マーベラスクラウン単語

マーベラスクラウン

2.4千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マーベラスクラウン とは、日本の元競走馬
日本においてしい存在であるせん馬として二頭のGⅠである。 

概要

ミスタープロスペクター系としては長距離に適応し、凱旋門賞Urban SeaやBCクラシック勝ちブラックタイアフェアーらを輩出、としても素晴らしいMiswakiニュージーランドオークス勝ちのある輸入モリタという血統。
1993年新馬戦を快勝後、もみじステークスでビワハヤヒデエリカ賞でワコーチカコと互の勝負をするなど素質は素らしかったのだが
気性難故のロスで負け続け、調教ジョッキー南井克巳をしばしば振り落とすなどしたため、馬主去勢を決断した。こうして、彼のとしての未来は絶たれたのであった。
手術後復帰まで1年間かかったが、復帰後は条件戦ポンポンと三連勝しオープンに上がるなどその才を開させた…かに見えたが、重賞戦線では善戦止まりとなってしまう。
鳴尾記念2着、金杯2着、日経新春杯4着、マイラーズカップ2着、大阪杯6着と立て続けに惜敗してしまう。
相手もノースフライトネーハイシーザーといった強相手の負けもあったが、ルーブルアクトやムッシュシェクルなど重賞止まりのにも負けていたので
ここまではまだ相手なりに走るでしかなかった。その拠に大阪杯金鯱賞こそ勝ち重賞勝利を挙げるが、その次走高松宮杯ではなんとナイスネイチャに負けたりしている。 
イチャが弱いってわけじゃないが、ネイチャは重賞で連敗続きであり、この勝利1991年12月鳴尾記念以来となる2年半以上ぶりとなる勝利である。そして生涯最後の勝利でもあった。なんだかなあ。

そんな彼だが、1994年は充実の時となる。まず京都大賞典を快勝し、せん馬の最大標ことジャパンカップへ向かう。
海外は前年来日したコタシャーンやスターオブジーン戦を繰り広げた名中距離パラダイスクリーク、
ブラジルから移籍しての新エースになった逃げSandpit1993年フランスダービーHernando、 1992年のBCターフ勝ちフレイズらが顔をえるというメンツであったが
対する日本はマーベラスクラウン(ジリ脚)、フジヤマケンザン(来年香港海外重賞勝つなんて当時は考えられなかった)、ナイスネイチャロイスアンドロイスマチカネタンホイザの善戦マン三人衆(タンホイザ鼻血ブーで出走取消)
という、競馬ファンもがっかりなメンツであった。
この年の三冠馬ナリタブライアン有馬へ、前年のクラシックホースは怪と不調でアウトという事情もあったが。
ファンとしても海外にどこまで信を置いていいやらわからず、混沌とする中マーベラス自身は6番人気に推された。一番人気すら4.5倍という混沌であり、10.6倍でここはまあ妥当なところである。
レースフジヤマケンザンハナを切るが、いつもハナを切って行く一番人気Sandpitが焦れて途中でハナを切る展開になる。
そして直線、焦れた分Sandpitの勢いが止まり、先行したマーベラスクラウンが抜け出しを図るがパラダイスクリークとなぜかロイスアンドロイスすごい勢いで猛追。内マーベラスん中パラダイス・外ロイスの叩き合いになった。
外からロイスが一先頭に立ったと思ったら失速気味になり脱落。代わってパラダイスが抜け出しかけるがマーベラスが食い下がり、最後の二歩で差し返し1着でゴールに飛び込んだ。
この勝利トウカイテイオーからの日本ジャパンカップ三連勝、そしてレガシーワールドとのせん馬による同一GⅠ連覇という快挙を成し遂げたのであった。
せん馬絡みの記録はもう日本ではなかなかおにかかれないであろう。これ以降もGⅠを勝ったのはマイルチャンピオンシップのトウカイポイントフェブラリーステークスノンコノユメくらいだし、
JGⅠに広げても日本ではJGⅠ連覇のブランディスや、中山大障害を制したものの共に現役中に亡くなったメルシータカオーとシングンマイケルくらいである。近年は再び増えてきたものの、一時期はせん馬をほとんど作らなかった日本で、レガシーマーベラスがこうも活躍したのは黄金期故の、ある種の奇跡なのかもしれない。ん?カラジ?外です。

かしこ勝利の栄の後、脚を痛めた彼に再び栄かなかった。一復活気配もあったが再び脚部不安を発症し南関東に移籍するが
移籍二戦で競走中止の憂きにあった。幸い命までは取られず事?引退北海道で功労として暮らす余生を送るが、2007年6月に亡くなった。享年17歳であった。

余談

1994年ジャパンカップにはGrand Flotillaという7歳が出走していた(ナイスネイチャと8着同着)のだが、そのモリタ。欧州時代に産んだ、マーベラスだったのである。
兄弟対決がGⅠでというだけなら、近年でもダイワメジャースカーレット兄妹い踏みするなどそこまで特筆するほどしくもない感じもあるのだが…
なんともう一組兄弟対決があった。4着Hernando()と12着Johhan Quatz()が兄弟だったのだ。
兄弟二組はめったにないことであり、その点からしてもこのジャパンカップは非常に稀な事が起こったと言えよう。

もう一つ、B'zの11枚アルバム「ELEVEN」のジャケット栗毛B'z Elevenというジャケットを飾っているのだが
これ、実は彼が勝った1994年ジャパンカップ写真を加工して使っているのである。
ちなみにこのジャケットではマーベラス…もとい、B'z Elevenは独走していてパラダイスクリークやロイスアンドロイスは見当たらないのだがCG加工で消されている。カワイソス。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/22(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/22(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP