マンネリズム単語

マンネリズム

掲示板をみる(74)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マンネリなんかは何のその!
(「ドロンボーのシラーケッ」より) 

マンネリズム (mannerism)とは、思考の観念から考えた場合逸脱できていない状態。日本ではマンネリとも。

概要

マンネリズムは同じことを繰り返したり、同じ動作を繰り返したりする事である。元は礼儀作法などに対して使う言葉。近世ヨーロッパの様式で、 現在では前後に出てくる単を否定する意味を持ち「いつも同じ」「結果が予想できる」「魅性を感じい」「単調」「時代遅れ」などの使い方をされることもある。 マスメディアでは消費者にマンネリと取られると減りしていくためか避けられるが、それをえると長期安定したりワンパターン化を恐れすぎた変更が悪化の現を辿る例も多くある。

「偉大なるマンネリ」

アニメ時代劇などの創作劇が毎回毎回全にワンパターンで展開されているのに、何故か高視聴率を獲得し民的な支持を得ている事に対して贈られる賞賛の言葉?何のことだ?
実際、こういう作品の最後は決まって必ず「正義が勝つ!」という物であり見続けて退屈に感じてくるかもしれないが、ストーリーよりも登場人物たちの活躍に重点を置いているという見方も出来なくはない。
また、パターン確立化されているからこそ、時折展開されるパターンの檻から外れた話(いわゆる「パターン崩し」)が強く印に残るという側面もあると思われる。 

mannerism(ルネサンス)

1520年~1580年頃にあったマンネリズムが一番有名である。上のマンネリズムのミケランジェロ・パラディオ・フォサードなどが知られる。美しさを基本を追求する分野に対しその言が送られた。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP