ムツゴロウ単語

ムツゴロウ

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ムツゴロウとは、

  1. ハゼ科のの一種である。食用にされる。
     
  2. 畑正憲称。北海道動物を建し、それにまつわる文筆業を行っている。動物たちに「よーしよしよしよし」と言ってもモフモフするおじさん

    また意外かもしれないが麻雀の腕はかなりのもので、かつては佐田哲也小島武夫らとも渡り合い、昭和麻雀十傑の一人に選ばれている。現在日本プロ麻雀連盟の相談役を務めており、段位は九段。 
    ムツゴロウ王ではな「かがぶっ倒れるまで打つ」というコンセプトの、不眠不休で半荘40回戦を打ち続ける「魔王戦」というタイトル戦が行われていたこともあったとかなんとか・・・
     

この記事ではのムツゴロウについて記述する。

概要

体長は、最大で20センチほど。

日本では、有明海や八代の泥質の干潟に1メートルほどの巣を掘って生息する。干潮時にはムナビレを使って干潟の上を這い回る姿が見られる。

エラ呼吸の他に皮膚呼吸も行っている。皮膚呼吸の効率を高めるために皮膚が薄くなっているので皮膚を傷つけないために細かい粒子の泥地にしか生息できない。さらに皮膚呼吸に頼りすぎて体が湿っていれば陸上でも気だが逆に水中から出られなくして空気に触れさせないようにすると溺れてしまう

えさは泥の上に積もる珪藻類。トビハゼ(体長は半分ほど)と同じ場所で見られることもあるが、こちらは底生動物を食しムツゴロウと棲み分けている。

食用として蒲焼などにされる。漁法としては、泥の上に出てきたムツゴロウにオモリの付いた針を投げて引っ掛ける「ムツかけ」、巣筒のを仕掛ける「タカッポ」など。

環境省レッドリスト絶滅危惧種に挙げられている。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

ムツゴロウ(ハゼ科)exit - 佐賀県

この記事を編集する

掲示板

  • 19ななしのよっしん

    2015/02/27(金) 20:54:15 ID: UhFNPNGcAK

    日本国内の常識で判断してる人は狂ってるとか言うけど
    この人は世界中を周ってるから、本当は世界規模の常識
    判断すべきで、それで見ると結構何でもないんだと思う

    海外動物は基本的に食べ物だし、でてる余裕なんか
    いだろうし犯罪が多発して強盗強姦普通の殺しあうも多いし

    日本は確かに秩序あふれて道徳的かもだけど
    だからこそ不足してる部分も出てくるとは思うんだよね

  • 20ななしのよっしん

    2016/02/02(火) 10:43:52 ID: EmiUD6tZv8

    先進国民主主義風化してだめになるとずっと思ってるんです。」

    世界的に民主主義が破綻してきてるもんな。
    日本は言うに及ばず。

  • 21ななしのよっしん

    2021/08/28(土) 10:07:04 ID: hUN34CG4i5

    人の方は今ユーチューバーやってるとかなんとか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/25(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/25(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP