ミオリネ・レンブラン 単語

177件

ミオリネレンブラン

8.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミオリネ・レンブランとは、テレビアニメ機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物。

CVLynn(りん)

概要

アスティカシア高等専門学園の経営戦略課2年。学籍番号LS001本編開始時の年齢16歳。第17話より17歳

長い銀髪タイツが特徴的な、一見げな公式美少女。学園理事長かつベネリットグループ総裁、デリング・レンブランの実であり、有子息の多い学園生徒の中でもトップTierの御曹子。幼い頃に母親とは死別している。

常に父親の意向が付いて回る私生活の息苦しさに耐えきれず、の話に聞いていた地球へと脱走を試みるが、ちょうど学園を訪れたところだった編入生、スレッタ・マーキュリーに見つかったことで失敗してしまう。だがその後スレッタに対し、っ向からの意向を覆すための協関係を(半ば一方的に)結ぶことになり、スレッタと婚約する。

資料集『The Report of 機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season1』において母親ノートレットアーシアンであることが明かされており、スペーシアンアーシアンハーフということになる。

人物

本作品のメインヒロインにしてもう1人の主人公あだ名はミオミオ。

その一見げな外見とは裏に、非常に気が強く口も悪い。また行動がとても高く、時には独断で大立ち回りするなど、手段も選ばない。当人はデリングを「上から一方的に決めてばかり」と反発しているが、血筋かその背中を見て育ったがゆえか、良くも悪くもワンマンリーダータイプとしての気質はきちんと受け継がれてしまっている。またグループ総裁にのし上がった同様に才気に溢れており、学業には親の七光りを一切必要としていない。専門外のパイロット科の講義内容ですら一で理解してレジュメしてしまうほど。

一言で言えば「自分の思い通りにならないとその場はヒステリックになるが、地頭ですぐ状況分析して最適解を見つけ、他者の心持を考える事はないまま、独断即決で解決策を投じる」というのがミオリネの行動原理で作中一貫している。やはり子である。

人当たりが良いとは言えないミオリネだが、生来の才気もあって物事をフラットかつ論理的に見るタイプで、よく言えば偏見思い込みがなく未知の分野への興味も深い。そういった気質や母親もあってか、宇宙居住者(スペーシアン)にありがちな地球出身者(アーシアン)への差別意識がない(重要な事として、本作キャラに多い"どちらかに肩入れしている"という贔屓すらほぼい)のは特徴的。
そういった背景もあってか、何かにつけてスペーシアンに因縁をつけていたチュアチュリー・パンランチには逆に「あなたも変わらない」と一蹴した。

現在アスティカシア学園では「MSでの決闘で物事を決める」習が設けられているが、最も強いパイロット”ホルダー”はミオリネの婚約者としての権利(=ベネリットグループの次期総裁補)を有するというルールデリングによって定められている。こうした実質的な「トロフィー」扱いと自身の孤高かつ苛な言動により、友人と呼べる存在はゼロ。寮にも入っておらず、普段不在であるデリングの理事長室を占拠し、そこで生活+室内栽培をしている。

植物の栽培が趣味らしく、菜園でトマトなどを栽培している。グエルからは「地球真似事」呼ばわりされているあたり、地球への憧れからの趣味らしい。幼少期にはピアノを習っていたらしいが、デリングに止めさせられたとのこと。

ちなみにスレッタに自分のドレスを貸した際に「胸がきつい」とナチュラルに煽られていた。

人物関係

先述の通り、スレッタと出会うまでは友人と呼べる存在は皆無であり、スレッタ当人に対しても当初は「意に添わぬ相手と結婚させられるのを防ぐためのビジネスライクな関係」という立場だった。だがその関係には摯であり、時には自分の利益を捨ててでも、スレッタの窮地を救っている。
スレッタの人物を知るにつれて私生活でも徐々に心を開いており、彼女の幼い振る舞いには閉口しつつも態度は軟化。スレッタの「逃げたら1つ、進めば2つ」という言葉に感化され、これまで逃げてばかりだった自分の運命に立ち向かうようになる。

スレッタ地球寮入りすることになった後は、ミオリネも地球寮に入り浸ることが多くなった。良くも悪くも裏表のない性格ということもあり、後にGUND-ARM Inc.を設立する際に地球寮生を強引に社員として採用した時も、多少の反発こそあれ最後は皆が従った。チュアチュリー・パンランチからは「クソスペーシアン」の一人と見なされていたが、後に認識をめ「クソスペわがまま女」と再評価されている。

物語開始時点ではグエル・ジェタークがホルダーだが、当時のグエル全に天狗になっており、ミオリネをただのトロフィーと見なしていたため、関係は最悪だった。なお、後にグエルスレッタとの決闘敗北したことで当時の蛮行の謝罪をしている。

シャディク・ゼネリとは幼少期からの腐れ縁。かつては勝手に2人で事業コンペに案を提出した(通ってしまい、に怒られた)仲だったが、現在距離を置いている。シャディクとしてはミオリネを大切に想っていたのだが、大切にしすぎて胡散臭く回りくどい対応に終始したため、ミオリネの不信を買ったのが原因である。スレッタと関わることで変わりつつあるミオリネについては「残念だ」と評している。

スレッタであり、となるプロスペラ・マーキュリーとは表面上は友好的に接してはいるが、パーティで出会った際に挑発的な圧をかけられ、さらにスレッタ母親に対する従順すぎる態度から子関係の異常さに一定の疑念を持っている。その後、スレッタへの扱いに対して直接抗議をするが、逆にプロスペラに言いくるめられ、罪過の輪へと引きずり込まれてしまう。

能力

2年生ながら経営戦略課の成績トップを維持している。高い記憶と状況判断を持ち、とっさのアドリブにも優れる。違いの整備・観測作業も、各種マニュアルを一晩足らずで暗記してワンオペ作業をこなせる。

一方、流石機械類の操縦自体は不得手。電動スクーターは停時に勢い余ってスピンし、作業用ビルクラフトは始動時と停止時に何度もにぶつけ、MSは歩かせるのがやっと、というレベル

室内栽培の腕はよいらしく、スレッタ彼女トマトをおいしいと評している。だがそこで手一杯になっているのか、整理された栽培区画とは裏に、居住スペースの隅っこにはカップ麺ペットボトル等のごみが乱雑に放置されており、汚部屋と化している

GUND-ARM Inc.設立

第7話でインキュベーション・パーティに参加した際、1人で行動していたスレッタペイル社に嵌って「魔女狩り裁判」を受けてしまう。そのとき突如舞台に登壇したミオリネは咄嗟に「GUND-ARM Inc.株式会社ガンダム)」の設立を提案。ここでこれまで反発し続けていたデリングに頭を下げたことで投資を受けることができ、若干16歳にして女社長となってしまう。この出来事は彼女の周辺に大きな変化をもたらしたに留まらず、表向きはガンダムに反対していたデリングガンダムに賛同したことになり、ベネリットグループが大きく揺れ動く事態へと発展する。

婿スレッタとの関係は、お互いにかけがえのない大切な存在となっていたが、2人ともがコミュニケーションに乏しく、対人関係が下手くそなこともあってすれ違いが生じるようになっていた。しかし、第11話で自分から逃げようとしたスレッタの捕獲に成功すると、抱き合いながらお互いの気持ちを伝え合い、スレッタに対して「ずっとそばにいて」という素直な気持ちを吐露するのであった。部屋週2回掃除してとかメールは1日3回送ってという面倒くさい要望もしていたが・・・。

デリングとの関係は、相変わらずぎこちないものの、ビジネス上とはいえまともに会話できるようにはなっており、デリングから褒められた際には嬉しそうな表情も見せるなど、少しずつだが変化が生じていた。

一方的に社員として巻き込む形となった地球寮の面々に対しては事業内容すら考案していない強引さに当然反発されるが、カルド・ナボ博士動画紹介し、GUND技術の平和的利用つまりは「GUND本来の的である医療事業をす」ということで意見が一致し、相変わらずの独善ぶりと人使いの粗さに不は出るものの彼女の事業に協的になる。

こうして、まだまだスタート地点に立ったばかりではあるが、スレッタとの出会いによって逃げなくてもよくなり、自分のやるべきことも見つけて忙しくも充実した日々を送っていたが、「フォルドの明け」によるプラント・クエタ襲撃に巻き込まれたことで事態は一変する。


   

 

注意 ここからはSEASON1終盤の重要なネタバレを含みます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 






























「フォルドの明け」の襲撃によって自身をったデリングの前で重傷を負ってしまう。複雑な感情が入り混じる中、担架でを運び出そうとしたときに運悪くテロリストの残党に見つかってしまう。恐怖を感じながらも身を挺してデリングおうとしたそのときにエアリアルに乗ったスレッタが登場。ところが、スレッタ

やめな…さい!

の一言でなくテロリストを惨殺してしまう。さらにいつもと変わらず笑顔で手を差し伸べるスレッタに対し、返り血を浴びながら恐怖に引きつった表情のミオリネは

なんで……笑ってるの? 人殺し……

と拒絶する素振りを見せる。

罪過の輪


   

 

注意 この項SEASON2の重要なネタバレを含みます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 






























襲撃事件から2週間後、事件の事情聴取のために本社フロントに拘留されていたミオリネは、プロスペラから睡状態の続くデリングに変わって「クワエット・ゼロ」計画を引き継ぐように頼まれる。当初は不信感を持っていたが、計画の立案者がノートレットであると聞かされると、デリングの側近であるラジャン・ザヒからクワイエット・ゼロの想いについて聞き出す。

その後、アスティカシア学園に帰還し再会したスレッタに対してプラント・クエタでの発言を謝罪する。しかし、同時にプロスペラの言葉に微も疑いをもたないスレッタを危惧するようになる。
スレッタの言動の発端がプロスペラにあると察すると、一散にプロスペラに詰め寄るが、逆にの21年前の所業を知らされ、スレッタを人質に取られるような形でベネリット・グループの総裁選に出を要請される。

「だからミオリネ・レンブラン。あなたが次の総裁になりなさい」
「私が?理よそんなの…」
「できるわ。だってあなたはデリング・レンブランの血塗られたですもの」

スレッタ幸せを第一に考えたミオリネは、プロスペラの要である総裁選への出スレッタに最後の決闘をさせることを承諾。結婚となる17歳誕生日当日での決闘グエルと結託する形でスレッタ敗北させ、一方的に離別を宣言。

さようなら、水星のお上りさん

本音ではがあったものの、あえて冷淡な言葉でスレッタを突き放すことによってエアリアルから降ろさせ、プロスペラの企てる復讐の輪から彼女を解き放った。さらに形式的にはグエルと婚約することになり、ジェターク社の協を得ることになる。

こうして総裁選への出を決めたミオリネだったが、対立補であるシャディクはすでにペイル社と協関係を結んでおり、大差をつけられていた。実績不足という問題を解決するために、プロスペラの誘導もあってクイン・ハーバーで発生していた強引な治安維持活動に対するデモ運動平和的に解決することを決意。グエルプロスペラ、そして護衛の任に付いたケナンジ・アベリーと共に地球へと向かう。

デモ活動の代表者との交渉は当初難航したものの、株式会社ガンダムの商品であるGUND義足をプレゼンし、アーシアンである地球寮の仲間たちとのを話に出した摯な態度が相手方の態度を軟化させ、総裁選終了までの活動中断を約束してもらうことに成功する。

ところが、一連の騒動の首謀者をシャディクだと知ったグエルケナンジが一足先にアスティカシア学園へ戻った直後、プロスペラが、エアリアルオーバーライドを用いて武衝突を誘発。プロスペラの意図は復讐のためのものだったが、結果的に駐留部隊デモ隊が交戦状態に陥り、の破壊と多数の死傷者を出す大惨事を引き起こしてしまう。当然、何も知らないミオリネだったが、信用を失ったことで先の約束は破談となり、武アーシアンデモを鎮圧した首謀者にされてしまう。

地球に戻ったミオリネは、シャディクが一連の騒動の首謀者として逮捕されたことで総裁に選出されたが、クイン・ハーバーでの惨劇に加えて、シャディク導によるテロによって学園に多くの死傷者が出たことで全に憔悴。勝ち気で自信彼女の姿は見るもなくなっていた。さらには自身が手を貸していたクワイエット・ゼロによって宇宙議会連合の艦隊が壊滅する様を撃。自分の選択が引き金となった(実際は利用されたのだが)ことによる惨劇がますます広がったことで精が衰弱し、ついには部屋に引き籠ってしまう。

紡がれる道


   

 

注意 この項水星の魔女の結末に関わる重要なネタバレを含みます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 






























グエルからの呼びかけにも一切応じず、心を閉ざしてしまったミオリネだったが、そこへスレッタが会いに来る。ガンダムに乗ってプロスペラエリクトを止めに行くというスレッタの決意を聞いたミオリネは自らの間違いを告白。だが、スレッタも自分の過ちを認めながらも「間違っても前に進むしかない」、「何も手に入らなくても自分にできる事をすればいい」と励。
そして、

「私がここまで来れたのはミオリネさんと出会えたからです。これは間違いなんかじゃありません」

この言葉によってミオリネは再び前に進み、自分の過ちと向き合うことを決意。そして、スレッタと互いの手を繋ぎ、すれ違っていた二人のがようやく結び直すのだった。

その後、睡状態からを覚ましたデリングに決意を述べ、スレッタからトマト遺伝子コードに隠されていたかのメッセージを聞かされ、仲間たちと共にクワイエット・ゼロを止める最終決戦へと出向くのだった。

クワイエット・ゼロ内部への侵入すると、仲間たちの助けもあってメインコンソールに辿りつく。しかし、緊急停止コードはすでに変更されており、さらにを持ったプロスペラが「害虫駆除」のために現れる。エリクトの居場所を作ることに固執するプロスペラに対し、

母親なら!等しく愛してやりなさいよ!」

という言葉を投げかけ、散々言いくるめられてきたプロスペラに初めて舌戦で勝利する。
そのとき、スレッタから聞いたノートレットが品種良したトマトに仕込まれていた遺伝子コードから遂にクワイエット・ゼロの解除コードを見つけ出すことに成功。強化人士5号とベルメリアプロスペラを抑えている間に停止コードを入し、クワイエット・ゼロを沈黙させる。直前にプロスペラの放った「は強し」という言葉が皮な結果となった。さらに、5号の放った弾によって仮面が外れたプロスペラに対し、

あんたも。スレッタエリクトも。私達家族になるんだから」

りかけ、プロスペラに手を差し伸べる器量の大きさを見せる。

その後、プロスペラの部下であるゴドイによって拘束されてしまうが、大破したエアリアルと共に現れたスレッタが登場。スレッタエリクト覚醒パーメットスコア8以上の出に成功すると、「連合の動機をくす」ためにベネリット・グループの解散とその総資産地球圏への売却を全宇宙に宣言する。これは出撃前にシャディクと交わした取引であり、いわば当初のシャディクの案を全ての陰謀の宣誓書付き言の提出と引き換えに実現する形となった。

奇跡危機を救ったスレッタ宇宙に投げ出されていた。漂流するスレッタを発見したミオリネは、スレッタが生きていることを確認すると顔をめた心からの笑顔を見せながら安堵のを流すのだった。



3年後、仕事とクィーン・ハーバー事件の謝罪という多忙な日々を送っていた。まだまだ問題は山積みではあるが、今、できることをするべく進み続けていた。
生活では、スレッタ結婚色の美しい小麦のある田舎家族仲間たちと共におだやかな生活を送っていることが描写されていた。

AXNOS Paintについて語るスレ#876
1499

ミオミオ名言集

口が悪く、ワードセンスが独特なこともあり、作中たびたびインパクトの残るセリフを残していることから「名言製造機」とも呼ばれている。彼女台詞ツイッターでもトレンドになり、ファンの間で話題となっている。

その他

関連動画

関連静画

外部リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
エターナルアルカディア[単語]

提供: 果てなき銀の呪縛

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP