ママコチャ 単語

9件

ママコチャ

3.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ママコチャ(Mama Cocha)とは、2019年生まれの日本競走馬鹿毛

白毛女王ソダシの1歳下の全。短距離戦線で頭を表し、姉妹GI制覇を達成した。

な勝ち
2023年:スプリンターズステークス(GⅠ)安土城ステークスL

概要

クロフネブチコキングカメハメハという血統。

まるでダルメシアンのようなブチ模様で人気を博した、ブチ壊しのブチコことブチコの第2。ひとつ上の全ソダシ祖母シラユキヒメと同様のほぼ全身真っ白の毛色で生まれたが、この「ブチコ2019」は一転してごく一般的な鹿毛で生まれた。額から先まで通る大きめの斑に、ピンク先を持つ可らしい顔つきのである。ブチコキングカメハメハ鹿毛)×シラユキヒメ白毛)から白毛鹿毛遺伝子を受け継いでおり(実際、ブチ模様の部分には鹿毛が出ている)、鹿毛を産むのは不自然ではない。そして、クロフネ芦毛)から鹿毛より顕性の芦毛遺伝子を受け継ぐこともなかったので、鹿毛で生まれたというわけである。

は芝ダート双方でGⅠを制した米国生まれの怪物競走馬としては特にダートでの強さがられるが種牡馬としては芝短距離マイルを中心に多くの活躍を輩出した。2018年を最後に種付けから退き2021年に亡くなったため、本クロフネラストクロップ世代の一頭でもある(ニコニコ的に言えば、クールフォルテと同世代)。の説明はもはや不要だろう。

もちろん同様、金子真人ホールディングスの所有馬である。名はイン神話で、全ての人類のかつ、乗りや漁師を守護する海神でもある女神ママ・コチャ」から。

純白の海の女神(白くないけど)

2歳

東の名門・池江泰寿厩舎に入厩し、2021年6月26日阪神5R・芝1400mで福永祐一上にデビューを迎えたが、2番人気8着。ちなみに同じレースでのデビューには2着ドンフランキープロキオンS)・3着アグリ阪急杯)がいる。3戦未勝利戦10月24日阪神1400m)にて、松山弘平の騎乗で2着ジャングロに2身半差をつけ勝ち上がりを決めた。

続いて11月6日ファンタジーステークスGIIIに向かったが、1着ウォーターナビレラ・2着ナムラクレアに屈し3着に留まる。が制した阪神ジュベナイルフィリーズには登録せず、4戦1勝で2歳を終えた。

3歳

明け3歳初戦は2月5日エルフィンステークスL・中1600m)。勝てば桜花賞行きがほぼ決まる1戦だったが2着止まり。ここでクラシック路線を断念し、に向けて休養に入った。

6月に復帰したママコチャは一気に本格化。未勝利戦勝ち上がり時に騎乗した松山弘平とのコンビで、6~9月にかけ条件戦で3連勝。一気にオープン入りを決めた。

収得賞金上は秋華賞にも出走可な状況だったが距離適性などを鑑み、前年の秋華賞で敗れたソダシリベンジに挑むことはせず。オープン入り初戦はハンデGIIIということで12月17日ターコイズステークスを選択した。3連勝の勢いに加えて最軽斤タイの53kg、緩いコーナーの区間が長く内有利な中山1600mにて12番を引き当てるなどの要素が重なり、単勝3.2倍の1番人気に推された。しかし、中こそ内好位を進む絶好の形だったがややみがあり(松山談)、直線伸びず5着に敗れた。

4歳

4月阪神牝馬ステークスGIIから始動。序盤中団やや後ろからコーナーでまくり上げたものの直線で沈み、新馬戦以来の掲示板外となる9着大敗。ここで松山弘平上交代となった。

マイル戦ではどうも折り合いを欠いたため、ここで営は距離短縮にを切る。新たな上に鮫島駿を迎えた5月安土城ステークスL京都1400mハンデ)は、芝1400mJRAレコードタイの1分190を叩き出して快勝、オープン入り後の初勝利。さらに距離1200mに詰めて初重賞を狙った北九州記念GIIIは、逃げジャスパークローネに半身差届かず2着。だが、この2着で得た収得賞金のひと押しが効いてスプリンターズステークスの出走を確保。自身初のGIレースへ向かうことになった。

本番のスプリンターズステークスは前年王者ジャンダルムの王者ファストフォースが既に引退して不在。悲願のGⅠ制覇を狙うメイケイエールナムラクレアを筆頭に、前走セントウルS逃げ切り波乱を起こした若手騎手重賞勝利請負テイエムスパーダサマープリント王者ジャスパークローネや前戦2着の素質グリなど昇り調子重賞、故障からの復活を期す一昨年の勝ちピクシーナイトロケットスタートモズメイメイなど、多う混戦模様を呈していた。そんな中で重賞勝利なし、GI初出走、上も川田将雅がテン乗りという形になった本だが、近走の強さが支持され、ナムラクレアに続きアグリと分け合う形の3番人気(4.9倍)に支持される。

36番から発進し、入り乱れる逃げを見るような位置で構える。ややめに動いて直線ではくも先頭に立ち、逃げジャスパークローネ以下を振り切る。入れ替わるように外からやってきたナムラクレアは封じ込めたが、インから一気に伸びてきたマッドクール(ママコチャと同じく、これが初GI挑戦だった)の強襲を受けまったく並んでゴールイン。しかし首の上げ下げでママコチャに軍配が上がり、ソダシとの姉妹GI制覇を遂げた。

直線で抜け出し差しの追撃をハナ差だろうが抜かせない、というレース運びに、ソダシ阪神JF桜花賞思い出した競馬ファンも多かったことだろう(もっとも、ソダシの最終レースにも乗っている川田騎手によれば、「ソダシと似ているところはほとんどない。全くタイプの違う」だそうだが)。管理する池江泰寿は前年のジャンダルムに続く同競走連覇。そしてクロフネはこれで産駒19年連続重賞勝利という記録を打ち立てた。
そしてこのレースの制覇を受け全ソダシが現役引退、繁殖入りを発表。ソダシGI制覇を見届け、白毛一族の未来はスプリントという新たな舞台きを放った。

この後は選出された香港スプリントには行かず、1400mの阪神カップへ。単勝1番人気に推されて出走した。713番と外寄りからスタートし、先団につきそのまま直線へ。しかし、600m33.1というハイペースしたのか直線で伸びあぐね、そうこうしているうちにウインマーベルグレナディアガーズ、アグリら後方にいたたちに差されてしまう。それでも5着と掲示板には滑り込み最低限の意地は見せた。

この年はスプリンターズステークス制覇に加え1400m以下のレースは全て掲示板以上の成績という事もあり、JRA賞の最優秀スプリンターを受賞。このまま内短距離路線を進み、5歳高松宮記念標とし、1月末には営より京都牝馬ステークスは挟まずに直行も表明。ソダシに続く白毛一族の更なる勲章を狙う。

血統表

*クロフネ
芦毛 1998
*フレンチデピュティ
栗毛 1992
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
*ブルーアヴェニュー
芦毛 1990
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ
ブチコ
白毛 2012
FNo.2-w
キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
シラユキヒメ
白毛 1996
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウェイブウイン Topsider
Storm and Sunshine

クロスNorthern Dancer 5×5(6.25%)

ブチコダート戦線でオープンまで進んだ。全ソダシ阪神ジュベナイルフィリーズ桜花賞ヴィクトリアマイルGI3勝。その他、系の近縁シラユキヒメの項を参照。

関連動画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 12:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 12:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP