今注目のニュース
上野動物園のフクロウが「おはようございます」 ツイート投稿に「寝る時間かなぁ」「眠そう?」ツッコミの声も
ネコさんにソックリ過ぎて萌え死にしそうなあの動物が話題に
「出会い系で同性婚」「マッキンゼー出身」「アフガン従軍」民主党の新星ブティジェッジはトランプと戦えるか?

マヨラー単語

マヨラー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マヨラーとは、(時には他人をドン引きさせる事も厭わないレベルで)マヨネーズをこよなくする人のことである。

概要

と油、その他の調味料バランスよく混ぜ合わせたドレッシングである『マヨネーズ』をあらゆるものにかける、もしくは通常よりも多くかける人々、それがマヨラーである。

添加、着色料で保存も利く素晴らしい調味料だが、いかんせん成分が油でありカロリーも高い。どのような調味料にも言える事だが、過剰摂取には気をつける必要があるだろう。 

なぜマヨラーというのか

トランペット奏者は「トラペッター」、ヴァイオリン奏者は「ヴァイリニスト」である。
英文法で動詞にerをつけると「それをする人」という意味になり、名詞にistをつけると「信者演奏者」といった意味になる。
これに当てはめると、マヨネーズは名詞である為、マヨネーズ信者は「マヨネージスト(mayonnaisist)(発音的にはメイネイジスト)」になるのではなかろうか?

しかし、日本人は時に名詞を動詞化する事もあるということに注意していただきたい。
「(頻繁に)マヨネーズをつける、かける」ことを動詞化して「マヨる」と呼ぶ場合がある…そう、動詞化しているので「~er」系が使え、「それをする人」、つまりマヨる人を意味する単を作成出来るのだ。

よって「マヨる人」→「mayoru+er」→「mayorer」→「マヨラー」、となるのである。 

 

・・・と言うのは大嘘である。実際には「アムラー」「シノラー」などこの言葉が生まれた当時の日本には「〇〇ラー」という言葉が流行していたのが一番の原因。

マヨラーリスト

実在の人物

架空の人物

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/17(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/17(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP