ミステリー単語

ミステリー

  • 13
  • 0
掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミステリーmystery)とは、「」「不可思議」「秘的」「推理作品」などの意味を持つ単である。

概要

ミステリーとは本来は「」の意味である。しかし、そこから転じて推理物全般に使われている。

ニコニコ動画では、推理ドラマや推理小説、推理ゲームはもちろんのこと、それらを基にしたMADなどにもタグがつけられることがある。

また、たとえ動画に推理要素がなくてもその原義から、「心霊」「未確認飛行物体」などの一般に「秘的な」「理解できない」と思われる要素があれば、つけられるタグでもある。

ミステリー、推理物とは

定義

なかなか万人が納得できる定義をあげるのは難しい。

狭義に考えるなら、「殺人などの事件を探偵が捜し、犯人摘する」ような筋書きを、おそらく推理物と聞いて多くの人間が連想するであろう。あるいは広義には「謎解き」や「事件」の存在によって、ミステリーだと判断する場合もある。この辺りの生したサブジャンルは下記のジャンル分けも参照にしてほしい。

起源

ミステリーの歴史がどこから始まったのかということについては、論者によって意見が分かれるが、大雑把にふたつあげられる。

ひとつはアメリカ作家エドガーアラン・ポーの短編「モルグ殺人」が最初のミステリーだとする説。

「モルグ殺人」は「とある宅でが惨殺されるが、警察はまったく犯人をあげられない。そこに探偵役となる没落貴族オーギュスト・デュパンが登場し、明確な論理をもとに犯人摘する」という筋書きであり、ここにいまのミステリーのスタイルを容易に見出せるであろう。これは前述した定義のうち、狭義のものの起といえる。

ちなみにこのあとポーはデュパンものを2つ(つまり「モルグ殺人」を含めて計3つ)、また他にもミステリーの走りとされる短編をいくつか書いており、以上の作中で「実在の事件を推理する」「人間心理の盲点」「暗号」「探偵役=犯人」といった、後世で何度も扱われたテーマをすでに先取りしている。これをして、ポーは始祖でありながら同時にミステリーを網羅してしまった、と賞賛する論者もいる。

のふたつは逆に広義、即ち「謎解き」や「事件」があればミステリーなのだ、とする説。

この論に立つなら起はるか神話の時代にまで遡れる。例えばイギリスのミステリー作家ドロシイ・L・セイヤーズ(代表作はピーター・ウィムジィ卿シリーズ。特に「不自然な死」は名作)が編纂した、ミステリーのパターンを網羅せんとすアンソロジーには、ミステリー濫觴の時期の作品として、聖書ギリシャ神話から寄せられたものがある。

ただしこちらには、そのように過去物語からミステリーを「発見」する行為に意味などない、という批判も存在する。

以上は、どちらが正解かという問題ではない。むしろ個々人、あるいはどういう文脈で、ミステリーという言葉が用いられたかによって変化するものであろう。

本邦におけるミステリー

戦前から海外の作品が広く翻訳され読まれた他、日本人の手によるミステリーも多く書かれた。特に江戸川乱歩の影戦後含めて大きく、実作家のみならず評論家としても没後までを残すことなった(これは良くも悪くも、である。後年、乱歩の影下から抜けだした評価を作品に与えたいと努した評論家もいる)。当時はミステリーは「探偵小説」と呼ばれ(Detective Novelの訳)、謎解きを重視した「本格」と怪奇幻想趣味を重視した「変格」に大雑把に分類されていた。

戦中は当局の検閲によって実質的に探偵小説の執筆が不可能になり、一部の作家時代小説の捕物帳という形で細々と探偵小説を書き継いでいた。

戦後探偵小説の執筆が解禁されると、横溝正史を筆頭に、鮎川哲也高木彬光などの作家が続々と登場、探偵小説が復する。そこへ1958年松本清張『点と線』の大ヒットをきっかけに「社会」と呼ばれるムーヴメント(社会という言葉自体は古くからあったようだが)が起き、ミステリーが大衆文芸として受け入れられる。これは今までのミステリーにどうしてもついて回った遊戯的な側面――例えばわざわざ人を殺すのに大げさなトリックを用いるなど――をそぎ落とし、社会的な問題意識なども取り込んだ「リアリズム」のミステリーだといえるだろう。この頃から、「探偵小説」は「推理小説」と呼ばれるようになっていく。
おこムーヴメントは、海外においてダシール・ハメットレイモンド・チャンドラーなどがそれまでのミステリーを批判し、新たにリアリティを大きく取り込んだ作品を書くようになった「ハードボイルドスタイルと、時代のズレはあるが呼応している。

しかし社会は推理要素の形骸化などで60年代半ばぐらいに勢いを失う。70年代に入ると前の横溝正史ブームが巻き起こる一方、一や静子といった作家が推理要素と社会要素の両立をはかり、村作品の映像化もあって社会推理小説の人気が復権した。80年代に入るとノベルスという判盛を誇り、赤川次郎西村京太郎内田康夫・山村美紗らが大ブレイクトラルミテリーなどのジャンルで多作な作家たちがミステリーを量産し、それが2時ドラマとして盛んに映像化される時代が訪れる。

そこにゆり戻しのように起きたのが、1980年代以後の若手たちによる、古典遊戯性を大胆に再現した次のムーヴメント、すなわち「新本格」である。彼らは古典的なミステリーのスタイル不可能犯罪名探偵の推理、複雑なトリックetc…)をいわばルネッサンス的に現代にらせたのだ。このムーヴメントは日本エンターテイメントに大きな影を与え、以後ライトノベルなどにも影下にある作家が出現した。

その一方、「新本格」と同時期に翻訳ミステリーの影冒険小説ハードボイルドブームが沸き起こり、「このミステリーがすごい!」などのランキング企画が登場、ミステリーの範囲を幅広くとってジャンルの多様性を積極的に広げた。ミステリーの形式を用いてそれまでの「社会」よりもさらに重厚に社会性を追及する宮部みゆき高村薫といった作家の登場もあり、90年代にはミステリーは大衆文学の中心と言えるジャンルにまでのしあがった。

90年代後半に京極夏彦森博嗣が登場したあたりからは、もともと若い読者が多い「新本格」方面がライトノベル読者層と交差しはじめ、その傾向の究極というべき清涼院流水の登場がミステリー界に大きな議論を巻き起こした。一方、『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』といったミステリー漫画の大ヒットや、『古畑任三郎』などの推理ドラマヒットで、さらにミステリーは幅広く人口に膾していく。

2000年代に入ると新本格ライトノベルはますます読者層が重なり合い、西尾維新などの登場で全に垣根が崩れる。そんな中で米澤穂信ブレイクしたことがきっかけで「日常の謎」がミステリーのジャンルのひとつに躍り出て、現在まで続くキャラクター重視のライトミステリーブームが始まる。また、21世紀に入ると横山秀夫の登場を契機に警察小説の一大ブームが起こり、こちらも現在まで続いている。他にもイヤミスのブーム叙述トリックの流行など様々なトピックがあり、現代のミステリーの状況を一言で言えば「多様化」ということになるだろう。

現代日本では、ミステリーは小説のみならず多くのエンターテイメントフィクションにその姿を見ることができる。狭義のミステリーも連日出版され、海外の未翻訳作品も次々と翻訳されつつある。「盛」と呼んでいい状況ではないだろうか。

ミステリーにおけるジャンル分け

ミステリーというジャンルには、その内容に応じて多様な内部ジャンルが存在する。その分け方は人それぞれであるが、ここにいろいろと例を挙げておく。

もちろん、ここに挙げた以外のジャンルも多数あり、題材となっている分野の名前をつけた「○○ミステリー」という表記はよく使われる(例:青春ミステリー、医療ミステリー、落語ミステリーなど)。

なお、以下は日本国内についての記述がメイン。各ジャンルの代表的な作家も挙げるが、挙げた作家がそのジャンルしか書いていないわけではない。また、複数のジャンルにまたがる作品も数多い。

本格ミステリ

謎解き興味を前面に押し出したミステリー。名探偵が出てきて、連続殺人が起こり、密室トリックアリバイトリックを解明して、限られた登場人物の中から犯人をズバリと摘する――という、一般的に「ミステリー」というジャンルお約束様式美としてイメージされる形式は、この本格ミステリのもの。単に「本格」ともいう。海外での呼称は「パズラー」など。

もともとは戦前探偵小説を、謎解き重視の「本格」と、怪奇幻想趣味重視の「変格」に分類したときに生まれた言葉。江戸川乱歩1950年探偵小説の定義として提唱したとして犯罪に関する難解な秘密が、論理的に、徐々に解かれて行く経路の面さを眼とする文学というのが、だいたい本格ミステリの一般的な定義に近いが、何を「本格」と見なすかは人による。

前述の通り、松本清張の台頭以降しばらく雌伏の時代が続いたが、80年代後半から新鋭作家による「新本格」ムーブメントが起こり、それが定着して現在まで一定の支持を得続けている。かつて日本の本格ミステリは欧の本格ミステリを手本として発展していったが、欧ではその後古典的な本格はほぼ滅亡してしまい、日本の本格ミステリがあちらに翻訳されて「honkaku」と呼ばれるという逆転現も起きている。

古く(戦前から70年代)は江戸川乱歩横溝正史高木彬光鮎川哲也泡坂妻夫などが代表的な作家80年代の「新本格」直前およびそれ以降では、島田荘司綾辻行人有栖川有栖法月綸太郎麻耶雄嵩森博嗣京極夏彦など。

社会派ミステリー

現代社会舞台に、現実社会問題などが絡む事件を描いた、リアリズム重視のミステリー。

前述の通り、1958年松本清張『点と線』の大ヒットを契機としてミステリー界を席巻したが、推理要素が形骸化してしまってブームはしぼむ。70年代後半ぐらいから一の活躍で持ち直したあと、90年代に入るとより重厚な作品が書かれるようになり、大衆文学の中心としてのミステリーというジャンルを支えることになった。実際に起きた事件をモデルにした作品も多い。

80年代までの代表的な作家松本清張水上勉、一など。90年代以降は宮部みゆき東野圭吾などが代表格。近年では丸岳、柚裕子、葉真中顕など。

サスペンス

謎解きよりも、ハラハラドキドキの心理的な緊感やドンデン返しがメインのミステリー。

火曜サスペンス劇場など、ミステリーものの2時ドラマがよく「サスペンス」と題していたため、サスペンス=ミステリーみたいに思われることもある。ミステリーの内部ジャンルとしては、女性作家が書く謎解き要素の薄いミステリーが「サスペンス」(心理サスペンス)と呼ばれることが較的多いが、他のジャンルべてもはっきりした定義が見当たらず、謎解きよりプロットストーリーの展開)を重視した作品にとりあえずつけられる名称に近い。

代表的な作家静子、小池真理子、アサなど。近年では心理サスペンスは「イヤミス」(後述)に取って変わられている感もなきにしもあらず。

ハードボイルド

元々は心理描写や感情表現をした簡潔な表現を用いて、行動で登場人物の心理を示す文体のこと。そうした文体で書かれた小説群に私立探偵役のミステリーが多かったことから、私立探偵小説ぐらいの意味まで範囲が広がった言葉である。ハードボイルドの記事も参照。

アメリカで1920年代のダシール・ハメットあたりから広まったジャンルで、日本確立されたのは1950年代に大藪河野典生が登場したあたり。1980年代から90年代にかけては冒険小説とともにブームを築いたが、21世紀になってからは冒険小説ともども下火になっている。

代表的な作家は大藪北方謙三大沢在昌、原、東直己など。基本的に男性作家男性読者向けに書くジャンルだが(北方謙三作品がブームになった80年代には「男のハーレクインロマンス」なんて評言もあった)、仁木悦子や若竹七海など女性の書き手もいる。

冒険小説

ヒーローが何らかの危機や困難に挑むのが中心の、アクションメインの活劇小説RPG的な冒険ファンタジーとは意味が違うので注意。冒険小説の記事も参照。

おそらくハードボイルドからの生でミステリーの内部ジャンルとして扱われるが、謎解き要素が全くないこともしくない。翻訳冒険小説の影を受けて、1980年代に大きなブームを形成したが、90年代ばぐらいでブームは終息し、現在は散発的にヒット作が出る程度。当時冒険小説メインだった作家警察小説時代小説に移行したりしている。

代表的な作家船戸与一逢坂剛、佐々木譲、志夫、福井晴敏、近年では月村了衛など。

ノワール

小説とも。ハードボイルドから生した、ヤクザマフィアなどの裏社会舞台に、犯罪者主人公にしたダークハード小説

本邦ではジェイムズ・エルロイの影を強く受けた馳周が『不』で1996年デビュー、一世をし、以後ジャンルとして定着。日本でのブーム自体は一過性のものだったが、あまり大きなブームにはならなかったためか大きく縮小することもなく、現在も一定の書き手がいる。

代表的な作家は馳周、黒川博行新堂、東山良、深町生など。

犯罪小説

犯罪に至る過程や犯罪計画、犯罪者の心理を描くことを題にしたミステリー。「クライノベル」とも。

やかでトリッキー犯罪計画で魅せるものには、詐欺師の騙し合いを描くコン・ゲームものや、プロ犯罪者集団が一攫千を狙うケイバーものなどが該当し、冒険小説に近くなる。犯罪者の心理や犯罪に至る過程を描くものは、社会ミステリーやハードボイルドノワールに近くなる。また、その犯罪警察探偵によって瓦解するまでを描くと倒叙もの(後述)にもなる。犯罪者の心理を深く掘り下げるものは純文学にも接近するため、文学賞などで評価されやすい。

代表的な作家奥田英朗、垣根介、高村薫桐野夏生など。

トラベルミステリー

日本各地の観光地や有名な場所、あるいは鉄道舞台としたミステリー。情ミステリーとも。2時ドラマ原作としておなじみ。

1978年西村京太郎寝台特急殺人事件』の大ヒットを機に、1980年代から90年代にかけて新書判のノベルスで大量に書かれ、ライト層の読者を大量に獲得した。しかし21世紀になってからはすっかり下火で、現在では一部の有名作以外の新作は滅多に出ない。

代表的な作家西村京太郎内田康夫、山村美紗など。

警察小説

警察組織を題に、捜班による組織的な事件捜や、警察組織内の轢などを描くミステリー。よく刑事ドラマ原作になる。

刑事役のミステリーは松本清張による社会ミステリーブーム以降大量に書かれていたが、刑事がひとりで地に捜して相を突き止める、というような話が多かった。1990年代になって警察組織をよりリアルに描く作品が増え、90年代末には横山秀夫刑事ではなく管理部門の職員を題材にしたミステリーを描いて大ヒット。以降、警察組織ものが多数書かれるようになり、現在までブームが続いている。「ガラパゴス進化を遂げた」とか言われることも。警察小説の記事も参照。

代表的な作家横山秀夫今野敏佐々木譲誉田哲也、堂場一など。

日常の謎

犯罪が絡まない、日常生活の中に生じるを解き明かすミステリー。

それ以前にも該当する作例自体はいくつかあったが、1989年北村薫が『飛ぶ』でデビューし、殺人事件がくても論理的なミステリは書けることを広く知らしめた。以後、多数のフォロワーが生まれ、ジャンルとして定着している。

血腥い事件が起きないため青春もの・学園ものやお仕事小説と相性が非常によく、近年は特にライト文芸の分野でジャンルのひとつとなっている。日常の謎の記事も参照。

代表的な作家北村薫加納朋子米澤穂信相沢沙呼、坂木など。

イヤミス

読むとイヤな気分になるミステリー。ドロドロした人間関係を描き、ドンデン返しを仕掛けたものが多い。

2008年湊かなえ告白』が大ヒット、続いて2011年真梨幸子殺人鬼フジコの衝動』と沼田まほかる九月永遠に続けば』がベストセラーとなったことで、これらの作品が「イヤミス」と名付けられた。現在も一定の支持を受けてヒット作が出続けており、ジャンルとして定着している。女性作家が書いて女性読者に読むジャンルで、女性向けノワールなのかもしれない。

代表的な作家湊かなえ真梨幸子沼田まほかる秋吉理香子芦沢央など。

歴史ミステリー

事件ではなく、現実歴史上のを解き明かすことを眼にしたミステリー。

日本では邪馬台国所在地、明智光秀の動機、坂本龍馬暗殺事件、東写楽の正体といったメジャーなものから、マニアックなものまでいろいろ。あくまで娯楽であるので、作中ではもっともらしく説明されるが、学術的に見れば奇説・説・俗説の類いを相として設定している場合が多いのであまりに受けないように。中には歴史ミステリーを書きながら俗説断固否定という高井のような作家もいる。

代表的な作家井沢元彦高田崇史、統一郎など。

倒叙

述が転している、すなわち通常のミステリーが捜側の視点から描かれるのに対し、犯人側の視点から犯行を描き、その犯罪計画がいかに瓦解していくかを眼にしたミステリー。

犯人探偵警察との心理戦や頭戦、そして探偵警察がどこで犯人の犯行を見破ったか、などが見所。倒叙の記事も参照。

テレビドラマの『刑事コロンボ』と『古畑任三郎』が代表例。小説でもいろいろ書かれているが、倒叙ものが作品のメインという作家はほぼ居ない。

ユーモアミステリー/コージー・ミステリ

ユーモラスな雰囲気の、軽妙なタッチで描かれるミステリー。

殺人事件が起こっても血腥くなく、深刻になりすぎない間で、に素人探偵を解く。両者の区別としては、ドタバタの笑いを中心にしていればユーモアミステリ、読み心地の良さをメインにしていればコージー・ミステリ、といったところか。前者は男性作家後者女性作家が多い。後者は特にアガサ・クリスティの作品をイメージしてもらえればいいだろう。

日本では赤川次郎東川篤哉若竹七海などが代表格。現代のライト文芸で出るお仕事ミステリや日常の謎も、多くはコージー・ミステリの範疇に入る。

法廷ミステリー(リーガルサスペンス)

裁判を舞台にしたミステリー。弁護士が依頼人の無罪を勝ち取ろうとする話が基本だが、私設裁判ものや人保護プログラムの話など、いろいろなバリエーションがある。

日本を代表する法廷ミステリーは、ゲーム逆転裁判シリーズだろう。小説では洋の東西を問わず、元弁護士のミステリー作家がこのジャンルを得意とする。日本では和久峻三、小杉健治など。

捕物帳(捕物帖、時代ミステリー)

時代小説の中のミステリー作品。っ引きや明かし、同心などが江戸の事件を解決する。ミステリーの内部ジャンルというよりは、時代小説の内部ジャンルと見なされることが多い。

1917年(大正6年)に連載が始まった岡本綺堂『半七捕物帳』シリーズは、日本のミステリーというジャンルそのものの分けとなった作品のひとつ。戦前から現代まで連綿と書き継がれているジャンルで、戦時中には探偵小説の執筆が事実上禁止されたため、横溝正史のようにこのジャンルでミステリーを書いていた作家もいる。

代表的な作家岡本綺堂、野村胡堂、池波正太郎など。都筑夫、泡坂妻夫宮部みゆきなど現代もののミステリーと並行して捕物を手掛ける作家も多い。

特殊設定ミステリ

SF的な設定やファンタジー的な世界観など、現実世界とは異なる部分を持つ世界観の中で展開されるミステリー。敢えてそういう設定の中でミステリーをやる以上、その設定ならではの謎解きに注することが多いため、多くは本格ミステリの範疇に入る。

たとえばミステリーの解決で「実は犯人超能力者でした」とやれば普通は本をに投げつけられるが、そもそも超能力者がいることが自明世界であれば、「どんな超能力を使ったのか?」「なぜわざわざ超能力で殺したのか?」など、その世界ならではの特殊な論理トリックを展開することができる。

流を辿れば1964年ランドル・ギャレット魔術師を探せ!』あたりが本格的な始祖になると思われるが(もっとい作例だと1954年アイザック・アシモフ『鋼都市』など)、日本では新本格以降、山口也『生ける屍の死』や西澤保彦七回死んだ男』あたりから登場した、較的新しいジャンル。最初の頃は「SFミステリ」と呼ばれていたが、ファンタジー系の特殊設定も増えたため、現在は「特殊設定ミステリ」という呼称が定着した。2009年綾辻行人Another』、2010年米澤穂信折れた竜骨』あたりを皮切りに、2010年代以降は特に本格ミステリの分野でこのジャンルを得意とする有望な新人が続々と登場し、流行ジャンルとなっている。特殊設定ミステリの項も参照。

代表的な作家山口也、西澤保彦、近年では白井智之、今村など。

フーダニット・ハウダニット・ホワイダニット

謎解きを中心にしたミステリーは、眼をどこに置いているかで、おおよそ以下のように分類することができる。ひとつの作品が複数の謎解きジャンルを含む場合も多い。

ミステリーとミステリ

たとえば年末のランキング本に「このミステリーがすごい!」と「本格ミステリ・ベスト10」があるように、ミステリー業界では「ミステリー」と「ミステリ」の2つの表記が併用されている。

使い分けに明確な基準はないが、おおよそ「ミステリー」はサスペンスハードボイルド冒険小説などを含む広義のジャンル、「ミステリ」は謎解き要素をメインにした狭義のジャンルを示す表記として使用されているようだ。

ニコニコでも「ミステリー」「ミステリ」の2種類のタグが使われている。その区別は動画投稿視聴者主観に任せたものであり、明確な基準があるものではない。強いて傾向を述べるとすれば、「ミステリー」タグはいわゆる「オカルト」の領域の動画も含んでしまい、推理物の動画を探すのには不便なため、推理色の強い動画は「ミステリ」タグを用いているようだ。

余談だが、「ミステリィ」というタグは使われていない。

ミステリー作家・関係者

ニコニコ大百科内に記事のあるミステリー作家漫画家脚本家ゲームクリエイターなどの「小説家」以外の人物や、「ミステリー作品を書いたこともある」程度の人物、評論家なども含んでいる。

海外の人物などで姓が名より後に来る場合でも、姓の五十音順で掲載しています。

ミステリー作品

ニコニコ大百科内に記事のあるミステリー作品。「最初はミステリーだったが途中から別のジャンルになった作品およびシリーズ」や「分類するなら別のジャンルだがミステリーの年間ランキングに入ったことがある作品」など、単純に「ミステリー作品」とは言い難い作品も含む。二次創作は除外。

ミステリー関連の動画投稿者

ニコニコ大百科に記事のある、ミステリーを扱った動画投稿している動画投稿者。ただし代表作がミステリー関連とは限らない。

関連項目

外部リンク

推理小説を書くのに、こんなに「ルール」があるって知ってた?exit

この記事を編集する

掲示板

  • 109ななしのよっしん

    2020/06/29(月) 21:32:52 ID: i3gdLJue+n

    >>107
    まあ現実にも現実の出来事に対して「もし○○世界なら××だな」みたいなこと言う人は結構沢山ネットにいるし、ある意味リアルだよな。
    虚無への供物とか匣の中の失楽とかはその辺のミステリファンの講釈が滑稽に書かれてて面かった。今では自分がそれらの作品の中に出てくる人物みたいになってしまったが。

  • 110ななしのよっしん

    2021/04/11(日) 12:13:06 ID: UFCa9mEmAM

    >>109
    そらネット傍観者が感想文書いてるからそうもなるよ。小説読んでるのと同じで自分には関係しない話だからね

    君自身が泊まりに行った館で殺人事件おきたら
    「お!良くある次々に殺されてくじゃん!」とか思えるタイプ人間ならリアルという感想もあるかもだが…
    ミステリーにおける警察無能でないと話が進まない、なんて言われるように元からリアルでないジャンルだしさじ加減は難しいよね

  • 111ななしのよっしん

    2021/05/31(月) 22:23:01 ID: eUiG4gngWl

    何故強姦魔や脅迫者はどいつもこいつもHP1なのか?
    なんで男盛りの30台や40台が転んだ表に頭をぶつけたくらいで即死せにゃならんのか?
    後遺症出てなんだかんだで助からなかったならともかく

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/16(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/16(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP