今注目のニュース
常磐道あおり運転 カンニング竹山の痛烈批判に、ネットで同意の声
刀を片手にサイバーパンク世界をパルクールで駆け抜ける『Ghostrunner』正式発表。正体不明のAIと協力して支配者を倒す一人称視点アクションゲーム
たばこの値上げが認可 10月1日から「1箱10円アップ」

マンドラゴラ(ファイナルファンタジーXI)単語

マンドラゴラ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マンドラゴラ(ファイナルファンタジーXI)とは、ファイナルファンタジーXI(以下、FF11)に登場するモンスターの一種である。正確な分類は「プラントイド類マンドラゴラ族」。

概要

マンドラゴラ通称マンドラ。またはマンドラたん。

くて丸っこくて小さい体、頭のてっぺんから生えた双葉の芽、手(?)をバタバタさせる動作など、従来のファンタジー作品におけるマンドラゴラとは一線を画したらしさが売り。
しかしやはりマンドラゴラというべきか、尽きて倒れるときの断末魔は独特のものである。

一部、い体の個体も存在する。通称マンドラ

内部ジョブはモンクに設定されており、正面から攻撃するとカウンターを発動させてくる。この為なるべく側面、背後からの攻撃を心がけたい。

また、自身の周囲に睡眠効果をばらまく「夢想花」が得意技である為、後衛が範囲技に巻き込まれないよう距離をとったり、素い睡眠回復がカギとなる。一番手っ取りいのは範囲回復魔法である「ケアルガ」を叩き込むこと。(FF11では、なぜかケアルなどの回復魔法で睡眠が回復する。)

上位の個体になると、モンクらしく攻撃速度が容赦なくなってくるため、低レベル特定時期にしかレベル上げの対にはならない。逆に低レベルでは大人気で常に狩場は混雑している。

サービス開始当初から存在しているモンスターであるが、その設定や生息に関してはが多く、追加ディスクアトルガンの秘宝」でようやくその発生原因が判明したものの、いかにして昨今の大繁殖を遂げたのかは解明されていない部分も多い。

亜種

頭の芽がになった亜種、「リコポディウム」が存在する。通称リコポン。追加ディスクアルタナの神兵」で追加された。

プレイヤーが近づくと襲ってくるわけでもなく、しばらくプレイヤーの後を付いて来るという性質があり、よりらしさが増している。それ以外は通常のモンスターと何ら変わりない扱いのため、邪気に寄ってくるリコポン無慈悲り捨てることも可

正確には動くもの全てに追従すると言う習性が有るようで、リコポディウム同士が連れ添って歩いている姿も見る事が出来る。かわいい

なお、特定クエストクリアで得られる称号を身に着けている時のみ、周囲にいるリコポディウムがPCリジェネ技を使ってくれるようになる。

その他

ある年の正月イベントの一環として、「Ake」と「Ome」という名前の2体のマンドラゴラ中に出現した。頭には芽でもでもなく、ミカンが乗っかっていた。
名前はおそらく、「あけましておめでとう(略してあけおめ)」から、ミカンが乗っていたのは鏡餅を模してのものだと思われる。

FF11外への進出

ファイナルファンタジーXII」「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」「ドラゴンクエストファイナルファンタジーinいただきストリート」「ディシディアファイナルファンタジー」「モンスタードラゴン」「ドラゴンクエストX」にも登場している。
特にFFXIIでは、製作がマンドラを出したくてしょうがなくてFF11開発に頼み込んだと言う逸話があるほどで、様々な色のマンドラたんを見る事が出来るのが話題になった。

また関連グッズもいくつか発売されており、もしかしたら近い将来、チョコボモーグリなどと並ぶスクウェアエニックス旧スクウェア)のマスコットキャラクターになるかもしれない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP