マリオカート単語

マリオカート

2.6万文字の記事
掲示板をみる(487)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 マリカー」はこの項リダイレクトされます。
かつて「株式会社マリカー」という名称だった企業については、MARIモビリティ開発を参照。

 

マリオカート(MARIO KART)とは、マリオシリーズキャラクターたちがレーシングカートに乗って順位を競い合う任天堂レースゲームシリーズの事である。略称マリカー

概要

との衝突は日常茶飯事バナナの食いかすを道路にまき散らしたり、キノコエンジン体寸法の一時嵩上げ、の甲羅ミサイルを使用、スターを使って相手を誘爆、重火器や爆弾・対人落誘導装置・・・。スポーツマンシップとは名ばかりの、憎悪と嗟が渦巻く戦争まがいのレース展開で一定以上の強い人気を誇る。

一部では、審判団の買収疑惑の噂が尽きないが、ジュゲム審判長は「不正はなかった」と嫌疑を強く否定している。

真面目な概要

同じ任天堂F-ZEROをはじめとしたハードレースゲームとは異なり、基本のシステム自体はシンプルアイテムコースギミックによりハチャメチャなレースが繰り広げられるかなり触れやすいレースゲームとなっている。アイテムがあることにより、下位からの大幅な巻き返しが起こるのもマリオカートの醍醐味の一つ。
アイテムくしたり、1人用のタイムアタックモードレースゲームらしくドライビング技術を駆使した”速さ”だけを競うこともできる。レースではなく、行き来自由ステージアイテムをぶつけ合うバトルモードも存在する。風船をわり合う「ふうせんバトル」が基本で複数ルールが存在している作品もある。

ニコニコ動画にはレースバトルで対戦してワイワイしている動画だけでなく、タイムアタック動画も数多くアップロードされている。

シリーズ作品

発売日 タイトル ハード
1992年8月27日 スーパーマリオカート スーパーファミコン
1996年12月14日 マリオカート64 NINTENDO64
2001年7月21日 マリオカートアドバンス ゲームボーイアドバンス
2003年11月7日 マリオカート ダブルダッシュ!! ニンテンドーゲームキューブ
2005年12月8日 マリオカートDS ニンテンドーDS
2008年4月10日 マリオカートWii Wii
2011年12月1日 マリオカート7 ニンテンドー3DS
2014年5月29日 マリオカート8 Wii U
2017年4月28日 マリオカート8 デラックス Nintendo Switch
2019年9月25日 マリオカート ツアー iOS/Android
2020年10月16日 マリオカート ライブ ホームサーキット Nintendo Switch

ここでは庭用の作品を記載。 アーケード版についてはこちら → マリオカートアーケードグランプリ

スーパーマリオカート

個別記事あり
記念すべき初代作。プレイ人数は1~2人。すべてのグラフィックドット絵で表現されている為、後のシリーズとは大分が異なるが、基本的なシステムはこの時点でほぼ完成しており、アイテムによる妨や、順位によるアイテム出現率の変化、ドリフト走行の概念など、今もほとんど変わっていない。

この作品では、アイテムに「羽根」が存在しており、好きな場所で大ジャンプができた為、ジャンプえられるショートカットゾーンを探すという後のシリーズにはあまりい楽しみ方が出来た。本作のイナズマ(後継作のサンダー)はシリーズでも屈悪さである。
クラッシュした時の演出は、画面ごと大回転するという後のシリーズべて少々手になっている(64以降は上に吹き飛ぶ演出になっている)。また、プレイヤー人数に関わらず、常に画面が上下ニ分割されており、1P時は下にコース全体図が表示され、後ろから狙われるとバックミラーに切り替わる(任意でミラーに切り替える事も可)。

後の作品のようなファンタジー性は弱く、純カートレースといった雰囲気。ハードの性限界上、コースの高低差もく、ギミックも少なめであるが、そのシンプルさが良いというも多く、ニコニコ動画内でも人気が高い。

マリオカート64

個別記事有り
Nintendo64が発売されて間もない頃に発売され、買ってすぐに友達と対戦が出来るようツートンカラーコントローラーが同梱されたパッケージも発売された。プレイ人数は1~4人。

コースポリゴンキャラはプリレンリングされた3DCGで表現されており、ポリゴンになった事で高低差の概念が導入され、コースギミックも前作とべて格段に豊富になった。入手方法もボックスに触れる事で入手する現在タイプに変更された。現在のマリオカートシリーズの基本システムが本作で完成されたと言っても過言ではい作品である。一方、他のシリーズ作品とべてカートの挙動に重量感があるなど、独特な点もある。

本作のみ最初からスペシャルカップが選択可で、前作で隠し扱いだった150ccも最初から遊べる。代わりにコースが左右逆になっているミラーコースが隠しコースとして初登場した。なお、モードは排気量の他、一部のコースの柵の有アザーカーの進行方向が変化するといった特徴がある。
他の細かい本作のみの特徴として、何かアクションを起こした時に効果音文字になって飛び出すというコミック調の演出があり、甲羅には残像がつく。
また、本作のみの要素として、従来のコースレーダーの他にコース進捗度(1人用モードではプレイ画面の周りを右回りに、2人以上同時プレイでは上下の画面の界線上を左から右にキャラクターアイコンが進む形)でのポジション表示もあり、グランプリモードでは5位以下のキャラクターも4位以内と同様にアイコンを表示させることができた。ただし、「ヨッシーバレー」のみルートによって長さが大きく異なるためか、キャラクターアイコンが全て「?」で表示されており、プレイヤー自身も含めてゴールするまで順位がわからない仕様になっていた。

VSレースにおける本作からの変更点として、タイム計測がなくなった(グランプリモードでのタイム計測は継続)他、グランプリモードと同様に排気量も選択できるようになった。

マリオカートアドバンス

個別記事有り
携帯ハード初のマリオカート。プレイ人数は1~4人。

GBAの性SFCに近いため、システムは基本的に『スーパー』のものに近く、高低差のい2Dサーキットが採用されている。現時点で、2Dサーキットのみで構成された最後のシリーズ作品。
一方、キャラはプリレンリング3DCGで表現されており、ボイスも収録されているなど、雰囲気は64版や後のシリーズに近い。

コースの種類が新規20種類に加え、ある条件を満たすと何とSFC版のコースを全てプレイする事ができるようになる(これが後のシリーズレトログランプリの原となる)ため、両方あわせて全40コースにまで及び、SFC版の倍のコース数でマリオカート8DLC配信までシリーズ最多であった。また、現在と方式は異なるものの、携帯電話回線を利用した通信対戦が初めて搭載された(現在サービス終了)。
キャラクターは64版と同じ顔ぶれで、音(と恐らくグラフィック)も64版の物が流用されているが、ヨッシーヨッシーストーリーの音が使われており、以前の「でっていう」は聞けなくなった。

このシリーズから(ダブルダッシュは除く)、評価システムも登場。グランプリの結果等によって何段階かに分かれた評価を貰うことができ、やり込みの幅が増えた。
その一方で、ハードのキャパシティの都合か、64にあった「コース進捗度でのポジション表示」がなくなっている(ちなみに、グランプリモードレース中に下位のキャラクターを表示させる方法が存在しないのは本作のみである)。

マリオカートダブルダッシュ!!

個別記事あり
GC向けに発売された。1台のカートを2人乗りで操作したり、キャラ毎に固有アイテムが設けられている等、シリーズを通して特に異色の作品となっている。プレイ人数は1~4人。

ジャンプ操作ができなかったり、ドライバーを切り替えながら走るなど、シリーズの中では本作のみとなっている要素が多い。後に継承されなかった、オールカップツアーという16コース全てを走るカップも存在する。難易度も高めで、特に本作のレインボーロードシリーズコースとなっている。後の作品でも「オールカップツアー」自体こそ存在しないものの、連戦モードで設定(試合数、コース選択順など)をうまく組み合わせればオールカップツアー再現することが可な作品もある。詳細は該当記事を参照。

本作より基本的な通常のカートのみならず、クラシックカーベビーカー等のようにカート自体に個性が付き、ドライバーカートを別に選択できるようになった。ただし、本作のみではあるが適正重量よりも重いキャラクターがいるカートは選択できない(例えば、軽量級カートは2人とも軽量級キャラを選んでいないと選択できず重量級キャラを1人でも選んでいると重量級カートしか選択できない。逆に軽量級キャラ2人を選んでいる場合中量級重量級カートを選択することも可)。
また、別売のブロードバンドアダプタで複数のモニターをつなげばプレイヤー毎に一つずつの画面を使って対戦できる(シングルプレイで最大8人、タッグプレイで最大16人)。庭内LANのみ。いわゆるインターネット対戦はできない。
本作より「乗ると間的に爆発的な加速を得られるカタパルト状のギミック」が登場(本作では「DKマウンテン」に存在する「タル大砲」が該当)。そのスピードアカこうらでは追いきれない程度には速いが、トゲゾーこうらには普通に追いつかれてしまうので、1位を走っている際は要注意
また、本作からの変更点として、スタート前のカウントダウンが数字で表記されるようになり(アドバンス以前はジュゲムの持つシグナルだけが頼りだった)、タイムの計測がアドバンス以前の1/100秒単位から1桁追加され、1/1000単位となった。コースレーダーの向きに規則性がなくなったのも本作から(「右回りとも左回りとも定義されないコース」自体は64の頃から存在していたが、アドバンスまでは「スタートラインからの進行方向は必ず上向き」になるようにレーダーの向きが決まっていた。このため、「スタートラインが左側にあれば右回り、右側にあれば左回り」という規則がほとんどのコースで成立していた)であり、また、コースレーダーキャラクターアイコンが表示されるようになった(本作では後部座席に回っているキャラクターのみの表示)。
また、アドバンスにあった評価システムは本作のみ止されていた。

マリオカートDS

個別記事有り
ニンテンドーDS用に発売された作品。内容は64版に近く、極めてオーソドックスな内容となっている。
前作ダブルダッシュにあった「適正重量が選んでいるキャラクターよりも軽いカートは選択できない」という仕様が撤されキャラクターカートの組み合わせの自由度が大幅に上がった。また、キャラクターカートの組み合わせによって加速、最高速ハンドリングといったパラメータがグラフ化されるようになり、自分の腕前やプレイスタイルなどに合った組み合わせを見つける楽しみができた(キャラクターにはこだわりを持っている人が多いであろうが)。

対戦プレイは従来の4人から倍の8人まで可となっており、アドバンス版では敷居の高かったインターネットによる通信対戦もWi-Fiを使うことでぐんとやりやすくなっていた。Wi-Fiの対戦は世界中の人と最大4人まで可だった。なおネット対戦サービスはすでに終了している。
また、本作より通常のコースに加え、前作以前に登場したコースから厳選された16コースが復刻されているレトログランプリが用意された。これはGBA版のSFC版復刻コースの延長とも言える物だが、GBA版と異なり背景等の雰囲気やギミックがほぼ全て再現されている。
尚、SFC版とGBA版の復刻コースは元々高低差の面のコースだが、本作では若干立体感が付けられている。また、GBA以前からの復刻コースレーダーの向きが変わっているものが多い(コース構成自体はほとんど変わっていない)。これらはWii以降に復刻したコースについてもいえる。
定められたミッションクリアしていくミッションモードが用意されている。

マリオカートWii

個別記事有り
Wii向けに発売された作品。プレイ人数は1~4人。

従来のコントローラ操作に加え、同梱されているWiiハンドルを使用して、ハンドルリモコンを直接傾けてステアリングできる操作方法が新たに誕生したのが特徴。

基本的にDS版を踏襲した内容であるが、本作よりカートの他にバイクに乗る事が可になり、アクロバティックな操作が可になった。
従来はジャンプドリフトブレーキは別ボタンであったが、本作では統合され、操作方法が今までと異なる。また、ドリフトミニターボの発動方法が64~DS版とは一新された。
初心者でも急ハンドルすればドリフト操作になるオートドリフトが搭載された。この場合ミニターボの発動やジャンプができなくなる。

DS版に引き続き、インターネットによる通信対戦が可だった他、気軽に大会に参加できる等オンラインが充実していた。オンラインの場合1台のWiiから最大2人まで参加でき、最大12人の同時対戦が可だった。ネット対戦サービスDS版と同じ仕組みを使っていたため、すでに終了している。

売り上げは全世界で約3244万本と、2012年3月時点ではシリーズ最多である。

マリオカート7

個別記事有り
7作にして何故か初のナンバリングタイトルニンテンドー3DSソフトで、3D映像を楽しめる。

マシンタイヤグライダーを組み合わせて自由カートを作り上げることが可。陸に加えて、スクリュー水中を走行したり、グライダーを滑するなど、レースの場が陸・全てに広がっている。ただし、中にアイテム攻撃(ゲッソーサンダーは除く)を受けるとグライダーが強制解除されるため、それによってコースアウトしてしまうと大幅なタイムロスになることに注意。逆に言えばコースによってはこれをうまく活用することで大逆転も可ともいえる。
また、シリーズ初の主観視点が登場。3DS本体のジャイロセンサーを使って本体をハンドルのようにして操作することが可である(もちろん設定でジャイロ操作をオフにしてスライドパッドで操作することも出来る)。

基本的にはDS版とWii版の要素を融合。基本操作はDS版と同様ながらミニターボ仕様ジャンプアクションの導入などWii版の要素も数多く取り入れられている。また、オートドリフトマニュアルドリフトが統合された。
本作でもグランプリの評価制は健在であるが、×0~3の4段階になった上、かなり条件が緩くなり×3を獲得するのは過去作とべるとかなり簡単である。

本作でもオンライン対戦は健在。フレンド対戦・ランダムマッチ対戦はもちろんのこと、本作では「コミュニティ」が追加され、アイテム制限など特定テーマにそって集まることが出来る。

ダブルダッシュDSWiiの一部コースに存在していた「タル大砲」のような「乗ると間的に爆発的な加速を得られるカタパルト状のギミック」は本作オリジナルコースには存在せず、DSからの復刻コースである「ワルイージピンボール」「キラーシップ」とWiiからの復刻コースである「メイプルツリーハウス」にのみ存在している。ただし、同様のギミックに乗っても飛行中はグライダーが出るようになっている。

また、本作からの変更点として、グランプリモードでのタイム計測が止、タイム計測はタイムアタックのみとなった。他には一部コース(本作ではウーフーアイランド1・2、レインボーロードが該当)が1周当たりの長さが極めて長いために3セクション制の1周勝負となっていることに伴い、ジュゲムが途中で出す看の表記から「LAP/ラップ」の表記がなくなり、「○(第○ラップ/セクション突入)/(全ラップ/セクション中)」という表記に変わった(実際の表記では右側の数字が小さく表示されている)。

マリオカート8

個別記事有り
Wii U向けに発売された第8作。前作同様にナンバリングタイトルであり、シリーズ初のHD画質

操作はWii U GamePadWiiリモコンヌンチャクWiiハンドルクラコン)のほか、Wii U Proコントローラーも使用可で、合計4台まで同時接続できる。

陸・で展開されるレースカスタマイズするマシンなどのマリオカート7の要素濃く継ぎながら、バイクが復活し、これまでのシリーズの要素がたっぷり詰め込まれている。
バイクカートに似た挙動のドリフトバイクと独特なハンオンバイクに区別されるようになり、新たに四輪バイクとも呼ばれるATVが追加された。
レースは更に大胆に進化を遂げ、今回は反重力の要素が取り込まれた。垂直な場所や逆さまの場所、天井までも走行コースとなり、とても立体的になったコースを走り抜ける。

オンライン対戦は当然のことながらMiiverseにも対応。Ver3.0以降ではシリーズ初となる有料DLCが配信されたほか、amiiboにも対応。2015年4月23日更新(Ver4.0)ではシリーズ初となる200ccモード無料配信された。

本作より「スタートラインゴールラインの場所が異なる非周回コース」が登場(本作ではワリオスノーマウンテンビッグブルーが該当)。また、64版レインボーロードが本作で復刻された際には前作の一部コースと同様に3セクション制の1周勝負となっている。
また、本作よりタイムアタックでも排気量を選択できるようになり、ランキングも排気量ごとに集計されるようになった。

マリオカート8 デラックス

マリオカート8の記事に記述有り
Nintendo Switch向けに開発されたマリオカート8のアッパーバージョン。基本的にはマリオカート8を引き継いでいるが細かい変更点は少なくない。

操作はSwitchの3つのスタイルTVテーブル携帯)全てに対応し、別売のJoy-Conハンドルによるハンドル操作も可

8の有料DLCを最初から収録し、新規キャラクターマシンも追加され、前作は専用ステージかったバトルモードを一新している。
新たなサポートとして自動でアクセルが踏まれるオートアクセルコースアウト理やり回避する強ハンドルアシスト実装。代わりにハンドルアシストを切った場合、新たに追加されたウルトラミニターボが発動するようになる。

マリオカート ツアー

個別記事有り
シリーズ初となるスマートフォン(iOS/Android)向け作品。2019年9月25日に配信を開始した。
世界中の都市舞台にしたコースや、歴代の作品で登場したコースアイテムマシンキャラクターが多数登場する。片手のみで快適に操作できるよう設計されており、また、ツアーの新作コースだけでなく7以前からの復刻コースも含めて(8以降からの復刻コースは現状存在していないため除外)初代は5周勝負、64以降はおおむね3周勝負だったのがほぼ全て2周勝負となっている(一部例外あり、後述)ため、いつでもどこでも気軽に遊べるようになった。また、前述の回転率の上昇と一部マナー違反行為(「1位を走っているときにトゲゾーこうらが飛んでくると察知したら後続に先頭を譲る」「どう足掻いても勝てないと踏んだら勝負を捨てて、最下位だと強アイテムを入手しやすいことも悪用して他の妨する」といった行為)の防止のためか、オートアクセルとなっており、ブレーキボタンが撤されている。(前者はブレーキを使わずとも、状況によってはコーナーをわざと大回りすることでできてしまう場合はあるが。)また、一部ショートカットなどを除いて示された以外のルートを走ること(例えば、「順走コース逆走」といった行為)もできなくなっている。
現状、2周勝負の例外は7版「レインボーロード」(復刻元と同じ3セクション制の1周勝負)、「N64 カラカラさばく2(64版「カラカラさばく」のアレンジ版で、列車が走る線路内までコースに含まれ、コースの全長が従来の約1.5倍になっている)」「トーキョー スクランブル4」(2セクション制の1周勝負)が存在している。

また、ツアーに限り、トゲゾーこうらゲッソーなど、「基本的に上位を狙うアイテム」を自分が1位を走っている状態で使っても自爆することがない。

カップに4つあるステージのうち右下にあるものは、様々なミッション(リングを一定数以上くぐる、レースが半分ほど進んで最下位の状態からスタートして1位ゴールする、など)の成果によってグランドスターを最大3個入手できるステージとなっているが、その中での「タイムアタック」におけるタイム計測がアドバンス以前の1/100秒単位に戻っている。

マリオカート ライブ ホームサーキット

個別記事有り
文字通り「の中で」遊ぶマリオカート。付属されているカート部屋で走らせることで、の中がマリオカートのサーキットになる。カートにはカメラが搭載されているほか、アイテムによって加速したり、逆に止まったりとゲーム内のイベントと連動する。コースは4つのゲートを用いることで簡単に作成でき、カートの描く軌跡によって様々な形のコースを作成可

1人プレイでは、クッパ七人衆との対戦が可Switch本体とカートを持ち寄ることで、最大4人での対戦にも対応している。

グランプリコース紹介

マリオカートの舞台となるコースマリオシリーズに登場した場所をイメージしたものだけでなく全く新しいコースも多い。グランプリモードでは基本的に同じカップコース4つを連続で走る。

過去作のコースが登場するレトロカップマリオカートDS以降に収録されている。これらについては出典元の各コースに登場した作品を表記しています。
各作品共通で"コウラ"がコウカップ、"バナナ"がバナナカップ、"コノハ"がこのはカップ、"サンダ"がサンダーカップを表している。

8のDLCカップゼルダカップたまごカップどうぶつカップベルカップは新コースレトロコースが混ざっている。

スーパーマリオカート

キノコカップ マリオサーキット1百アイコン
DSレトロコウラ1)
ドーナツへいや1百アイコン
DSレトロバナナ1)
おばけぬま1百アイコン クッパじょう1百アイコン マリオサーキット2百アイコン
(7レトロバナナ2)
フラワーカップ チョコレーとう1百アイコン おばけぬま2百アイコン
Wiiレトロコウラ3)
ドーナツへいや2百アイコン クッパじょう2百アイコン マリオサーキット3百アイコン
Wiiレトロ:サンダ-1)
スターカップ ノコノコビーチ1百アイコン チョコレーとう2百アイコン
DSレトロ:サンダ-1)
バニラレイク1百アイコン クッパじょう3百アイコン マリオサーキット4百アイコン
スペシャルカップ ドーナツへいや3百アイコン
(8レトロバナナ2)
ノコノコビーチ2百アイコン
DSレトロコノハ1)
おばけぬま3百アイコン バニラレイク2百アイコン レインボーロード百アイコン
(7レトロ:サンダ-4)
(8DLCゼルダ2)

スペシャルカップ100cc150ccのみで、隠しカップである。 

マリオカート64

キノコカップ ルイージサーキット百アイコン
(7レトロコウラ1)
モ~モ~ファーム百アイコン
DSレトロコウラ2)
ノコノコビーチ百アイコン
(7レトロバナナ1)
カラカラさばく百アイコン
(7レトロコノハ1)
フラワーカップ キノピオハイウェイ百アイコン
(8レトロコノハ4)
フラッペスノーランド百アイコン
DSレトロバナナ2)
チョコマウンテン百アイコン
DSレトロコノハ2)
マリオサーキット百アイコン
Wiiレトロコウラ4)
スターカップ ワリオスタジアム百アイコン シャーベットランド百アイコン
Wiiレトロバナナ1)
ピーチサーキット百アイコン
(8レトロバナナ3)
クッパキャッスル百アイコン
Wiiレトロ:サンダ-4)
スペシャルカップ ドンキージャングルパーク百アイコン
Wiiレトロコノハ3)
ヨッシーバレー百アイコン
(8レトロコノハ4)
ヒュ~ドロいけ百アイコン
DSレトロ:サンダ-2)
レインボーロード百アイコン
(8レトロ:サンダ-4)

マリオカートアドバンス

キノコカップ ピーチサーキット百アイコン
DSレトロコウラ3)
ヘイホービーチ百アイコン
Wiiレトロバナナ2)
リバーサイドパーク クッパキャッスル1百アイコン
(7レトロコウラ2)
フラワーカップ マリオサーキット百アイコン
(8レトロコウラ2)
テレサレイク チーズランド百アイコン
(8DLC:ドウブツ2)
クッパキャッスル2百アイコン
DSレトロバナナ3)
サンダーカップ ルイージサーキット百アイコン
DSレトロコノハ3)
スカイガーデン百アイコン
DSレトロ:サンダ-3)
プクプクアイランド サンセットこうや
スターカップ ノーランド リボンロード百アイコン
(8DLC:ベル2)
ヨッシーさばく クッパキャッスル3百アイコン
Wiiレトロコノハ3)
スペシャルカップ レイクサイドパーク オンボロさんばし クッパキャッスル4百アイコン レインボーロード百アイコン

SFCコースの隠しカップである、おまけ~は各4コース順番構成になっている。

マリオカート ダブルダッシュ!!

キノコカップ ルイージサーキット百アイコン
DSレトロコウラ4)
ピーチビーチ百アイコン
Wiiレトロコウラ1)
ベビィパーク百アイコン
DSレトロバナナ4)
(8DLC:ドウブツ1)
カラカラさばく百アイコン
(8レトロバナナ1)
フラワーカップ キノコブリッジ百アイコン
DSレトロコノハ4)
マリオサーキット百アイコン
Wiiレトロコノハ4)
デイジークルーザー百アイコン
(7レトロコノハ3)
ワルイージスタジアム百アイコン
Wiiレトロバナナ4)
スターカップ シャーベットランド百アイコン
(8レトロコノハ2)
キノコシティ百アイコン ヨッシーサーキット百アイコン
DSレトロ:サンダ-4)
(8DLCタマゴ1)
DKマウンテン百アイコン
Wiiレトロ:サンダ-3)
スペシャルカップ ワリオコロシアム百アイコン ディノディノジャングル百アイコン
(7レトロ:サンダ-2)
クッパキャッスル百アイコン レインボーロード百アイコン

※隠しカップオールカップツアーは16コース全てを走る。

マリオカートDS

キノコカップ エイトクロスサーキット百アイコン ヨッシーフォールズ百アイコン
Wiiレトロコウラ2)
プクプクビーチ百アイコン
(8レトロコウラ3)
ルイージマンション百アイコン
(7レトロコウラ4)
フラワーカップ サンサンさばく百アイコン
Wiiレトロコノハ1)
モンテタウン百アイコン
Wiiレトロバナナ3)
ワルイージピンボール百アイコン
(7レトロバナナ4)
キノコリッジウェイ百アイコン
スターカップ DKスノーマウンテン百アイコン
(7レトロコノハ2)
チクタクロック百アイコン
(8レトロ:サンダ-1)
マリオサーキット百アイコン キラーシップ百アイコン
(7レトロ:サンダ-3)
スペシャルカップ ワリオスタジアム百アイコン
(8レトロコノハ1)
ピーチガーデン百アイコン
Wiiレトロ:サンダ-2)
クッパキャッスル百アイコン レインボーロード百アイコン

マリオカートWii

キノコカップ ルイージサーキット百アイコン モーモーカントリー百アイコン
(8レトロコウラ1)
キノコキャニオン百アイコン
(7レトロコウラ3)
キノピオファクトリー百アイコン
フラワーカップ マリオサーキット百アイコン ココナッツモール百アイコン
(7レトロバナナ3)
DKスノーボードクロス百アイコン ワリオこうざん百アイコン
(8DLCゼルダ1)
スターカップ デイジーサーキット百アイコン ノコノコみさき百アイコン
(7レトロ:サンダ-1)
メイプルツリーハウス百アイコン
(7レトロコノハ4)
グラグラかざん百アイコン
(8レトロ:サンダ-3)
スペシャルカップ カラカラいせき百アイコン ムーンリッジ&ハイウェイ百アイコン クッパキャッスル百アイコン レインボーロード百アイコン

マリオカート7

キノコカップ キノピオサーキット百アイコン デイジーヒルズ百アイコン プクプクラグーン百アイコン ヘイホーカーニバル百アイコン
フラワーカップ ウーフーアイランド1百アイコン マリオサーキット百アイコン ミュージックパーク百アイコン
(8レトロコノハ3)
ロックロックマウンテン百アイコン
スターカップ パックンスライダー百アイコン
(8レトロ:サンダ-2)
ワリオシップ百アイコン ネオクッパシティ百アイコン
(8DLC:ベル1)
ウーフーアイランド2百アイコン
スペシャルカップ DKジャングル百アイコン
(8レトロバナナ4)
ロゼッタプラネット百アイコン クッパキャッスル百アイコン レインボーロード百アイコン

マリオカート8

キノコカップ マリオカートスタジアム百アイコン ウォーターパーク百アイコン スイーツキャニオン百アイコン ドッスンいせき
フラワーカップ マリオサーキット百アイコン キノピオハーバー ねじれマンション ヘイホーこうざん百アイコン
スターカップ サンシャインくうこう百アイコン ドルフィンさき エレクトロドリーム百アイコン ワリオスノーマウンテン百アイコン
スペシャルカップ スカイガーデン百アイコン ホネホネさばく クッパキャッスル百アイコン レインボーロード百アイコン
たまごカップ ヨッシーサーキット百アイコン(GC) エキサイトバイク百アイコン ドラゴンロード百アイコン ミュートティ
ゼルダカップ ワリオこうざん百アイコン(Wii) レインボーロード百アイコン(SFC) ツルツルツイスター百アイコン ハイラルサーキット百アイコン
どうぶつカップ ベビィパーク百アイコン(GC) チーズランド百アイコン(GBA) ネイチャーロード百アイコン どうぶつの森
ベルカップ ネオクッパシティ(3DS)百アイコン リボンロード百アイコン(GBA) リンリンメトロ百アイコン ビッグブルー百アイコン

は有料DLC限定コース(有料DLC非購入時はオンライン対戦のみ走行可)、DXでは最初から収録。
なお追加コースコース1~2がレトロコース3が新規、コース4がコラボという傾向があり、不可分な為レトロコースも記載。

マリオカート ツアー

コースのみ掲載。7以前からの復刻コースも含めて全てのコースに「X」「R」「RX」が搭載されているため、これらは同系列として除外してある。

ニューヨークツアー ニューヨーク ドリーム百アイコン ニューヨーク ドリーム 2百アイコン ニューヨーク ドリーム 3
トーキョーツアー トーキョー スクランブル百アイコン トーキョー スクランブル 2百アイコン トーキョー スクランブル 3百アイコン トーキョー スクランブル 4百アイコン
パリツアー パリ プロムナード パリ プロムナード 2 パリ プロムナード 3
ロンドンツアー ロンドン アベニュー  ロンドン アベニュー 2
バンクバーツアー バンクバー バレー 
ロサンゼルスツアー ロサンゼルス コース ロサンゼルス コースト 3
ベルリンツアー ベルリン シュトラーセ 2
シドニーツアー シドニー サンシャイン
リミックス RMX マリオサーキット 1 RMX チョコレーとう 1 N64 カラカラさばく 2 RMX レインボーロード 1
RMX レインボーロード 2 RMX チョコレーとう 2
その他新作コース メリーメリーマウンテン ニンニンドージョー

バトルモードのルールとステージ

ふうせんバトル

マリオカートのバトルの基本となるもの。しかしルールは作品によって細かいところが大きく異なる。
風船がなくなると退場し、最後まで風船が残っていれば勝ちのルールが採用されている作品は多いが、風船くなっても減点されるだけで復帰できる時間制ルールの作品もある。
更に風船くなった後、爆弾になって特攻できたり、透明になってアイテムで攻撃できるものなどの違いがある。

あつめてコイン

ステージ上のコインを拾い集め、タイムアップ時に最も多く持っていたプレイヤーの勝ちとなる。
攻撃を受ける、コースアウトするなどするとコインをばら撒いてしまう。

いただきシャイン

一つだけ存在するシャインを奪い合う。攻撃されると落としてしまう。

あつめてシャイン

あつめコインといただきシャインを合わせたルール。複数出現するシャインを集め、時間ごとにシャインを持っていないと脱落する。

ドッカン!ボムへい

ボムへいをひたすら投げ合う。
攻撃をを与えてポイントを奪い合い、一定のポイントを先取したプレイヤーの勝ち。

パックンVSスパイ

パックンチームスパイチームに分かれ、パックンチームは制限時間内にスパイチームを全て捕まえると勝ち。反対にスパイチームは制限時間内に一人でも逃げ切れれば勝ちとなる。ゲームルール的に言えばいわゆるケイドロ(ドロケイ)である。

バトルコース紹介

スーパーマリオカート

バトルコース1 バトルコース2 バトルコース3 バトルコース4

初代であるスーパーマリオカートからバトルは存在している。

マリオカート64

ビッグドーナツ ブロックとりで ダブルデッキ てんろう

ルールはふうせんバトルのみ。マップが立体になった。また、コースアウトしてジュゲム釣り上げられても風船を失うようになったのも今作から。

マリオカートアドバンス

バトルコース1 バトルコース2 バトルコース3 バトルコース4

ふうせんバトルの他にあつめコインが初登場。

マリオカートダブルダッシュ!!

クッキーランド ブロックティ ゲームキューブ どかんひろば4 ルイージマンション ぐらぐらマリオ

ふうせんバトルの他にいただきシャインとドッカンボムへいが登場した。

マリオカートDS

ニンテンドーDS ゆうやハウス4 サザンリーフ スイートタルト ブロックとりで
(64復刻)
どかんひろば
GC復刻)

ルールはふうせんバトルあつめてシャイン

マリオカートWii

ブロックひろば アクアリゾート ファンキースタジアム ワンワンルーレット ドッスンさばく
バトルコース4
SFC復刻)
バトルコース3
GBA復刻)
てんろう
(64復刻)
クッキーランド
GC復刻)
ゆうやハウス
DS復刻)

ルールはふうせんバトルあつめコイン

マリオカート7

バトルコース1
GBA復刻)
ビッグドーナツ
(64復刻)
サザンリーフ
DS復刻)
ハニービーハウス シャーベットリンク ウーフータウン百アイコン

ルールはふうせんバトルあつめコインネットワーク対戦では二つのルールが交互に選択される。

マリオカート8

モーモーカントリー カラカラさばく ドーナツへいや3 キノピオハイウェイ
マリオサーキット キノピオハーバー シャーベットランド ヨッシーバレー

マリオカート8バトルで使用するのは一部に変更が加えられてはいるが、全て通常のコースの流用である。ルールはふうせんバトルのみ。

マリオカート8 デラックス

バトルスタジアム スカイスイーツ百アイコン ドラゴンドージョー百アイコン ムーンステーション百アイコン
ウーフータウン百アイコン
3DS復刻)
ルイージマンション
GC復刻)
バトルコース1
SFC復刻)
デカライン高架下

一新され専用コースが用意された。ルールはふうせんバトルあつめコイン、いただきシャイン、ドッカンボムへいの他にパックンVSスパイが初登場。

キャラクター

マリオカートシリーズに登場する操作キャラクターたち。
作品によってキャラクターごとの違いはマチマチ。基本的に軽量級、中量級、重量級の3段階に分けられており、軽いほどステアリングと加速が良く重いほど おもさ と最高速が大きくなる。作品によっては階級が内部的にさらに細かく別れており、全にキャラごとに別れていることがある。

SFC 64 GBA GC DS Wii 7 8 8DX
マリオ 標準 中量 中量 中量 中量 中量 中量 中量4 中量
ルイージ 標準 中量 中量 中量 中量 中量 中量 中量4 中量
ピーチ 加速 軽量 軽量 中量 軽量 中量 やや軽量 中量2 中量
ヨッシー 加速 軽量 軽量 中量 軽量 中量 やや軽量 中量2 中量
キノピオ ステア 軽量 軽量 軽量/隠 軽量 軽量 軽量 軽量 軽量
ノコノコ ステア 軽量 軽量 軽量 軽量 軽量
クッパ 速度 重量 重量 重量 重量 重量 重量 最重量 重量
ドンキーコングJr. 速度
ドンキーコング 重量 重量 重量 重量 重量 やや重量 重量1 重量
ワリオ 重量 重量 重量 重量 重量 重量/隠 最重量 重量
ベビィマリオ 軽量 軽量 最軽量 軽量
ベビィルイージ 軽量 軽量/隠 最軽量 軽量
パタパタ 軽量
キノピコ 軽量/隠 軽量/隠 軽量/隠 軽量
ディディーコング 軽量 中量/隠
クッパJr. 軽量 中量/隠 軽量
デイジー 中量 中量/隠 中量/隠 やや軽量/隠 中量2 中量
キャサリン 中量 中量/隠
ワルイージ 中量 中量/隠 重量/隠 重量1 重量
ボスパックン 重量/隠
キングテレサ 重量/隠 重量/隠 重量
カロン 軽量/隠 軽量/隠 軽量
HVC-012 重量/隠
ヘイホー 軽量 ※1 軽量/隠 軽量 ※2 軽量 ※2
ビィピーチ 軽量 最軽量 軽量
ビィデイジー 軽量/隠 最軽量 軽量
ファンキーコング 重量/隠
ほねクッパ 重量/隠 最重量/DLC 重量
ロゼッタ 重量/隠 やや重量/隠 重量1/隠 重量
ジュゲム 軽量/隠 軽量/隠 軽量
メタルマリオ 重量/隠 重量2/隠 重量
ハナチャン やや重量/隠
ハニークイーン 重量/隠
Mii ※3/隠 中量/隠 ※3/隠 ※3
イギー 中量4/隠 中量
モートン 最重量/隠 重量
レミー 最軽量/隠 軽量
ルドウィッグ 中量4/隠 中量
ロイ 重量1/隠 重量
ウェンディ 軽量/隠 軽量
ラリー 軽量/隠 軽量
ビィロゼッタ 最軽量/隠 軽量
ピンクゴールドピーチ 重量2/隠 重量
タヌキマリオ 中量3/DLC 中量
ネコピーチ 中量1/DLC 中量
リンク 重量1/DLC 重量
むらびと(男の子) 中量3/DLC 中量
むらびと(女の子) 中量1/DLC 中量
しずえ 軽量/DLC 軽量
ガール 中量
ボーイ 中量
ゴールデンマリオ 重量/隠※4

※1・・・マルチプレイヤーのみ使用可
※2・・・有料DLC購入特典で「いろちがいヨッシー」や「いろちがいヘイホー」が追加。カラーバリエーションとして使用可
※3・・・Wii及び8、8DXではMiiの体格によって階級が変化。Wiiは3階級それぞれに変化し、8及び8DXではベビィマリオマリオクッパと同じ性
※4・・・カラーバリエーション

アイテム

マリオカートシリーズアイテムマップ上置かれたアイテムブロックに接触する事でスロットのように選ばれたアイテムが一つ手に入る。
スーパーマリオカートのみコースの路面にあるハテナブロックを踏む事で入手。

手に入るアイテムの種類は順位によって決まり、下位にいるほど強アイテムが出やすく上位であればミドリこうらやバナナのような単純なアイテムしか入手できない。
マリオカート8では1位からの距離アイテムの種類が変わるようになった。

スーパーマリオカートではCP専用アイテムが存在する。キャラクターによって使う専用アイテムは異なる。

ダブルダッシュ!!では使用しているキャラクターによって特定スペシャルアイテムが入手できる。

ツアーでは各キャラクタースペシャルスキルが設定されており、アイテム特定キャラのみが使用可

表は登場順。

SFC 64 GBA GC DS Wii 7 8 ツアー
バナナ
トリプルバナナ
ミドリこうら
トリプルミドリこうら SP
アカこうら
トリプルアカこうら SP
ダッシュキノコ
トリプルダッシュキノコ
パワフルダッシュキノコ SP
コイン
羽根 DX
スター
サンダー
テレサ DX
にせアイテムボックス
トゲゾーこうら
ボムへい SP
ファイアボール SP
クッパこうら SP
ジャンボバナナ SP
ハート SP
ヨッシーのたまご
キャサリンたまご
SP
ワンワン SP
キラー
ゲッソー
きょだいキノコ
POWブロック
カミナリぐも
ファイアフラワー
スーパーこのは
ラッキー7
ブーメランフラワー
パックンフラワー
スーパークラクション
ミラクル8
ダブルボムへい
シャボン
バナナバレル
キノコたいほう
ダッシュリング
コインボックス

バナナ / トリプルバナナ / バナナセット

顔のついたバナナの皮で、使用すると路面に設置し、踏んでしまうとスリップしてしまう。前方に投げることもできる。
トリプルバナナバナナ3つを一列に引き連れるアイテムで、3回バナナを置くだけでなくアカこうらの防御に使われることも多い。マリオカート8 ではミドリこうらのようにカートの周りを回転するようになった。
マリオカート64バナナセットは5つのバナナが連なったもの。ただし、この状態でアイテムガードすると、独特の効果音とともに、2本以上残っていてもアイテム相殺した1本を除いて全てがカートから離れてしまう仕様があったため、バナナセットを使用したら5本中4本をコース上に仕掛けて1本だけガード用に取っておくのがセオリーとされた。
ツアーでも登場するトリプルバナナは使用すると残っている本数を一度にバラ撒く(1本ずつ時間差で置くことができない)ので注意。

ミドリこうら / トリプルミドリこうら

っ直ぐ飛んでいき、に当たっても跳ね返える。当たるとクラッシュしてしまう。こうらは後ろ入で後ろに投げることも可。跳ね返る回数は作品ごとに異なるがスーパーと64では回数が制限であった。なお、跳ね返ったこうらは自分にも当たるので注意。近年のマリオカートでは跳ね返った時に少しだけ他のキャラクターに向けて方向転換する。
トリプルミドリこうらは一度に3つ使用できるアイテムで、3つのこうらがバリアのようにキャラクターの周りを回転する。
初代のみ「後ろに投げる」ことができず、下方向に十字キーを入れながら使用するとバナナのように設置する(CPUが操作するノコノコが使うミドリこうらと同じ)形となっていた。また、トリプルこうらも「後ろに投げる」ことができるようになったのはアカこうらと同じくダブルダッシュ以降?である。
ツアーでは前述のトリプルバナナ同様、1発ずつ時間差で発射できないのでこちらも注意。

アカこうら / トリプルアカこうら

前を行くキャラクターに沿って追尾するいこうら。ミドリと違いに当たるとすぐ壊れてしまうので簡単ではないがに当てて防御したり、ミドリこうらやバナナ相殺させたりもできる。ダブルダッシュ以降?では後ろに投げることもできるが後ろに投げた時は追尾せず跳ね返りもしない。
トリプルアカこうらはトリプルミドリこうらのアカこうら版で、3回使用できるだけでシンプルだが、次々と前のライバルクラッシュさせて順位を順当に上げていけるなど強。そのためか、64のバトルモードではトリプルアカこうらは出現することがなかった。
64以前は追尾性がお世辞にもいいものとはいえず、少し直進してから狙いを定めた相手をがけて一直線に飛んでいく仕様だったため、うまく使えば直前の相手のガードアイテムをかわして攻撃を当てることもできた反面、(特に複雑なコースでは)直前の相手と距離が離れすぎているとなどが邪魔になって当てづらく、終盤での逆転にはやや不向きなものであった。おまけに64版では近くに狙う相手がいないと自分に向かって飛んでくることもあるアイテムでもあった。

トゲゾーこうら

トゲゾーのこうらで、1位プレイヤーに狙いを定めると超スピードで何もかも吹き飛ばしながらコースを駆け抜け、1位に当たるまで何に当たっても壊れない。逆に相手のアイテム攻撃をガードするとすぐに壊れてしまう(ダブルダッシュ以降ではそれによって発生した爆を当てると相手をスピンさせることはできるが)ので、下位を走っている状況で入手したらアイテム攻撃を受ける前にさっさと投げてしまうのがよい(当然、自分が1位のときに使うと自分自身を狙ってくるので注意)。ただし、64版では投げるとアカこうらのように少しだけ直進し、狙いを定める前にに当たると壊れてしまう仕様があった(この仕様を逆に利用して、1位なのにトゲゾーこうらを取得してしまってどうしても捨てたい場合にわざとに当てる手法もあった)。また、アドバンスでは他作品よりもスピードが遅く、最高速をうまく維持できれば(簡単ではないが)振り切ることも可
ダブルダッシュからWiiまでは羽根がついて飛行するようになったため、移動中のトゲゾーこうらに当たることはなくなったが、1位に当たる時に爆発が発生するようになったので1位の近くにいると巻き込まれる。
7以降は再び地を這って移動するようになり1位に接近した時だけ飛行して爆発する。
1位プレーヤートゲゾーこうらを回避する手段は、アドバンス以前はトゲゾーこうらガードするしかなかった(64ではごく一部だが取得すれば1位でも必ずトゲゾーこうらが手に入るアイテムボックスが存在していた)が、現行ではスーパークラクションを使用する(8以降)か、トゲゾーこうらが攻撃する直前に動きが止まった間を狙ってダッシュキノコを使用してダッシュ(ダブルダッシュ以降)すれば回避可。ただし後者の方法ではタイミングがややシビアなことに注意。また、ウルトラミニターボでは回避できないことにも一応注意。

ボムへい

カートアイテムに当たったり放り出されてから一定時間経つと爆発する。前に投げるだけでなく置くことも可爆発アイテムを消してしまう。
初登場のダブルダッシュ‼︎ではワリオワルイージスペシャルアイテムであり、バトルモードにどっかん!ボムへいバトルが存在した。
ガードに使うことももちろん可だが、クッパこうらとトゲゾーこうらには貫通されてしまうので注意。

ファイアフラワー

ファイアボールを沢山投げつける事ができるアイテムで、一定数投げるか時間が経つまで投げられる。沢山投げられる分、当たってもスリップする程度で済む。沢山投げられる上に少しは跳ね返るので意図して避けるのは難しい。
ツアーでは先述のトリプルバナナやトリプルミドリこうらのように複数のファイアボールプレーヤーの周りを周回し、一部アイテム攻撃から守ってくれる。

ブーメランフラワー

ブーメランを三回まで投げられるアイテム。1,2回は投げたブーメランが返ってくるのでもどりを当てることも可。3回はずっと遠くまで飛んで返ってこないがある程度はコースにそって飛んでいく。
ツアーでは後ろにブーメランをぶら下げた状態で待機、ガードに使うこともできるが、その代わり1回しか投げられない。

にせアイテムブロック / にせものアイテム

その名の通り偽物アイテムブロックで設置して使用する。アイテムブロックのニセモノなのでコウラなどはすり抜ける。
ハテナマークかったり色がかったりするので作品ごとで違いがあるが見分ける事が可

スーパークラクション

全方向を衝撃波で攻撃する強クラクション。
トゲゾーこうらを含むあらゆるアイテムを破壊する防御アイテムとして使うこともでき、確率は低いが1位でも出現する。

コイン

特殊なアイテムで、アイテムボックスからだけでなくコース上にあらかじめ出現位置が設定されており、集めるごとに最高速がわずかに上昇する。
コインは最大10枚まで貯める事ができ、スリップクラッシュコースアウトしてしまうと減少する。(スーパーでは効果はないが11枚以上ストックすることはできる)
マリオカート8DLCコースではコラボに合わせてルピーやベルになっていたり、F-ZEROのように補給できる仕掛けがある。
コインを集めるバトルルールミニゲームがあることもある。
ツアーでもアイテムとして出現する場合はあるが、入手すると即座に使用され(コインフィーバーした場合を除く)、コイン限にストックできる。ただし、ツアーでのコインソーシャルゲームらしく「単なる一種の通貨」でしかないため、何枚集めても最高速は上がらない。
また、コース上に落ちているコインの一部が緑色(VSツアーを除く一部イベント)や、VSツアーで選択したチームカラーボーナスメダルに変化している場合もあり、そのイベント中ではアイテムボックスからコインを入手した場合にコインの代わりにこれらのボーナスメダルが入手できる場合ももちろんある。

ダッシュキノコ / トリプルダッシュキノコ

間的に超スピードを得られるキノコ。かつては正式名称が「キノコ」そのままだった。初代で初めて入手したときは「CPUが操作するキノピオピーチが使ってくる、当たると小さくなってしまう(逆に小さくなった状態で当たると元の大きさに戻る)毒キノココース上に仕掛ける」アイテムを想像した人も少なくないはず(編集者自身もその1人)。
ターボダッシュしている間はダート視する事ができ、ダートを通過するショートカットに使用できる他、ダブルダッシュ以降ではうまく使えばトゲゾーこうらの回避にも使えてしまったりする。
トリプル版はそのまま三回使えるダッシュキノコアドバンスではタイムアタックでのみ登場。8ではこうらのように周囲を回転するようになり、ライバルに触れられるとキノコを取られることこそないが相手がスピードアップしてしまう。
また、ツアーでのトリプルダッシュキノコは使用すると3つあるキノコ一気に使ってしまうので注意。

パワフルダッシュキノコ

一度使い始めてから一定時間が経つまで何度でも使用できる色のダッシュキノコ
DDではスペシャルアイテムの一つ。

羽根

大きく飛び跳ねるアイテム。攻撃の回避だけでなく、コースサイドブロックを飛び越えて大幅ショートカットもできる。
8デラックスではバトル専用アイテムとして復活。飛び越えや回避だけでなく、ライバルの上を通過することで相手のふうせんをめ取ることもできる。

スーパースター / スター

一定の間、最高速と加速の性が向上し無敵になる。また、スターを使用中にぶつかると一方的に相手をクラッシュさせる事ができる。さらに、一切ダートも受けない。
ツアーではフィーバー仕様に取って代わられたせいか、マルチプレイフィーバーなし(アイテムが1つ/2つに制限されるルール)のレースでしか出現しなくなった。

キラー

ある程度の間無敵キラー変身し、自動でコースを駆け抜けるアイテム
順位が上がるにつれて残り時間の減りが大きくなる。
ツアーではアイテム入れ替え(アイテムボックスを新たに取得すると同時に持っていたアイテムを全て自動で使う)設定をオンにしていても、キラー発動中にアイテムボックスを取得してもキラーとそれよりも右側にストックしてあるアイテムを捨てることができない(キラーフィーバーした場合を除く)ため、アイテムが2つ以上のルール/キャラクターではキラーが一番右以外のに来てしまうとかえってになることもあることに注意。
逆にキラーフィーバーすると、フィーバーアクション64版トゲゾーこうら1位以外の先行も狙うようになったような、こちらも無敵(キラー/スター/フィーバー)状態にならないと防ぎようのないキラーを発射して先行を次々にクラッシュさせることができて、状況によっては最下位から1位に躍り出ることも容易にできてしまうため、マルチプレイフィーバーありのレースではバランスブレイカーとなっている(もっともキラー自体の出現率が低めなため、それが3つそろう確率の低さは想像に難くないのが救いか)。

きょだいキノコ

巨大化してスピードアップしつつ、ぶつかった相手をペシャンコにできる。
バナナやこうらなどにはビクともしないが、スターキラーには負ける。
ツアーではサンダーを含むあらゆる攻撃を1度だけ防いでくれるが、攻撃を防ぐと(バナナやこうらを受けても)強制的に元の大きさに戻ってしまう。また、巨大化状態でもサンダーなどで小さくなった相手以外は踏みつぶすことができない(巨大化状態で通常の大きさの相手に体当たりすると吹き飛ばしになる)点にも注意。

スーパーこのは

定時マシンからしっぽが生える。
アイテムボタンを押すとしっぽが一回転し、周囲のアイテムや相手をふき飛ばす。

パックンフラワー

マシン前方にパックンフラワー植木鉢が現れ、前方のバナナコインマシンに噛み付いて一時的に加速する。ゲッソーすら食べてしまう上、アイテムボタンを押すことで何もないところを噛み付いて加速できる。
バトルルールパックンvsスパイ」では追う側は常にパックンがくっついた状態となる。

サンダー / イナズマ

全てのライバルカミナリを落とし小さくする。
カミナリに打たれて小さくなってしまうと、最高速が大幅に減少し、近年では通常以上の大きさのカートに轢かれるとペシャンコになってさらに遅くなる。
カミナリを防ぐ方法はスターなどで無敵状態になる他にきょだいキノコ巨大化ハートなどが挙げられるが、熟練者はそれらの効果が切れた間を狙ってくるため、対人戦でカミナリを防ぐ方法はないに等しいといってよい。
ダブルダッシュ以降はカミナリに打たれると持っていたアイテムを全て落としてしまう効果が加わり、近年では小化からの復活時間に(使用者との順位差or距離に応じて)差ができるようになった。
また、細かい変更点ではあるが、DS以降は小さくなっている間のBGMにうねったような音の変化が加わるようになった(ダブルダッシュ以前はBGMは音量が小さくなるだけだった)。

カミナリぐも

手に入れたキャラクターの頭上に自動的に出現する。頭上にある間は加速と最高速が上昇するが、時間が経つとカミナリを落としてしまう。
他のカートにぶつかると相手の頭上に移動するので、カミナリが落ちる前になすりつけるのがよい。

テレサ

使用すると一時的に透明になり、バナナなどの攻撃アイテムやある程度の障物をすり抜ける。同時に、他のキャラクターが持っているアイテムを奪ってくる。ただしキノコスターとは異なりダートはしっかり受けるので注意。

ゲッソー

自分より上位のキャラクターイカまみれにして視界をさえぎる。トゲゾーこうらと同様、自分が1位のときに使うと自分自身に来るので注意。イカまみれのCPはやや行するようになる。
マリオカート8からはグリップが低下するようになった。
効果時間は近年のサンダー同様、使用者との順位差or距離に応じて変化するが、イカダッシュすればミニターボでも吹き飛ばせる他、ツアーでは消しゴムの要領で端末の画面をこすることでも消すことができる。
ただし、ゲッソー自体の撃退方法は先述のパックンフラワースーパークラクションを使うしかない(ツアーでは前者は現状実装されていないので後者のみとなる)ので一応注意。ゲッソー自体を撃退するのにスーパークラクションを使うぐらいなら、イカ攻撃はあえて受け、ダッシュなどですぐに吹き飛ばしたほうが良い。

POWブロック

全員を振動でスリップさせる。振動は三回あり、3回タイミングよくジャンプすれば回避できる。

ラッキー7 / ミラクル8

一度に7つのアイテムが手に入る勢なアイテムセット内容はバナナミドリこうら、アカこうら、ダッシュキノコボムへいスターゲッソーの7つ。ミラクル8はこれにコインが加わっている。ほとんど誤差である。
アイコンは7、8それぞれのロゴから採られており8デラックスでもアイコンが変化した。
アイテムはトリプルこうらのように回転しており、キャラクターの正面にあるアイテムが使用されるので、押しで使用するアイテムを選択できる。
中にボムへいが含まれているので誤って進行方向に投げて自爆したり、接触によって爆発することもあり、場合によってはスターめ取られてから爆発して自分だけクラッシュするのであるのでアンラッキー7、欲自爆セットなど不名誉な名前で呼ばれることもある。
設定でアイテムを一種類のみにしている場合同アイテム7つのラッキー7が出現する。
ラッキー7はツアーでも登場する(セット内容はバナナミドリこうら、アカこうら、ダッシュキノコボムへいゲッソースーパークラクション。キャラクターレベルが上がるとさらにコインが追加)が、フィーバー状態でないときに使用すると残っているアイテムを全て一度に使うので、アイテム同士の相殺ボムへいによる自爆に注意。また、ラッキー7でフィーバーした状態で1回使うとランダムorプレーヤーの正面にあるアイテムを1つだけ使用するので、フィーバー中は無敵であることも利用して連射するのが良い(これは他のアイテムフィーバーした場合でもいえる)。

スペシャルアイテム(スペシャルスキル)

マリオカート ダブルダッシュ!!に登場する特殊なアイテム。基本的には対応するキャラクターを使用している時だけ入手できるアイテムスペシャルアイテムごとに出現する範囲は異なる。
キングテレサボスパックンのみ専用のスペシャルいが、低い確率で全てのスペシャルアイテムが出現する。
マリオカート ツアーで「スペシャルスキル」として久々に復活した。

ファイアボール

マリオルイージスペシャルアイテム。扇状に5つのボールを同時に投げる。
後のファイアフラワーの攻撃と性質が似ている。

クッパこうら

クッパクッパJr.スペシャルアイテム。巨大なクッパのこうらで、ミドリこうらのようにで跳ね返り、時間or距離以外で壊れることがなく、いかなるライバルアイテムも貫通する。その代わり、アカこうらやミドリこうらと異なり前にしか投げられない
ツアーではキャラクターレベルに応じてサイズ若干大きくなり、正確性ではアカこうらに大きく劣るが追尾機も加わる。

ジャンボバナナ

ドンキーコングディディーコングの巨大バナナ
何かがぶつかると普通バナナ3つへ分裂する。
ツアーではキャラクターレベルが上がるとさらに大きくなる他、分裂する本数も増えていくため、ジャンボバナナフィーバーすればスコアを荒稼ぎすることも可(ただし、1周に発動した場合は2周に自分が踏んでしまうことがないよう注意)。

ハート

ピーチデイジースペシャルアイテム。身を守るように2つのハートが周囲を回転し、バナナやこうらにぶつかるとそれを2回まで回収して効化する。
回収したアイテムは自分で使用することができる。
ツアーでは受けたアイテムを自分で使うことはできない代わりにサンダーからも身を守ってくれる

ヨッシーのたまご / キャサリンのたまご

アカこうらのようにホーミングするたまご
ヒットしたり一定時間経つと割れて中からキノコバナナなどが飛び散る。

ワンワン

ベビィマリオベビィルイージスペシャルアイテム。使用すると専用BGMと共に何もかもをなぎ倒して自動で走る無敵ワンワンカートの前に繋いでカートを引かせる。時間が経つと鎖が切れるが、ワンワンはそのままある程度コースを走る。前述のようにワンワン無敵だが引っられているカート側は無敵ではないので何らかの攻撃を受けてしまうとその時点で鎖が切れてしまうので注意。
効果は後のキラーに近いが、こちらはワンワンに引っってもらうのでかなり振り回される。

ダブルボムへい

2つのボムへいカートの周囲を回る。投げる時は一気に2つ投げる。
ツアーではキャラクターレベルが上がるとボムへいの数が1個増え、「トリプルボムへい」となる。

シャボン

定時間、カートを包んでダメージから身を守ってくれる。包まれている間はスピードが上がるが、一切のアクションができなくなる。一定時間が経つかダメージを防ぐとわれて消える。

バナナバレル

バナナが入ったバレルを左右に装備し、一定時間、カートの前方にバナナを発射し続ける。発射されたバナナを自分で踏んでしまった場合も当然スリップしてしまうので、取扱注意。

キノコたいほう

キノコデザイン大砲を装備し、一定時間、カートの前方にダッシュキノコを発射し続ける。ただし、発射されたキノコライバルも拾って使うことができるので注意。
ツアーではキャラクターレベルが上がると発射間隔が長くなる代わりにグラディウスシリーズにおける「3-WAY」のように3つ同時に発射されるようになる。

ダッシュリング

ぐるとダッシュで加速できるリングが設置される。ただしライバルもくぐれる。

アイスフラワー

ツアーで初登場。言ってしまえばファイアフラワーの氷版だが、アイスボールを食らうと一定時間の間氷漬けになり、一切のアクションハンドル操作が利かなくなる(ツアー仕様コースの柵のないところから落ちることがないが)。

コインボックス

ツアーで初登場。コインを前方にバラまきまくる気前のいいアイテムキャラクターレベルが上がると1枚で通常のコイン2枚分となる赤コインが混じるようになる。当然、バラまいたコインを自分で拾い上げることも可なため、ペナントレースでの公式チートアイテムスコア狙いにはほぼ必須のアイテムとなっているが、相手を直接攻撃できるものではないため、対人戦では大ハズレアイテムと化す。

ボムへいキャノン

ツアーで初登場。文字通り一定時間中ボムへいを一定間隔で発射する大砲
キャノンで発射されたボムへいは着弾すると即座に爆発するので、通常のボムへいと異なりプレーヤー自身が巻き込まれることはほとんどないが、前にしか飛ばせず飛距離も限られているので、状況やプレーヤー自身の腕前によっては大ハズレアイテムと化す。

ハンマー

ツアーで初登場。名前や見たこそハンマーだが、初代ドンキーコングにあった「ハンマー状態」になるわけではなく、数本の小さなハンマー(「ハンマーブロス武器として投げてくるもの」といえばわかりやすいか)を投げつける。
ガードにも使えるが、アイテムライバルガードすると一発で消えてしまうので、(状況にもよるが)基本的には使える状態のうちに使ってしまったほうが良い。

ギガボムへい

ツアーで初登場。クッパこうらと同様に前にしか投げられないが、投げると不規則にバウンドしながら突き進み、先行に当たるか一定回数バウンドした後に大爆発を起こす。先述のボムへいキャノンと同様、状況によっては大ハズレアイテムとなりやすい。

スーパーベル

ツアーで初登場。スーパークラクションの上位互換的なアイテムであり、使用すると数回にわたって強衝撃波を周囲に放ち、あらゆるアイテム攻撃を効化してくれる。
キャラクターレベルが上がると、衝撃波放出回数と持続時間が増える。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

マリオカート
ゲーム 初代 - 64 - アドバンス - ダブルダッシュ!! - DS
Wii - 7 - 8 - ツアー - ホームサーキット - アーケードグランプリ
コース マリオサーキット - クッパキャッスル - レインボーロード
ルイージサーキット - ノコノコビーチ - カラカラさばく - シャーベットランド - ワリオスタジアム
ピーチサーキット - スカイガーデン - ワルイージスタジアム - ルイージマンション - DKジャングル
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/30(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/30(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP