今注目のニュース
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
「5人が並んで花火を見ている写真が撮れた」 しかし、人ではなくまさかの…
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化

ミルモでポン!単語

ミルモデポン

掲示板をみる(92)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミルモでポン!」とは2001年2006年まで『ちゃお』で連載されていた、篠塚ひろむによる漫画、及びそれを原作としたアニメ。地上界に降りてきた妖精たちとを中心とした人間妖精の交流を描いていく。

登場人物

妖精たちの特徴

アニメ

2002年4月からは、スタジオ雲雀により「わがまま☆フェアリー ミルモでポン!」のタイトルで、2003年9月までTV東京系で放映された。以後はゴールテンタイムに移動し、そのまま「ごおるでん」「わんだほう」「ちゃあみんぐ」とタイトルを変えつつも2005年9月まで、3年半に渡る長寿番組となった。

アニメ原作以上にギャグを重視した作りであり、一応ラブコメであるものの1期では原作を消化しつつのコメディであった。その後は、妖精がなぜか見える転校生江口沙織」と音楽教師桐生先生」が登場するごおるでん」
突如現れたタコロボットタコス」が登場するわんだほう」と続いた。

恋愛以外にも、日高あずみにスポットをあてられたり、松竹財閥の事情など
シリアスを挟みながらも、アニメオリジナル展開なっていった。

だが、「ちゃあみんぐ」は最終章ということもあってか、コメディは相変わらずながらもそれまでの流れを一転するかのような恋愛重視の作品となった。

余談

  • アニメ1期が放送されていた当時、前時間に放送されていた「東京ミュウミュウ当ての大きいお友達が、そのままの流れで「ミルモ」を見ていたことが視聴率や知名度アップに大いに関係していた。そして、それまで名同然だった『ちゃお』の知名度を一気に上げることにもなった。




関連動画

関連静画


関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP