今注目のニュース
下野紘&内田真礼の「声優と夜あそび」水曜日で“バーベキュー的なロケ”決定
がん検診結果の誤通知で女性が死亡 「問題が起きた理由」に非難殺到
京アニ放火事件で日本アニメーション協会が「慎重かつ冷静な報道」求める Twitterではハッシュタグ「prayforkyoani」が誕生

ムドー単語

ムドー

掲示板をみる(192)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ムドー
ムドー
登場作品
ドラゴンクエストのモンスターテンプレート

ムドーとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する魔王である。大魔王ではない。

概要

ドラゴンクエスト6に登場したボス。1からの魔王にはお染みの魔王を構え、人々を苦しめている。特に近隣のレイドック周辺に熾な攻撃を加えており、序盤からその存在は巷間に広く知られており、その戦いが中盤の山場となる因縁の敵。夢の世界現実世界それぞれに身を置いていたりと微妙にややこしかったりする。

はじめは夢の世界にいる偽物のムドーと闘い、次に現実世界にいる本物のムドーと二連戦することになる。特に連戦2回・ムドーはかなりの強敵であり、畳み掛ける全体攻撃で即全滅負けイベントと勘違いする人まで出る始末だった。

ボスとしての強さ

見たはとても威厳があるようには見えないが、先述したようにボスとしてもかなりの強敵。

1回に戦う偽ムドーは1回行動で「火炎の息or打撃攻撃」→「スカラor打撃」→「作戦変えorメラミ」のローテーション。メラミと火炎の息に気を付ければ大丈夫。特にHPの低いバーバラメラミターンでは防御しないと即死しかねない。
おこの偽ムドー、倒した後にラーのカガミでその正体を暴くことができる(というか暴かなければいけない)のだが、それは行方不明中の…

現実世界で戦う本物のムドーは、最初はきりさきピエロ2体を手下に引き連れて現れる。行動は打撃、ルカナン、火炎の息、仲間を呼ぶ(きりさきピエロorデビルアーマー、手下が倒された時のみ)からランダム。きりさきピエロスカラorスクルトで防御を上げれば化できる上に、下手に倒せばもっと強いデビルアーマーを呼ばれるのでムドーを倒すまでは放置するのも手。仲間を呼ぶでムドーの行動を1回消費させることもできるが、そこはプレイヤーの判断で。

 問題はその次の・ムドーである。こちらは手下を引き連れないものの、攻撃面で強化されている。
その行動は「氷の息or打撃」→「稲妻or打撃」→「妖しい瞳(味方1人強制睡眠)orしい(全体に数ターンマヌーサの効果)」のローテーションで1ターン1~2回行動

氷の息(全体約55ダメージ)と稲妻(全体約40ダメージ)が強な上に、眠りの呪いで仲間を眠らせて手数を減らすと嫌らしい。その上不2回行動ということもあって、下手すれば氷の息と稲妻を1ターンで連続して繰り出すことがある(通称デスコンボ)。防御してなければ全体90100ダメージという恐ろしい威であり、低Lvだと半壊~全滅してしまう。
さらには2回では有効だったはずのせいけんづきも、・ムドーはかなりの確率で回避する耐性持ちになっている。

対策としては、使用するとベホイミの効果がある「ゲントのつえ」は必須で、チャモロの初期装備なので調達の必要はない。デスコンボなどでピンチに陥った時にいかにく立て直せるかが重要なのでベホイミが使えない主人公ハッサンに持たせて一人でも多く回復にまわれるようにするとよい。次にムドーの城宝箱から入手できる「ほのおのツメ」は使うとメラミの効果があり、・ムドーに対しては8090程度のダメージと攻撃手段としてたいへん優秀なのでこちらも是非手に入れて活用したいところ。ほのおのツメは、ベホイミゲントの杖も持ってない最後の1人に持たせてメインの攻撃役を担ってもらおう。また、ほのおのツメの他にもアモールの水をたくさん持たせておいて、いざという時は回復に加われるようにするのもいい。他にも「せいれいのよろい」、「プラチナメイル」、「ドラゴンシールド」などで耐性を補強する手段もあるが高額だったりカジノコインを稼ぐ必要があるのでハードルが高い。低レベル攻略でもないかぎり、下記の通り攻撃のムラが大きいので再挑戦し続けた方がく勝てるかも知れない。

味方全体に大ダメージを与える氷の息と稲妻、味方1人を確実に眠らせる妖しい瞳は脅威だが、一方で打撃はゲントのつえだけで余裕でリカバリーできるので単体では全く怖くなく、しいも炎のツメメイン攻撃手段としていればサービス行動も同然である。つまり上記のローテーションを見ればわかる通り脅威となる行動は全てヌルイ行動との二択になっているのでムラしいということである。対策をしていても2回行動が多く氷の息や稲妻をバンバン使われて苦戦することもあれば、逆に1回行動ばかりで打撃やしいを多くやってくるため低レベルかつ対策で挑んでも簡単に勝てる場合もある。

この・ムドーは悪なデスコンボなどから本作でも屈の強敵と言われることが多いが、上記のためアッサリ勝てたというプレイヤーも少なくない。実際にローテーションの「氷の息or打撃」からスタートするターンでもデスコンボを喰らう確率は1/8であり、ほのおのツメを毎ターン使い続ければ11~13ターンほどで倒せることを考えると1回の戦闘デスコンボを何度も喰らうのは結構運が悪い部類だったりするので、このような状況にあったら運が悪かったと割り切って再度挑戦するのが良いかも知れない。また、この段階でレベルを上げすぎてしまうと後で転職できるようになったときに熟練度がなかなか上げられず困ることになるので主人公レベル20くらいに到達したらこれ以上レベルは上げずに勝てるまで挑戦し続けるべきだろう。

ちなみに、・ムドー(別称:本気ムドー、ムドー3)の時に流れるBGM敢然と立ち向かう』は神曲であると呼びが高い。しかしこの曲があまりにも、あまりにもラストバトルじみているため、後述のムドー討伐時のテンション鎮火に一役買っているとかなんとか

ネタバレ含む詳細なお話。何故ムドーはラスボスだったか。

ムドーがレイドック王に呪いをかけて睡状態に陥らせたため、レイドック王子つまり主人公はムドー討伐に向かうことになった。主人公大工息子ハッサン占いミレーユ仲間に加え、ドラゴンに乗ってムドーの城へ向かう。
しかしムドーは3人をあっさりと拘束し、レイドック王と同じ呪いで彼らの体を封じ、魂を「夢の世界」に分離して偽の記憶を植えつけてしまう。これにより主人公レイドック王子によく似た腕っ節の強い村の少年ハッサンの武闘ミレーユ占い師となってしまう…というのがゲーム開始直後のイベント

その後、紆余曲折を経て3人は再会し、また占いグランマーズの助けもあって「レイドックを脅かすムドー」を倒すという的を得る。しかしこの「レイドックを脅かすムドー」、その正体は現実レイドック王の魂が変じたものであった。
だが事前に手に入れておいたラーのカガミにより王の魂にかけられた呪いを打破し、王を助けることに成功する。

その後現実世界に戻った主人公一行は、新たな仲間を借りて現実世界のムドーに挑む。ムドーの呪いで再び夢の世界に戻されるも、ラーのカガミによってかけられた呪いが打破され、遂にムドーに対抗できるようになる。
こうして主人公がムドー打倒に成功し凱旋すると、夢の世界の出来事を覚えていたレイドック王は主人公を疑うことなき王子かつ魔王を倒した伝説勇者として認め、王民からも熱に歓迎される…。

……と、ムドーを倒す事でこれまでの大きな因縁に決着がついてしまうのである。第一部

ここから先のシナリオは、ムドーを倒しても戻ってこなかった主人公の半身や少女バーバラの正体を探し出す、「当てのない自分探しの」に変化する。
さらにムドー戦前伏線のほとんどがムドー戦の前後で回収され、DQ3バラモス戦後ゾーマのような「ボスが現れる」という描写も皆無なため、ここからしばらくの間当面の標が曖昧になり、あちこちを巡るの時期が続く。
やがてジャミラスというムドーと同格の魔王デスタムーアという大魔王の存在が判明するのだが、その頃には「ムドーこのやろー!」と息巻いていたプレイヤーテンションが落ち着いてしまうのであった。

さらにムドー自身も強敵であり、大魔王格を持つという事も大きい。OPから強な印を残し、両世界でその恐ろしさが喧伝され、さらに都合3回戦うという因縁の敵でもあるため、少なからぬ人がここで完全燃焼してしまう。
特に、キャラクターの素の、特技、魔法アイテムを駆使して挑む・ムドー戦では、特に初見では多くのプレイヤーが苦汁をなめさせられ、DQ6の中でも一つの大きな山場と言える場面であろう。

さらにムドーはデスタムーアから転職つかさどるダーマ神殿を封印する任を負っており、ムドーを倒すことでダーマ神殿が復活する。
この転職システム、特に6では転職になると様々な呪文や特技を覚えられるようになり(特に魔法使いランク1のメラミが有名)、転職ができるようになって以降はヌルゲー気味になってしまい、転職のための育成で大きくに逸れてしまうことも多い。これもテンション鎮火に一役買ってしまっている。

以上のような理由から、この前半の山場を務めるムドー戦が一番盛り上がるシーンラスボスであり、後はおまけ、と言うような評価が、冗談交じりに聞こえてくるのである。

単純に、残りの同格魔王諸氏…っつーかジャミラスグラコスあたりの影が薄すぎるのが問題のような気もする。
特にジャミラス、カルカドのを1つ征するのにどんだけ手間取っているの。

ムドーの秘密

色違いモンスターにブースカがいるが、デザインされた順序としてはブースカの方が先であり、その色変えとしてムドーがデザインされた。

ブースカ(ムドー)のデザインは、前作でラスボスを務めたミルドラース第一形態の没デザインを流用したものである。当初は噂の域を脱していなかったが、その後出版された画集「鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ」において噂が本当であった事が明らかにされた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 190ななしのよっしん

    2018/12/23(日) 16:23:09 ID: sT4uo8HiO5

    5は下らんヒロイン論争のほうが立ってた印だな
    あとはエスターク仲間にできるか否かって噂

    それはそうとゲームブックムドーは色がブースカに近くなってるが、知名度が低いから触れられてるのは見たことがないな

  • 191ななしのよっしん

    2019/03/01(金) 19:54:52 ID: RuukTSm84C

    元々ブースカが5のミルドラース第一形態としてデザインされて没になった後、6のムドーとして色替えして採用されたって経緯があるから、色近いのは偶然にしても理由がいわけではない

    後、昔「校長魔王ムドーに似てるから教頭のあだ名がきりさきピエロ」ってネタがあったが、その校長が生えてて緑色だったんだろうか…

  • 192ななしのよっしん

    2019/03/01(金) 21:19:28 ID: 0hGi+fsUQd

    >>187
    確かに自由度が増えるけど、ゲームデザインの都合で、
    自由度が増えたところで、徒労感ばかり増しちゃうんだよ
    SFCのVより前は、収集要素や往復要素が少ないからあの自由度でよかったの

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP