ミシュリフ単語

ミシュリフ

2.8千文字の記事
掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミシュリフ(Mishriff)とは、2017年生まれのアイルランド生産・イギリス調教競走馬である。鹿毛

芝とダートを股にかけて活躍する一流である。

2020: ジョッケクルブ賞(GI)、ギョーム・ド・ルナーノ賞(GII)
2021: サウジカップ(格付けなし)、ドバイシーマクラシック(GI)、インターナショナルステークス(GI)

概要

Make BelieveContradict、Raven's Passという血統。
メイクビリーヴプール・デッセ・デ・プーランやフォレ賞優勝で、ミシュリフがファーストクロップになる。
コントラディクトは9戦1勝の条件
レイヴンズパス2008年クイーンエリザベスII世SとBCクラシック優勝

ミシュリフはサウジアラビアのA.A.ファイサル王子が所有するアイルランドのナワラスタッドで生産され、イギリスのゴスデン調教師に預けられた。

2019年(2歳時)

ミシュリフは10月14日の2勝以下条件戦デビューしたが4着に敗れた。10月25日条件戦でも3着に敗れた。初勝利を挙げたのは11月6日未勝利戦だった。

2020年(3歳時)

ミシュリフは設立間もない2月20日の第2回サウジダービー(沙・当時は格付けなし・ダート1,600m)に出走した。中は3~4番手でレースが進み最終コーナーで抜け出した日本フルフラットを直線で追い上げるも最後はフルフラットに2身1/4押し切られ2着がやっとだった。

新型コロナウイルスで日程が大きく狂わされたこの年、ミシュリフの次走は6月6日ニューマーケットS(L・芝10F)となったが、4身差で楽勝した。ゴスデン師は「サウジアラビアの時より期待通りの走りが出来ている」と讃えた。

7月5日ジョッケクルブ賞(フランスダービーGI・芝2,100m)では中5~6番手に位置し、直線では前が塞がれたが外に持ち出すと一気に伸びて勝利し、初重賞制覇がGIとなった。ゴスデン師は「堂々としたレースで、特に最後の100mは最高だった。血統から熟だと思われているようだけど、これからもっと良くなるよ」とコメントした。

8月15日のギョーム・ド・ルナーノ賞(GII・芝2,000m)では4頭立てとなったが、直線でスパートをかけると4身半で楽勝した。上のデットーリは「彼は(フランスの)柔らかい馬場が合っているね」とコメントした。

10月17日アスコット競馬場でのチャンピオンステークス(英GI・9F212y)では直線でいつもの伸びを見せず8着に敗れた。

2021年(4歳時)

この年は世界最高賞レースとして知られる2月20日サウジカップ(沙・当時は格付けなし・ダート1,800m)から始動。レースではアメリカKnicks GoCharlatanが先行しこれを見る形で進め最後の直線でCharlatanを捉えてゴール。1,000万ドルの賞を手にすることとなった。

3月27日ドバイシーマクラシック(UAEGI・芝2,400m)では中団に位置すると最後の直線で日本クロノジェネシスラヴズオンリーユーとの叩き合いとなり、これを制して勝利した。

7月3日エクリプスステークス(英GI・芝9F209y)では3歳でこの年のジョッケクルブ賞優勝St Mark's Basilicaの3着に敗れ、7月24日キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス(英GI・芝11F211y)ではこの年の英ダービーAdayarを捉えきれず2着に敗れた。

8月18日の英インターナショナルステークス(英GI・芝10F56y)では最後の直線でいつものように外側から抜け出すと6身差の圧勝という印的なレースを残した。イーガン騎手は「残り3ハロンを過ぎたあとは信じられなかったよ。リズムに乗せることととリラックスさせることがだったね」とコメントした。

凱旋門賞は回避し10月16日チャンピオンステークス(英GI・芝9F212y)に出走したが、Sealiwayの4着に敗れた。

2022年(5歳時)

この年も2月26日世界最高賞サウジカップ(沙・GIダート1,800m)に出走。しかしこの年は「ダートの感覚が去年と変わっていてに合わなかった(イーガン騎手)」ということでまさかの大差のシンガリ負けとなった。最後は流していたのでダメージはなしとされていたが、立て直しにじっくり時間をかけることとなった。

次にミシュリフが競馬場に現れたのは7月2日エクリプスステークス(英GI・芝9F209y)。しかしレースではスタートダッシュがつかず後方からの競馬になった。最後の直線に入って前にができたが体制を立て直して大外から追い上げるもこの年のジョッケクルブ賞(仏ダービー)優勝Vadeniにクビ差届かず2着となった。

続くキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスでは前走以上の大出遅れを喫し最後方からの競馬となり、直線末脚は見せたものの、6頭中最低人気を覆して勝ったPyledriverから10身3/4、2着Torquator Tassoからも8身差を付けられた3着までだった。

続いては8月17日インターナショナルステークスに連覇をして出走。マイル路線で無敵を誇り中距離路線に進んできた9戦9勝のBaaeedが単勝1.4倍に支持され、本は単勝5倍で2番人気となった。レースではしっかりスタートを決めて2番手から先行し、直線で逃げHigh Definitionを射程に入れてこれを交わしたが、後ろから然とした手応えで飛んできたBaaeed一気に交わされるとそのまま突き放され、6身半差の2着に終わった。

血統表

Make Believe
2012 鹿毛
*マクフィ
2007 鹿毛
Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
Dhelaal Green Desert
Irish Valley
Rosie's Posy
1999 鹿毛
Suave Dancer Green Dancer
Suavite
My Branch Distant Relative
Pay the Bank
Contradict
2010 鹿毛
FNo.7-a
Raven's Pass
2005 栗毛
Elusive Quality Gone West
Touch of Greatness
Ascutney Lord At War
Right Word
Act's of Grace
2003 鹿毛
Bahri Riverman
Wasnah
Rafna Kris
Eljazzi

クロス:Green Valley 5×5(6.25%)、Nijinsky II 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/31(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/31(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP