今注目のニュース
「ゴミは人生を教えてくれる」ゴミ屋敷女性の“名言風”発言が話題 ヨネスケは的外れなツッコミ?
実写版「シティーハンター」冴羽りょう役は山寺宏一に 神谷明「山ちゃんにオファーがいったと聞いて『よし!』と」
サングラスをかけて夜のドライブ、なぜダメなの?

ミサイル単語

ミサイル

掲示板をみる(101)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミサイル(missile)とは、兵器の一種である。

概要

ミサイル

広義には飛び道具全般をであるが、現代ではおおむね誘導装置と推進装置を持つ飛翔体をいう。誘導装置、推進装置、任務/用途によって大まかに区分される。日本語(防衛用)では「誘導弾」という。

誘導装置を持たないロケット弾、推進装置を持たない誘導爆弾はミサイルには含まれない…はずなのだが、運用元によっては推進装置をもたない滑爆弾をミサイルに区分していたり(AGM-114JSOW)、GPS誘導のロケット弾をロケット弾と呼んでいたり(GMLRS)なので、余りこだわる必要はい。ドイツ語ロシア語ではそもそもロケットとミサイルを区別しない。

発射された後は誘導装置が定された標に対して進路を制御、推進装置により飛翔して対に命中(もしくは近接信管による起爆でダメージを与えられるまで接近)する。通常は弾頭部の炸爆発することでダメージを与えるが、一部のキネティック弾頭と呼ばれるものは弾頭部が直撃した際の運動エネルギー自体で対を破壊するよう設計されている。

推進装置

ロケットエンジンもしくはターボジェットエンジンに用いられる。

ロケットエンジンは保管が容易で扱いが簡単な固体燃料ロケットが広く用いられる。液体燃料ロケットは燃料の保管や注入の手間がかかるなどデメリットが多いため、現在では一部の弾道ミサイルに使用されているのみである。

燃焼に際し化剤を積む必要がないターボジェットエンジンは、長距離飛翔する巡航ミサイルや対艦/対地ミサイルに使用される。ただし現状では最大速度ロケットに劣る、化剤(空気)がい高では飛翔できない、コストが高いなどのデメリットがある。

現在も高速度と高燃費をしたラムジェットやダクテッドロケットなどの技術が研究されている。

誘導装置の形式

ミサイルの誘導形式は多岐にわたるが、ここではざっと解説する。

まずは外部からのによる誘導とミサイル自体が標を追尾する形式に分かれる。ミサイルが外部から誘導される場合としては線/有線による直接誘導、慣性航法や地形照合、GPSなどによる事前飛翔経路/標設定が挙げられる。また、ミサイルから送信された情報(画像、レーダー情報)を元に操作員が操作を行うこともある。

ミサイル自体が標を追尾(ホーミング)する方式はおおむね三種類に区分される。

ミサイル自体が標まで勝手に飛んでいってくれるアクティブホーミングやパッシブホーミングは「撃ちっぱなし(fire and forget)」が可になるため、発射する側の生存性向上に有利である。近年の電子装置の小高性化に伴い、そのような撃ちっぱなしを持つミサイルも増えている。
最近ではさらに発射前ロックオン=LOBL(Lock On Before Launch)から、発射後ロックオンLOAL(Lock On After Launch)へと進化しているミサイルも登場している。LOBLの場合、ミサイルが自身のマーカー(あるいは機のレーダー等)で標を捕らえたのちに機から射出されるが、LOALでは発射後、独自、あるいは機からのデータリンク標を追尾することで命中が向上しているものがある。

飛翔形態による区分

弾道ミサイルBM
大気圏外もしくは大気圏上層を弾道飛行するミサイル。非常に高価なため、コストパフォーマンスの面から弾頭に大量破壊兵器を搭載していることがほとんどである。長射程で、射程により短距離弾道弾(SRBM)、中距離弾道弾(IRBM)、大陸弾道弾(ICBM)と区分される。潜水艦発射のものは潜水艦発射弾道弾(SLBM)と呼ぶ。
巡航ミサイルCM
を長距離飛行するミサイル。単に長射程の対地/対艦ミサイルとも言えるが、長距離を飛行するため揚を生むとターボジェットエンジンを備えていることが多く構造上はジェット機に近い。亜音速でちんたら飛んでいるといい的になるため、最近ではステルス化や音速化が進められている。

任務(目標)による区分

対地ミサイル
地上標を破壊するためのミサイル。大都市を一撃で燼に帰すICBMや、肩撃ち式の対戦車ミサイルも広義の対地ミサイルである。
対空ミサイル
中の標(航空機、敵のミサイル)を破壊するためのミサイル。対衛星ミサイルのような特殊なものもある。
対艦ミサイル
艦船を破壊するためのミサイル。洋上で大の艦船を破壊する関係上大で長射程のものが多い。
対潜ミサイル
潜水艦を攻撃するためのミサイル。水中飛翔することはできないので、弾頭部に短魚雷を搭載している。

ミサイルの区分でよく見られる「SAM」「AAM」と言う略語は発射プラットフォームと標を組み合わせたものである。「SAM」は(surface/ship to air)で地上/艦上発射対空ミサイルを、「AAM」はair to air)ミサイルをさす。地(艦)対地(艦)ミサイルはSSM、対地(艦)ミサイルはASMとなる(潜水艦は「underwater」で「U」を用いる)。

大百科に記事のあるミサイル兵器/装備

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP