マンドラゴラ単語

マンドラゴラ

1.0千文字の記事
掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マンドラゴラとは、

  1. 本名:マンドレイク欧州から中国にかけて自生する植物。根には神経が含まれている。おもに欧州伝説で知られてることが多い。伝説では根が人間の形をしており、引き抜くと世にも恐ろしい悲鳴を上げて、その悲鳴を聞いた人間は死んでしまうと言われる。
  2. デッドボールP作詞作曲初音ミクオリジナル曲。 → 動画記事参照
  3. FF11に出て来るモンスターの一種。かわいい。1が原典。 →マンドラゴラ(ファイナルファンタジーXI)

1・3の概要

魔法植物として、西洋の古典から現代のサブカルチャーに至るまで小説アニメ・ゲームなどで散々用いられるため、たまに実在しない伝説植物だと誤解されていることがあるが、マンドラゴラはナスナス科マンドラゴラ属に所属するれっきとした実在植物である。根っこには幻覚作用や身体麻痺を引き起こし、過食すれば死にも至る強い性があり、かつては用として利用されたが、現在その需要は全くない。この性により中世において魔術材料としてもしばしば用いられ、今日イメージを形作った。

また、マンドラゴラの根っこは細い根が複雑に絡み合って不定形をなしており、時にはそれが人の形にも見えることがある。またこの密集した根のために地面から抜くのが非常に難しく、理やり抜こうとするとメリメリと音を立ててちぎれてしまう。これが「人間の形をしており、抜くと悲鳴を上げる」という伝説の発想元だと思われる。

フィクション世界では魔法錬金術、不死の材料から媚、精剤までなんでもこなす万植物
とりあえずなんかすごい効果を持つものとして物語の作り手に多用される。
成熟すると根が足となりするようである。もはや何でもありか。 

ゲームなどにも登場する。なものとしてドラゴンクエストファイナルファンタジーモンスターハンターなど。
モンスターハンターにおいては活剤や秘材料になるためハンターから重宝されている植物
ファイナルファンタジーではモンスターの種族名・及びモンスター名。
らしきものがあり、外見はらしい(関連商品を参照)。 

2の概要

デッドボールだからアウトじゃない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/28(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/28(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP