今注目のニュース
ナイナイ岡村隆史(49)が選ぶ今年の漢字が闇過ぎると話題に
石田ゆり子が“今年の漢字”発表「目覚めた」
再現度すごすぎひん? ダイソーの「チョコクロワッサン」チロルが話題、見つけたら即ゲットを!

マーガリン単語

マーガリン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マーガリン(margarine)とは、植物油脂・動物油脂を加工して食乳化剤などを加えて作る食品の一種。日本ではJAS規格で「マーガリン類のうち、油脂含有量が80%えるもの」と定義されている。

曖昧さ回避
  1. 熊本ローカルタレントスザンヌ実妹で、本名・山本央。
  2. 声優浅倉杏美非公式での称。命名者は中村繪里子

概要

高価なバターの代用として作られた食品であり、ナポレオン3世時代のフランスで、戦争によって不足したバターの代用品として開発されたのが始まりである。かつては人造バターとも呼ばれていた。食品としての「マーガリン」、およびマーガリンに含まれる成分(脂肪酸)「マルガリ」の名は雲母(margarite)に由来する。

牛乳から作るバターに対し、マーガリンは精製加工した動物性・植物性油脂に製品、食ビタミンなどを添加して作る。かつては原料として脂や脂がに用いられていたが、現在では植物油脂を硬化(水素添加)して作る製法が流である。上述の通り日本で「マーガリン」の名称を用いることができるのは油脂量が80%えるものだけであり、その他の「マーガリン類」は「ファットスプレッド」に分類される。「○○ソフト」などという商品名になっているものはほとんどがファットスプレッドである。

食べ方としては、パンに塗る、お菓子作り材料など、バターが用いられる様々な用途に代用されるが、一般的に味は本来のバターに劣る。脂肪から作ったバターブレンドするなどして、味を良した製品も最近では見られる。

植物油から作られている」ということから、かつては健康によいイメージも持たれていたが、実際には若干バターよりカロリーが高い。また、水素添加による硬化を行うことによって発生するトランス脂肪酸が心疾患のリスクを高めることも知られており、アメリカなど一部のでは食品に含まれるトランス脂肪酸について規制が設けられている。

日本では、欧べて脂肪の摂取量自体が少ないこともあって、特にトランス脂肪酸に関する規制はないが、一部の生産者はトランス脂肪酸の発生しにくい製法を用いた製品を導入している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 76ななしのよっしん

    2019/10/14(月) 19:56:05 ID: TUDf8rYodj

    もまいら論文読んで

  • 77ななしのよっしん

    2019/11/03(日) 23:56:01 ID: goPjk3b/qN

    ガイジに量の概念なんかわかるわけねーじゃん
    1か0の世界に生きてんだぞ

  • 78ななしのよっしん

    2019/11/10(日) 05:21:22 ID: MrdoRAFIIy

    健康に悪いから買わない方がいいって言って世間に通用すると思ってる経済的に恵まれてるんだろうなと思う
    マーガリンより数倍高いバター日常的に使えるはそんなに多くない

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP