる。1992年8月カーゴがマイナーチェンジ。DOHC4WDを追加。

1994年10月マイナーチェンジセダン復活に伴い、ステーションゴンの名称をカペラカーゴワゴンからカペラゴン名し、フロントリアルーフの造形が大幅に変更され、インパネもテルスターと入れ替えられて内装も大幅に変更される。上位グレードをスポーツアクティティー系4WDのみでグリルガード付きののFX(FIELD CRUISERの意)と、タウンユース系で後ろ向きサードシートを備えるFFのSX、下位グレードをSV(4WD / FF)に変更。フロントグリルが大化され、4WDはボディー同色、FFはメッキ仕上げとなる。4WDは、いわゆる「RVブーム」の影から、いずれも最低地上高が上げられており、悪路走破性が増している。

1997年11月GV系カペラゴンフルモデルチェンジカーゴバンは止。

このカペラには、イメージキャラクターは当初はいなかったが、モデル末期1990年頃に西ドイツ(当時)で日本の中で「MAZDA 626」がNo.1の売り上げを記録した”ダンケシェーンキャンペーン”を展開。その時に起用されたのが、フリーアナウンサータレント逸見政孝(故人)を起用。歌も逸見本人のものであったが、歌はかなりヘロヘロであったw。

 六代目(CG系 1994-1997年)

1994年8月に登場。クロノスの登場でセダンの生産は一旦中止されていたが、5チャンネル理な姉妹展開と税制正に乗じた3ナンバー化という市場視した販売戦略が原因で、クロノス姉妹は販売不振に陥り、早急種統合と後継種の投入に迫られた。のセダンが復活した。センティアシャープにしたようなフロントノーズは、これまでのスランノーズが持ち味のカペラべ、かつてのカペラクオリティとは較にならないほどチープと酷評されたが、5ナンバサイズに戻されたこと、車両本体価格が抑えられたことなどから買い得感は高く、商品的にはそれなりの成功を収めた。

六代日本国仕様となったが、香港など、設計変更が伴わない地域に限り、輸出もされた。

イメージキャラクター俳優萩原健一を起用。ワゴンの方にも萩原健一と共に女優前田愛も起用され、という設定になっていた。モデル末期には、俳優唐沢寿明を起用した。

七代目(GF・GW系 1997-2002年)

1997年8月モデルチェンジをする。先代で酷評された質感はアップされ、クロノス譲りのプラットフォームもめられた。ボディは4ドアセダンと5ドアゴンの二種。海外向けには5ドアハッチバックセダンも存在する。ワゴンCM時に「37の室内を持つ」として多シートアレンジを表に出していた。2000ccダイリューテッドバーンと呼ばれる170版と140版の2本、1800cc125の1本、そして、ワゴン4WD仕様のみ、クロノス譲りのK2500DOHC、200の計4本のラインナップからスタート1998年7月2000ccクラス初となる直4SOHC16バルブ直噴ディーゼル仕様が追加される。

1999年11月マイナーチェンジディーゼルエンジンラインアップから落とされる。セダン、ワゴンとも同じフロントマスクとなる。後のアテンザに通ずるデザインとなった。 また、2000ccFFアクティブマチックが追加。

2002年止。後継はアテンザに移行するようになる。この三代目カペラから続いた教習車仕様アクセラに移行する。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 5川越の奥のS市民

    2011/09/01(木) 11:29:11 ID: MY7moUVQg8

    教習所通っているのだが、教習車
    最終カペラだな。
    幅が狭くていいぞ。

  • 6ななしのよっしん

    2011/11/06(日) 16:31:04 ID: Wwccmjtrnc

    GD乗ってるけど、オイル上がりしてるっぽい。OHするしかないか・・・

  • 7ななしのよっしん

    2016/07/13(水) 00:51:07 ID: igxBoXA295

    の記憶にある一番古い親父クルマカペラ
    ももって、をつくって、自持ってた若かりし頃の親父

    親父も定年前になって、もようやく自分でクルマ買えるようになった。
    のなりては見つからなかった。子供なんて居るわけもない。せめてクルマだけでも親父に並びたかったけれど、後継の手の届く額じゃなかった。

    天空駆ける御者はどこまでも、遠く、遠く。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/27(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/27(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP