マルフク 単語

17件

マルフク

2.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マルフクとは、かつて存在した貸業者。地にの円形マークを配した看板で知られるあの会社である。

概要

1975年大阪にて電話加入権を担保とした貸業として出発。

固定電話回線の開設には「施設設置負担」を支払う必要があるが、当時はそれなりに高額であった(例えば、固定電話普及率が著しい上昇を見せていた1970年代は8万円の設定)。

負担による加入権を借のカタとするのが電話担保融で、マルフクはこれを基幹事業としていた。

動産を担保とするため質権が設定され、弁済されない場合には貸付側の所有となり他者に販売される。あるいは当初より買い入れる場合もある。設置時期の古い看板に「電話のうりかい」などと表記されていたのはこのことによる。

平成期に入ると、携帯電話の普及等で相場が下落したほか、負担自体も大幅に値下げされたため加入権の価値は低下。100万円を限度とする少額融資の消費者融業へと衣替えし再建を図るも、現在業済みである。

マルフク看板

かつては全に営業所を構えたことから、各地の戸建住宅の塀や面、納屋に看板が掲げられ、その認知度はキリスト看板双璧をなす(多分)。

デザインは大きく初期、中期、後期の3つに分類できる。

上記はいずれも年代、場所により文言に差異がある。その他、縦観に配慮した反転京都向け)、サイズや材質違いなどバリエーションに富み、変わったものでは看板も存在した。

写真を多数掲載しているファンサイトやブログ記事も存在し、他のホーロー看板よろしく一定数マニアがいるようだ。ヤフオクでもまあまあな値段で取引されている。

漫画ゲーム世界では、並みを表現する要素の一つとして類似の看板が登場するケースもある。

公式サイト

これは、かつて存在した公式サイトexitトップページ上部に掲載されていた怪文書である。

即日振込キャッシングのマルフクホームページ。全174店舗・お問い合せ先案内、モバイルサービス、ご返済シミュレーションキャンペーン、キャッシングQ&A;等。maruuku,maruuku,maruuku,マルフク,マルフク,マルフク,,まるふく,まるふく,まるふく,丸福,丸福,丸福,ウェブマルフク,ウェブマルフク,ウェブマルフク,029,029,029,Web029,Web029Web029,ウェブ029,ウェブ029,ウェブ029,消費者融,消費者融,消費者融,キャッシング,キャッシング,キャッシング,融,融,融,消費者ローン,消費者ローン,消費者ローン,ローン,ローン,ローン,ファイナンス,ファイナンス,ファイナンス,クレジット,融資,クレジット,融資,クレジット,融資,借入,借入,借入,借り入れ,借り入れ,借り入れ,,借入れ,借入れ,借入れ,お金,お金,お金,マネー,マネー,マネー,振込,振込,振込,振り込み,振り込み,振り込み,振込み,振込み,振込み,即日振込,即日振込,即日振込,即日融資,即日融資,即日融資,テレホンキャッシング,テレホンキャッシング,テレホンキャッシング,スイング,スイング,スイングインターネットキャッシング,インターネットキャッシング,インターネットキャッシング,ネットキャッシング,ネットキャッシング,ネットキャッシング,ウェブキャッシング,ウェブキャッシング,ウェブキャッシング,モバイルキャッシング,モバイルキャッシング,モバイルキャッシング,携帯キャッシング,携帯キャッシング,携帯キャッシング,振込ローン,振込ローン,振込ローン,担保,担保,担保,担保融資,担保融資,担保融資,利息,利息,利息,利率,利率,利率,プレゼント,プレゼント,プレゼント,懸賞,懸賞,懸賞,賞品,賞品,賞品,お試し審,お試し審,お試し審,お試し,お試し,お試し,会社概要,会社概要,会社概要,会社案内,会社案内,会社案内,会社案内,採用情報,採用情報,採用情報,中途採用,中途採用,中途採用,通年採用,通年採用,通年採用,通年採用,通年採用,通年採用,貸業者,企貸業者,貸業者,業情報,業情報,業情報,事業案内,事業案内,事業案内,会社情報,会社情報,会社情報,人,人,人,採用,採用,採用,入社,入社,入社,内定,内定,内定,学生,学生,学生,雇用,雇用,雇用,職,職,職,新卒,新卒,新卒,中途,通年,中途,通年,中途,通年,貸業者,貸業者,貸業者,企業情報,企業情報,企業情報,事業案内,事業案内,事業案内,会社情報,会社情報,会社情報,人,人,人,採用,採用,採用,入社,入社,入社,内定,内定,内定,学生,学生,学生,雇用,雇用,雇用,職,職,職,新卒,新卒,新卒,中途,中途,中途,通年通年通年

儀にフォントサイズ1pt、文字色=定、という隠せていない隠し要素として掲載されていた。

SEO対策の文章だということは理解できるが、何故metaタグで埋め込まなかった[1]のか、同じキーワードが複数回に渡って繰り返されている[2]のか。今となっては永遠のである。

関連項目

脚注

  1. *のちに検索結果にはしないものとして重要視されなくなった。
  2. *同一キーワードの羅列は意味であり、過剰な反復はスパムと見做される場合もある。
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/27(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/27(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP