ミゲル・アイマン単語

ミゲルアイマン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミゲル・アイマンとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場するザフト軍の人物である。
CV西川貴教

概要

1話から3話にかけて登場した、クルーゼ隊所属のパイロットだが「黄昏の魔弾」という異名を持ち、オレンジ色に塗装された専用のジンを持つ(本編では修理中のため未登場だった)。
病弱がおり、お金が必要になったため軍に志願したという経緯がある。19歳で、アスランちより年上である。

アスランたちの新機動兵器「G」強奪の支援をするため、通常のジンを駆ってヘリオポリスに進入。地球軍の抵抗を排除し、破壊活動を展開していた。その後、強奪に失敗したストライクガンダムを破壊するため単機で交戦。うまく動けないストライクに対し優位に立つミゲルだったが、キラOS書き換えにより動きが善され、フェイズシフト装甲も展開されたため徐々に押され始める。最終的にアーマーシュナイダーを両肩に突き立てられ、行動不能にさせられてしまう。戦闘の続行が不可能と見たミゲル自爆装置を起動させて脱出。ストライクに一矢報いた。機体を失った後、エマージェンシーコールを放ち、母艦ヴェザリウスへ帰投。

ヘリオポリスに潜むアークエンジェル攻撃のため、要塞攻略用装備の1つ「バルルス特火重粒子」を持って再度ジンで出撃。ソードストライクガンダムに戦いを挑むが、特火重粒子を回避され続け、流れ弾がヘリオポリスの壁面や柱に当たってしまっている。そこでアスランイージスと連携し、一気にトドメを刺そうとするがソードストライクの放ったマイダスメッサーによって片足を切断された挙句、その隙を突かれシュベルトゲベールで機体を一両断されてしまう。直後、機体が爆発し戦死した。

ミゲルハイネ・ヴェステンフルスに憧れているという設定があり、彼がオレンジ色にザクグフを染めていたのもハイネだと言われている。

本編での出番は僅か3話程度と少ないが、モビルスーツバリエーション(MSV)では役の扱いを受けている。新防衛戦やサーペントテールとの戦闘に参加しており、本編では描かれなかった姿が見られる。

関連動画

ミゲル・アイマンに関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連商品

ミゲル・アイマンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ミゲル・アイマンに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/29(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/29(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP