今注目のニュース
複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も
開票前の「当選確実」は信用できるのか?―選挙速報の不思議
名古屋教育虐待殺人事件「何が教育熱心な父親を子殺しに駆り立てたのか?」

ムーンブルクの王女単語

ムーンブルクノオウジョ

掲示板をみる(66)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

犬姫

ムーンブルクの王女とは、「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」の登場キャラクターである。

概要

ゲームの冒頭でハーゴンの軍団に滅ぼされたムーンブルク王女にあたる。言わずと知れたロトの血筋である。
彼女だけは何故か殺されずに呪いをかけられて主人公一行に助けられることになる。
SFC版では王女父親王様)がモンスターから王女を逃がすシーンが挿入されており、その絶望感漂う演出に、当時の小さな子供達にとっては軽いトラウマとなっただろう。ぎょえー。

先述の呪いによってにされてしまい、主人公達に助けられるまではさぞかし凄惨な日々を過ごしていたと思われる。
後に主人公が見つけたラーの鏡によって元の姿に戻る。
の姿の時に話しかけると哀れな鳴きをあげ、ムーンペタ中だけだがそのまま主人公達について来る。

主人公に助けられた後は、その高いアビリティを発揮してパーティの大きな戦となる(※ただし登場時はレベル1)。
HPは低いがMPが豊富で、参入直後からバギやベホイミなどの強呪文が使え、成長すればイオナズンベホマなど強魔法を覚える典的な魔法使いタイプ
そのうえ、「いかずちのつえ」装備だと殴りもそこそこ強い。
・・・そんなわけで、彼女が参入したあたりからサマルトリアの王子の凋落が始まる。てつのやり(笑)

また、すばやさのステータスがかなり高いので、SFC版ではほとんどのモンスター相手に高確率先手を取ってくれる。
役割としては「攻撃魔法」もしくは「補助呪文」という2択を迫られることが多くなる。

容姿

様ではあるが、作中の身なりはいわゆる装束である。

装はのローブにフード魔法使いタイプらしくを持った姿が描かれることが多い。「頭に密着したフード」というやや特徴的な格好は、ローレシアの王子サマルトリアの王子ゴーグルとも併せて、当時の鳥山明氏が「風の谷のナウシカ」からの影を受けたためではないか?と言う説もある。

また、作中には「あぶないみずぎ」や「みずのはごろも」といったきわどい雰囲気の装備が登場しており、
当時の少年達はおおいに妄想を膨らませたに違いない。
というか、MSX版においてあぶないみずぎ」を装備した時の一枚絵及び、恥ずかしがる王女台詞までもが用意されている。
スタッフGJ

はウェーブのロングヘアーで、FCMSX版では紫色SFC版では金髪となっている。
そのため、その後の参加作品やファンアート等では、紫髪だったり金髪だったりまちまちである。
でもまぁどちらも凄く可愛いので全く問題

また、になっていたと言うヒロインにあるまじき経緯は中々見ないものであり、ネタにされる事がある(性的な意味で)
ファンアートにおいて犬耳を生やされたり尻尾を生やされたりする事は日常茶飯事である(性的な意味で)
あとは首輪とか(ry

・・・まぁ、後に長い事になっていたヒロインも出たが。

名前

ローレシアの王子の名前によって、アイリン・あきな・サマンサ・ナナプリンまいこマリアリンダ(50音順)の8種類のうちのどれかに自動的に割り振られるシステムとなっている。公式の名前は小説ではセリアゲームブックCDシアターではナナFF&DQいただきストリートではプリンとなっているのでどれが正しいとは言えない。
ドラクエ9ゲストキャラとしてきたときはプリンとなっていた。おそらくゲーム上での公式はこの名前なのだろう。

ちなみに、ローレシアの王子の名前を「まさひこ」にすると必ずムーンブルクの王女の名前が「あきな」になる。(「あきな」の元ネタ堀井さんがファンだった中森明菜で、ドラゴンクエストの開発コードネームを「あきな」にしていた。さらに中森明菜の当時の人が近藤真彦。)

特殊なコマンドを入すれば自分の好きな名前に変更することができる→説明ページ
ムーンブルクの王女という事で「ムーン」と名付ける人も多いとか。

性格

本編の数少ないセリフからわかるのは、丁寧な物で、いかにもお様といった口調だという事である。
とはいうものの、テンプレ通りのただ守られる対にあるお様ではなく、王族として民を率いる強さも感じられる。
しかし、ED直前の主人公との会話から察するに、仲間内ではくだけた口調で気楽に接していたようだ。
しかもそのセリフが妙に可愛い。というかフラグ立ってる。

いただきストリートに出る頃にはかなりSっ気が強くなっていたとサマルトリアの王子が言ってたけどきっと気のせい。

イベント

ラスボス撃破後の凱旋時に、ムーンブルクへと戻り王の魂に話しかけると、何とも物悲しいイベントが待っている。
彼女にとっては不幸の連続となった一連の騒動だったが、勇者として一躍有名になり、の復という的も生まれ、どうせエンディング後に主人公とくっついたんだろうし、順満帆だろう。
ちなみに、小説版では本当に主人公結婚したり。

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP