マツダ・ボンゴ単語

マツダボンゴ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(63)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マツダ・ボンゴとは、マツダ1966年より製造しているキャブオーバー1BOXのバン&トラックのことである。

概要

名の由来は、英語アフリカ産のカモシカの意味。堂々とした姿から命名された。なお、ロングボディのボンゴ・ブローニイの”ブローニイ”は、英語で「強い」を意味する。

1994年2017年までは日産自動車バネットとして、1999年2011年三菱自動車工業デリカとしてOEM供給をしていた。台数的には、販路が大きい日産の方が売れていた。

バブル期の5チャンネル制の時代には、トラック&バン共にユーノス店向けに”ユーノスカーゴ”が、フォードブランドオートラマ店向けに、ワゴン仕様・スペクトロン、バン・トラック仕様がJ80、バン・トラックロング仕様(ブローニイベース)がJ100として供給されていた。これは1993年まで存在していた。

過去には乗用仕様のワゴンもあったが1999年にワゴン止され、現在は商用のみの名称である。

初代・(1966年~1977年)

1966年に登場。駆動方式はリアエンジンリア駆動のRR駆動を採用しいて、ワゴンコーチ)、バン、トラックラインアップであった。1960年代にオーナー仕様を登場させていたのも特徴的である。

当初の排気量は800ccであったが、1968年マイナーチェンジで排気量を1000ccに変更となる。名称も「ボンゴ1000」となる。

ある年代の人には、1BOX方式=ボンゴと呼ぶことがある。これは日本で初めての1BOX方式のボディを起用したためにそう認識されている。なお、警察の資料でも、1BOX=ボンゴと記載されることもある。

二代目・(1977年~1983年)

1977年トラックのみモデルチェンジ。先代モデルよりも一回り大きくなり、駆動方式もFR駆動となる。リアタイヤも全小径のタイヤを二つに組み合わせた、ダブルタイヤとなる。排気量も1300cc1600ccとなる。名称も「ボンゴワイドロー」となる。

1978年にはバン仕様の「ボンゴマルチバン」が登場。同時にトラックに6人乗りのキャビンと荷台を追加した「ボンゴワイドローダブルキャブ」も登場。ワイドローダブルキャブは、建設業界から好評を受けた。同時に乗用仕様ボンゴマルチゴンも登場。9人乗りと10人乗りが登場。エンジン1800ccとなる。

1979年には1BOX初のディーゼルエンジン搭載が登場。排気量は2200ccとなり、ガソリン1300cc1400ccへと排気量がアップされる。

1980年にはワゴンにもディーゼルエンジンを搭載をする。

1981年マイナーチェンジヘッドライトを丸に変更と同時にインパネのデザインを変更する。バン/ワゴンはテールランプのデザインナンバープレートの位置変更。電動サンルーフ、回転対座シートなどを装備した上級グレード「ウェストコースト」を設定。ボンゴボンゴボンディはフロントグリルデザインが異なる。

なお、この代のイメージキャラクターモデル末期まで俳優・山を起用。山コミカルキャラクターワイドロータイヤの便利さで大ヒットとなった。1980年に登場する四代目ファミリアが大ヒットするまでは、ボンゴマツダの飯の種であった。そのため、TVCMを入れた。

なお、この山の起用は後に登場するマツダ1BOX&ミニバンのイメージキャラクターを起用する時には思わず「何で?」と思う人物を起用するきっかけとなる。1995年に登場するボンゴセミキャブオーバーゴンの「フレンディ」にタレント島田紳助を。2008年に「フレンディ」の実質的な後継ビアンテ」にはタレント劇団ひとりを起用するなど、どうもマツダはこういう癖がある。

三代目・(1983年~1999年)

1983年モデルチェンジ。一部のグレードに後輪ダブルタイヤ仕様が設定された他は前後同サイズとなった。内装を中心とした装備と快適装備はべものにならないほど充実が図られ、ワゴンの上位グレードにはパワーインドが装備され、パワーステアリングを一部グレードには標準またはオプションとなり、冷房装置もようやくり下げ式クーラーから、ヒーター組み込みエアコンになる。

1984年には4WD仕様が登場。4WDには1.8Lガソリンエンジンを搭載しフロントディスクブレーキも標準装備された。ワゴンの後輪ダブルタイヤ仕様止。1年車検を嫌うユーザー向けの2列シート6人乗り、バン内装のBWビジネス・ワゴン)を追加した。

1986年にワゴンマイナーチェンジ。排気量が2000ccとなる。1987年には、バン&トラックマイナーチェンジディーゼル4WD仕様が登場し、全グレードにパワーステアリングとELR3点式フロントシートベルトが標準装備化がされ、バンに全グレードリアワイパーも標準装備となる。

1989年にワゴン2000ccディーゼルターボエンジンが搭載され、ユーノス店向けのユーノスカーゴが登場。

1990年マイナーチェンジマイナーチェンジを実施。内外装デザインが一部変更され、カラーバンパーが全標準装備。バン、ワゴンにはリアアンダーミラーと集中ドアロックが標準装備された。

1994年日産自動車OEM供給を開始。日産での名称はバネットとなる。

1995年ボンゴフレンディが登場するが、ワゴン継続販売。

1996年にバン&トラックマイナーチェンジフロントマスクインパネ形状が変更となる。

1999年にワゴン止。ボンゴフレンディと統合される。

初代 ブローニイ(1983年~1999年)

上記の三代目モデルが登場する三ヶ前には、先代モデルにあったロングボディを別モデルとした、
”ブローニイ”が登場。
1983年1984年まで、俳優・山イメージキャラクターを担当する。

1995年まではワゴン仕様が存在していたが、ボンゴフレンディの登場に伴い止。

四代目・(1999年~2020年)

1999年モデルチェンジ。実質的には三代目モデルビックマイナーチェンジとなる。これは、5チャンネル制の失敗により、開発費を抑えるためこのような形となる。エンジンガソリン仕様1800ccが電子制御化をされパワーアップをし、ディーゼルエンジン2200ccパワーアップと先代モデルの欠点であった、煙対策が大幅に良された。

また三菱自動車OEM供給を開始。三菱での名称はデリカとなる。

2003年ディーゼルエンジンが、排気量こそは2000ccとなるが、ヨーロッパ仕様アテンザにも搭載されるコモンレールディーゼルターボエンジンを搭載され、数ヶ後にはOEMモデルにも搭載される。これはマツダの生産ラインを整えるため。

2005年規制に対応する。

2007年にはトラックの全グレードにパワーインドーとパワードアロックが標準装備化がされる。

2009年には日産向けのガソリン仕様の2WD仕様の供給を特殊車両以外が停止される。

2010年に一部良で1800ガソリンエンジンが新開発タイプとなる。このエンジンロードスターと同じ形式でもある。同時にトラックの前席乗人数が、衝突安全基準が変更となり3名から2名となる。

2011年三菱向けの供給が終了。

2016年に一部良でATが5速化される。同時にトラックの一部種に採用されていた伝統のリアダブルタイヤ仕様が全され全シングルタイヤとなる。

2020年5月13日 ボンゴバン生産を終了 また2020年8月31日 トラックの生産を終了

これによりマツダの自社開発による商用は、

1931年 3輪トラックマツダDA」から続いてきた 89年の歴史に幕を閉じた。

二代目 ブローニイ(1999年~2010年)(トラックは~2000年)

1999年ボンゴと合わせるようにブローニイモデルチェンジ

ボンゴと同じく事実上のビックマイナーチェンジであるが、
ボンゴの大幅に変わった外観とは違い、先代から外観は大きく変わっていない。

またボンゴと同じく三菱自動車工業OEM供給を開始(名称はデリカカーゴとなる)、2000年にはトラック止となる。
このモデルは、2010年三菱向けのモデルを含めて27年の歴史ピリオドを打ちモデル止となった。用途は警察関係で購入するケースが多かった。

五代目・(2020年~)

2020年7月17日
先代モデル1999年以来約21年ぶりとなる バンおよびトラックフルモデルチェンジを発表

ダイハツ グランマックス(日本ではトヨタ・タウンエース)のOEMとなる。

先代の弱点でもあった安全性が強化され、
衝突回避ブレーキや衝突警報などが採用された
またATにはさらに誤発進抑制機が追加されたダイハツ
『スマートアシスト』をマツダとしては初採用した。

三代目 ブローニイ(2019年~)

8年間振りにフルモデルチェンジを発表

トヨタ・ハイエースOEMとなる。

衝突回避ブレーキや衝突警報などが採用するなど安全面が強化された。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 61ななしのよっしん

    2020/05/23(土) 00:42:38 ID: vkodi01K2m

    いよいよか

  • 62ななしのよっしん

    2020/07/21(火) 13:53:56 ID: s3fdZxBcWX

    >小商用バン「マツダ ボンゴバン」の新モデル2020年9月11日に販売開始となる。

    >>nw7696658

  • 63ななしのよっしん

    2020/07/21(火) 14:14:00 ID: t4YysGgvRJ

    ボンゴも遂に他社OEMか…
    近年はコロナによるテレワークビジネスには大きいし、やっぱり「商用」が売れなくなってきてる(そして一部の強い種だけが作られていくようになる)んだろうなぁ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/17(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/17(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP