ミホノブルボン(ウマ娘)単語

ミホノブルボン

9.1千文字の記事
掲示板をみる(424)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マスター、ご命を。どんなに厳しい試練でもこなしてみせます」

ミホノブルボン(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ミホノブルボン」をモチーフとするウマ娘である。 CV:長谷川育美

概要

誕生日:4月25日 身長:160cm 体重:増減なし スリーサイズ:B86・W54・H87

人呼んで『サイボーグ』。常に物事を数値でとらえ、無表情かつ機質に的を遂行する。感情のない機械なのかというと、そんなことはなく、幼少期からのしい鍛錬で人と話す機会が少なかったことから、現在の性格が形成された。
仮面の下にも想いはあるようだ。

ミホノブルボン|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

圧倒的な練習量をストイックにこなす努天才普通ウマ娘なら音を上げるような過酷な練習を、表情を変えずに淡々と行う。
その雰囲気から、学園内では「サイボーグなのでは?」という噂がまことしやかに囁かれている。

みがかった栗毛の冷静沈着なウマ娘。まるで機械のような喋り方をし、「最強ウマ娘」を標に鍛え上げられた鋼の体を持ち、鉄壁ポーカーフェイストレーニングをこなす。マスター(トレーナー)には忠実で、トレーニング

本人は「サイボーグ」に例えられる一方、触っただけで壊してしまうほど精密機械との相性が悪く、自販機ボタンを押すことも禁止されている。ゴルシちゃん号?ゴルシの持ち物だぞ、あれがただの機械なわけ(ry 
なお、学園生徒への通達や各種申請、連絡用としてスマホが支給されているようでブルボンもちゃんと所持しているものの、誤作動?が相次いでおりスムーズに扱えていない様子。

勝負服ピンクベースに各所にメタリックな意のついた近未来的なデザインゲーム勝負服イベントによれば、昔たまたま観たアニメ宇宙戦闘機モチーフになっているとのこと。

三冠ウマ娘になることを標に掲げる。これはアニメではマスター(沼)から与えられた示とっているが、ゲームでは彼女個人の幼い頃からのであり、マスターの意向よりも優先するものとしている。またゲーム中にて、マスター(プレイヤートレーナー)より「努明し、人に勇気を与えるウマ娘になってほしい」という願いを受けており、これを三冠と共に達成すべき標としている。一方でゲームメインストーリー2章では、三冠について詳細はられていないものの、菊花賞敗北時に『任務を達成できなかった』と言い、菊花賞後に『今は勝利の命の為ではなく勝ちたくて鍛えている』とる等、メインストーリーにおいてはアニメに近い設定を匂わせている。

ゲーム中で、父親は元トレーナーであり、幼いブルボン彼女のため厳しく鍛えたことがられている。父親を尊敬しており、父親に似た暖かみを持ち自分のを尊重し導してくれるマスター(プレイヤー)を慕っている。また父親の冗談を信じて「が鳴ったら尻尾をとられる」と思っているらしい。

アニメでの活躍

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」に登場。ファン感謝祭玉として企画された「BNW駅伝」ではチームNの第1走者として出走、同じくチームBの第1走者ライスシャワーに言及がある。

Season2では物語の中盤で登場。自身の三冠ロードと、そこに密かに追いつかんとするライスシャワーのことが描かれる。菊花賞敗退後はジャパンカップしていたが、右足を故障してしまい休養へ。そこでトウカイテイオーからライスシャワー天皇賞(春)出走拒否の話を聞かされ、説得へと向かう。ポーカーフェイスで知られる彼女が、内に秘めていた感情と想いをむき出しにしてライスシャワーと相対したその結果は……。

アニメにおけるブルボントレーナー名前を「沼」といい、特徴的すぎる見たとドスの利いた、そして底したスパルタでブルボンチームメンバーを鍛え上げていることが描かれている。CV黒田崇矢氏(代表作に「龍が如く」の桐生一馬役など)。その見たは氏の貌に限りなく近い。

ゲームでの扱い

育成キャラ:MB-19890425

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
96 72 92 102 88
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
C B A B
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A E G G
成長率
固有スキル『G00 1stF
最終直線までみずから崩れることなく前の方にいると速度が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

育成キャラ:CODE:グラサージュ

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
100 68 92 96 94
成長率
固有スキル『オペレーション・Cacao』
中盤のコーナーで先団を走行中後ろに他ウマ娘を探知するとわずかに息を入れ、さらに速度を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月:メイクデビュー出走
  2. ジュニア12月前半:朝日杯FS(G1)で5着以内
  3. クラシック3月後半:スプリングS(G2)で5着以内
  4. クラシック4月前半:皐月賞(G1)で5着以内
  5. クラシック5月後半:日本ダービー(G1)で5着以内
  6. クラシック10月後半:菊花賞(G1)で3着以内
  7. ニア4月後半:天皇賞(春)(G1)で3着以内
  8. ニア11月後半:ジャパンカップ(G1)で2着以内
  9. ニア12月後半:有馬記念(G1)で1着

概要

育成ウマ娘としての実装3月9日。[MB-19890425]として3の実装となった。なお、「19890425」は史実の生年日。固有スキルの名称は、NCプログラミングに由来する。G00は「位置決め(送り)」を表し、その後に座標を入する。Fは送り速度定であり、例えばF100なら一分間に100mm移動する。総合すると「先頭に向かって限の速度で移動」が意味する所である。

純然たる逃げウマ娘な一方、距離を問わない高めの距離適性を持っている。マルゼンスキーとは配分が近い。初期は史実での菊花賞でタンホイザに抜かせなかった根性が最も高く設定されている反面スタミナは低めだが、成長率はスタミナに20%補正がかかっており伸びやすい。まさに「鍛えればスタミナもできる」を体現してると言えよう。
お菊賞からは天皇賞(春)ジャパンカップ有馬記念と言った中長距離レースでの好成績をめられるため、スタミナを鍛えないと息切れして育成終了になりやすいので注意。その辺はスキルで補ってもよい。このあたりの都合で、適性があると言ってもマイルや短距離用に育てるのはちょっと辛いところがある。

継承における相性は大方の予想通り逃げウマといい傾向。他方、アーマーとして外付けするからか極端に相性が悪いウマ娘がいないという育成上で有利な要素を持つため、魔改造用の因子のトス役に最適。ブルボンの有スマートファルコンマルゼンスキーの相性を◎にする難易度が劇的に変わる他、ダートも短距離も追込もAでないにも関わらずハルウララとの相性も何故か短距離ダート・追込非A勢の中で最も良い(それでもバクシンオー×ゴルシ並に悪いがウララの相性は基本こんなものである)。

固有スキルは、「出遅れ・掛かりを起こさず」かつ「最終直線で前の方にいる」ことで発動する。脚質にあまり依存せずに継承しても潰しが効くのが利点。逃げ一択ブルボン本人としては先駆けや覚醒Lv3で追加される先手必勝と併せ、大逃げから最後のひと押しを狙う形が理想となるが、が使うにせよ緩い不発条件をケアするための賢さ調整の程が悩み所。

2022年1月28日アップデートで別衣装の「CODE:グラサージュ」が追加された。

逃げ脚質と相性のよいスキル+特殊仕様イベントっている。
ただしスタミナの補正がスピードに振られてしまっているため、固有二つ名を狙う場合は要注意。
また、終盤発動のスキルは全く持っていない。上記のスタミナ周りに加えて、アンリングスキーミングをはじめとした終盤スキルの補強(特に加速・速度アップ系統)は必須。
固有スキルは、「4位以上で後ろ3バ身以内に迫られている」と発動する。単騎逃げだと不発に終わりやすいが逃げウマ娘が複数いる場合はハナ争いで自然と発動しやすい部類。

CPUとしてはサービス開始時から一部キャラシナリオや下記のストーリーモードで登場し、3Dモデルもじっくり見ることができた。通常のレース中ではどの距離においても出走してくることがあり、史実での経験がなかった短距離戦線で無双することも(適性はプレイアブル版と必ずしも一致せず、短距離Aになっていたりする)。

メインストーリーでは2章においてメインとなるライスシャワーライバルとしてアニメとはまた違った形での表現がなされ、尺の都合で短縮されていた京都新聞杯の様子もじっくりと書かれている。

さておきユーザーの間で大きく話題となったのが、レースパートの第1R・日本ダービーである。ライスブルボンに敗れる筋書きなので2着以内でクリアできるのだが、驚くべきはそこでのブルボンステータス
ランクは貫のS、スピード及びスタミナがカンスト寸前、他のステータスも高数値という化け物のようなステータスであり、並のウマでは相手にすらならず、大差をつけられてしまう。たとえ他のウマ娘に大差勝ちできる仕上がりに至っても、そこからさらに然と大差負けを叩きつけてくる。
ちなみにタイムは2:21:2と現実日本ダービーレコードはおろか、古も含めた2,400mの全競走内でも歴代2位という高記録
ユーザーからはこのブルボン勝利することが、ハルウララシナリオ有馬記念優勝とともにエンドコンテンツの一つと見なされることとなった。メインストーリー殿堂入りウマ娘を使っていつでも挑戦できるので、その点では育成中の一発勝負であるウララより気軽である。
なお、実装当初は育成版ブルボンが未実装ということもあり実は「スキルが貧弱」という弱点があったが、ストーリー3章追加と併せて固有・レアスキル備のフルアーマーブルボンパワーアップを果たし、弱点を全にした。

サポートカード

所持スキル逃げ特化だが、「逃げ直線○」「逃げコーナー○」「先駆け」に「の日○」の4つという数的にはかなり寂しいラインナップ。有用なスキルだが全部安めなのでヒントによる減少量も少なめ。
ニッチすぎて全く活躍の場が与えられていない「の日○」は置いておくとして、駄が出にくいラインナップとして見れば悪くないが。

共通イベント選択肢で体+10できるものと、「集中」Lv1orスピード+10・スキルpt+15の2択。「集中」Lv1での減少量=14ptなので、「集中」を習得したいがヒントがない時以外ではスキルptを貰った方が間違いなく得である(「コンセントレーション」を狙う場合も、下位が自動解禁されるので同様に不要)。

SR[鍛えぬくトモ]

初期実装パワータイプ
トモとは競馬で後肢のことで、後述の通り鍛え抜かれたトモ競走馬ミホノブルボン徴する部位であった。要はお尻や太腿あたりのことなので、イラストはそういう感じになっている。

サポート効果は友情トレーニング特化。実は同じく初期実装の[テッペンに立て!]ヒシアマゾンとほぼ同じ性で、こちらはパワーボーナスヒント発生率アップ、あちらはスタミナボーナスレースボーナスを持つ。
ステータスボーナスの良し悪しは状況次第だが、所持スキル含めてヒントの重要性が低い性でのヒント発生率アップと、にでも恩恵のあるレースボーナスではちょっと分が悪く、同レベルでの優先順位は逃げウマ娘の場合のみいい勝負というところ。もっとも、両方入れる余地があるなら両方入れていい強さである。

イベントは1回で下の選択肢を選ぶと「コーナー回復○」ヒントが貰えるが、体-10と共にブルボンゲージ下がってイベントが中途終了するので、上がりきって多少下がってもがない段階以外ではかなり選びたくない。編成外で来た場合なら無視できるが、上の選択肢が根性+10・スキルpt+15なので、そもそも前述の例と同様(こちらは-17なので一応わずかに勝るが、体消費が痛い)解禁的以外では釣り合わない。
2回に進行した場合もステータスと引き換えに体-10され、上がるのもに根性なのでイベントとしての価値は低め。

SSR[祝福はフーガ]

アニメ2期のBDウマ2」第2コーナーの特典。スタミナタイプ

レアスキル逃げ用の「逃亡者」不確定。
得意率がゼロ、それ以外は極端に低いところはないが強みがなく、サポート効果に関してはガチャSR未満である。ただし4状態で貰えるので、スタミナSRっていないなら話は別。

SSR[幽霊さんとハロウィンの魔法]

2021年9月末開始のストーリーイベントMake up in Halloween!」の報酬。賢さタイプ

レアスキルはやっぱり逃げ用の「先手必勝」確定。

サポート効果は総合的に見るとガチSRの微劣化だが、賢さではなくスピードボーナス(と初期スピードアップ)を持っているのが特徴的で、賢さメインの育成が評価されている登場時の環境にはマッチしており、レースボーナスや初期などの最低限欲しい効果は備している。
そのうえで、これまではイベント完走が非常に厳しい[ターボエンジン全開宣言!]ツインターボに頼るしかなかった「先手必勝」が確定で取れるのが大きな魅

連続イベント1回では逃げ用の使いやすい回復スキル「勢い任せ」のヒントを、前述のケースのような損失がない形(「スピード+10&ヒント」「賢さ+15」の2択)で取れるのも嬉しい。

関連ウマ娘

ライスシャワー個別記事
モチーフ同期にして、一土をつけられた相手。アニメなど史実に沿う物語の中では最大のライバルとして、『うまよん』など時系列を勘案しない日常では良き友人として、そしてゲームでのイベントでは互いにを与え合う友として、各媒体で強くフィーチャーされている間柄。
スマートファルコン個別記事
サイレンススズカ個別記事
同じ逃げウマ娘たち。ラジオドラマによるとスズカとはクラスメイト。『うまよん』ではスマートファルコンアイドル志向にスズカ共々巻き込まれ、トリオユニット逃げ切り☆シスターズ」を結成することに。ゲーム中でも一緒にダンス練習している姿が見られ、ファル子から時々レクチャーを受けている。ブルボンマイペースゆえに案外順応している。モチーフミホノブルボンより後年の逃げたち。
サクラバクシンオー個別記事
うまよん』で交流が描かれている。モチーフ同期だが、中長距離に転向したミホノブルボンとの対決スプリングステークスの1回きり。選択肢次第で友人になるのだが、何故か差し入れに電池を送られて困惑する事も。チャンピオンズミティングにて、一緒にカフェに行っていたり、2022年バレンタインイベントでも同じく同期であるフラワー・ライスと四人で奮闘している。
ニシノフラワー個別記事
モチーフ同期かつ共にクラシックタイトルを獲得した同士でルームメイトハードトレーニングを続けるブルボンを気遣い、何くれとなく世話をしており、ブルボンもそんな彼女感謝している。フラワーの育成シナリオでは、逆にトレーナーに心配を掛けないがために理をするフラワーにブルボンなりのアドバイスをする事で彼女トレーナーとの関係を善するきっかけになっている等双方で大切に想っている。
トウカイテイオー個別記事
アニメでは共にライスシャワー天皇賞(春)への出走の説得、ゲームではブルボンの育成シナリオにてジャパンカップ対決対決に向けてトウカイテイオーの事を調べる内に、マスターと掲げたもう一つの標の意味を実感として知る事になる。モチーフは1年前の「菊花賞を逃した二冠」だが、古混合初戦として予定していたが、怪の為にトウカイテイオーも出走する第12回ジャパンカップに出走できず引退したため対決は実現しなかった。ゲームではテイオーの史実での軌跡をブルボン視点で忠実に表現されており、「怪をしなかったミホノブルボントウカイテイオー対決」という当時の競馬ファン希望がかなえられた形になっている。
メジロマックイーン個別記事
ゲーム版で育成シナリオ天皇賞(春)対決メインストーリーで共演(一時的にチームシリウスに加入している)、それ以外でもライスシャワーナリタブライアンの育成シナリオ(ハードモード限定)やサポートイベントでも共にいる事が何度かあり、マックイーンからも共に高め合える好敵手として見られている。モチーフも当時古戦線で長らく頂点に立っていたメジロマックイーンへの対抗として期待されていたが、上述のトウカイテイオー同様故障による引退対決が実現できなかった。
エイシンフラッシュ個別記事
アプリ2022年バレンタインイベントで、同時に別勝負服実装バレンタインに近い故にパティスリーとして他のウマ娘からのヘルプに応えているフラッシュからの応援依頼を受けて手伝いを承諾。ブルボンからしても微小な誤差も許さない正確を座右の銘としているフラッシュは信頼の対であり、フラッシュもある種似た者同士なブルボンには好感を抱く。モチーフとしては特に関連がい。期に引退を余儀なくされたミホノブルボンに対して、長い現役時代浮き沈みはあったが好走を続けたエイシンフラッシュは対照的。

史実

92年 皐月賞

そのモンスターの名は
ミホノブルボン

常識は、敵だ。

2011年 JRA 皐月賞CMより

1992年皐月賞日本ダービーを勝ったクラシック二冠。過酷なトレーニングで鍛えられた体美と、正確にラップタイムを刻む逃げスタイルから「サイボーグ」の異名を取った。

1989年まれのマグニテュード、カツエコーシャレー。が共に人気種牡馬(ミルジョージダンディルート)と血統の近い代替種牡馬という地味な血統であり、700万円の安値で購入された。

血統的には短距離と考えられていたが、本を見出した戸山為夫調教師は「鍛えて強いを作る」という信念の元、距離不安を解消すべくブルボンを坂路コース底的に鍛え上げた。やり過ぎが摘されるほどの調教にもブルボンは進んでコースに向かっていたと言い、とても従順で慢強いだったと言われる。

かくして後肢の筋肉が盛り上がった鋼の体を得たブルボンは、戸山師の子・小島貞博騎手上に2歳(当時の表記では3歳)の9月デビュー新馬戦では思い切り出遅れながら差し切り勝ちで勝利し、2戦は先行から圧勝、3戦朝日杯3歳ステークス(旧表記、現:朝日杯FS)もハナ差で勝利する。3(4)歳時もスプリングステークス皐月賞東京優駿(日本ダービー)京都新聞杯逃げ切りで連勝し、距離不安を打ち破って敗の三冠に王手をかけた。

しかし、距離的に最も不利と思われた(それでも圧倒的1番人気に支持された)菊花賞では、同じ逃げキョウエイボーガンに前に出られてペースを乱されてしまい、直線でライスシャワーマチカネタンホイザにかわされ一時は3番手となるも、猛然と追い上げタンホイザを差し返す。従順にして正確サイボーグは実はとても負けず嫌いだったのだ。それでもこの日のライスシャワーには届かず、1と1/2身差の2着に敗れる。

なお、ライスシャワーとはスプリングステークス以降5戦連続の対決となっており、直近のダービー京都新聞杯では連続して2着につけ、着実に背後へ迫ってきていた。結果的に、それまでの4戦を璧に逃げ切り続けたブルボンは最後の最後でまくられる形となったのだった。

菊花賞の時点でを患っていた戸山師は翌年逝去。ブルボン菊花賞以降故障が相次ぎ、再びレースを走ることなく引退した。8戦7勝。引退後は2012年まで種牡馬として活動し、2017年2月22日に老衰のため死亡種牡馬時代にも芸能人が跨っても気なほど、変わらぬ慢強さで知られた。

詳細は当該記事へ→ミホノブルボン

関連動画

関連静画

関連立体

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/03(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/03(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP