今注目のニュース
千曲川で支流氾濫の恐れ 長野市が7地域に避難呼びかけ
お葬式のBGMにミスチル!? 以来、カラオケのたびに困った事態に…
劇団ひとり、隣人との“騒音トラブル”解消で「幸せ」

メガロ単語

メガロ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メガロとは、ゴジラ映画第13作『ゴジラ対メガロ』(1973年)に登場する昆虫怪獣である。

概要

海底シートピアの守護である昆虫怪獣。見たは両手に「半分に割れた」ドリルを持つカブトムシのようであるが、デザインには他にもセミなど複数の昆虫の要素が取り入れられている。その特徴的で悪そうな見たは、『ゴジラvsモスラ』(1992年)に登場したバトラなどそれ以降の昆虫怪獣デザインにも影を与えている。

地中では半分に割れた両手のドリルを合わせて一つのドリルにして進む他、中ではカブトムシのような羽を広げて飛行することができる(戦闘中などの緊急時には羽を広げなくとも飛行可)。また跳躍は10キロメートル水中では600ノットで進むことができると言われる。

武器は額のから発射する(キングギドラの引線にそっくりな)レーザーと、口から発射する地熱ナパーム弾である。口からや火炎やビームを発射する怪獣はたくさんいるが、ミサイルはともかくとしてナパームを発射するのは非常にしい。しかも生身で。

子供たちに人気の高い昆虫モチーフデザインされ、バッタのように跳ねるなど面く見せようとする演出が行われるものの、残念ながら人気は振るわなかった。しかし、海外ではMegalonと呼ばれ、何故か人気が高い。また、SFCゲームゴジラ怪獣大決戦』でも強キャラとなっており、優遇されている。

劇中での活躍

300万年前に太平洋に沈んだレムリア大陸人(本作ではムー大陸大西洋、レムリア大陸太平洋に沈んだとされている)の生き残りであるシートピア海底では、地上人の核実験により300万年間続いていた平和が脅かされ、ついには197X年にアリューシャンアスカで行われた第二回地下核爆発実験ゴジラたちの住む南洋にある怪獣に影をあたえるほど大きな爆発であった)によって北地区が全滅。そのためシートピアであるアントニオは地上人に報復するためやむを得ず守護であるメガロをめさせ、日本北山(ロケ地は富士五湖の本栖)に地割れを作って侵攻を開始した。

アントニオの命により地上に現れたメガロはまず北山ダム(ロケ地は多摩の小河内ダム)やを破壊。さらに二人のシートピア工作員が、日本青年科学者・伊吹郎が開発した電子ロボットジェットジャガーを奪取し、メガロの東京侵攻への先導に使用する。

しかし、伊吹たちによってシートピア人の二人は倒され、ジェットジャガーが取り戻されてしまうと先案内を失ったメガロは行き先を見失い、ピョンピョンと飛び跳ねる始末であったが、やがて周囲の都市や工業地帯を手当たり次第に破壊を開始。怪獣ゴジラの増援を依頼しに行って戻ってきたジェットジャガーは、突然自分の意志を持って巨大化。メガロとの戦闘を開始した。突然の前でジェットジャガー巨大化したため、メガロは然としていた……。

特に戦闘用のロボットではないジェットジャガーは当初劣勢であるものの、徐々にメガロが押されてきたため、アントニオはイースター島モアイ(本作ではレムリア人の通信施設という設定)で前作『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』に登場したM宇宙ハンターに協を要請。前作にひき続いてサイボーグ怪獣ガイガン派遣され1対2の攻防になって追い詰めていたところに怪獣よりゴジラが到着、ついに正義怪獣と悪の怪獣によるタッグマッチの実現となった。

メガロとガイガンは当初優勢で、メガロは両手を打ち鳴らしたりおしりをいたりしてゴジラを挑発し、自慢のナパームで攻撃するが、やはり相手は怪獣王。やがて劣勢になって行き、ついにはジェットジャガーに右腕をへし折られたガイガンが途中で宇宙に逃げ帰ってしまう。頼みのパートナーを失ったメガロはジェットジャガーに羽交い締めにされてゴジラのへんてこなドロップキックを何度も受けるなどのめった打ちに会い、ほうほうの体で地上へ登場した際の地割れへと逃げこむ。それを見たアントニオは全部の地割れ閉鎖し、シートピアの侵攻は潰えるのであった。

以降の作品でメガロが登場することはなく、シートピア海底がどうなったのかも不明である。そもそも原水爆実験被害者であるゴジラ(本作ではられていない)が、同じく原水爆実験被害者であるシートピアのメガロを撃退するというのが皮な作品ではあるが、たとえどんなことをされても暴力で返してはいけないという教訓なのかもしれない……。

造形

デザイン井口だが、造形物は複眼の描き方などがデザイン画とはかなり異なるものとなっている。

気ぐるみは2代目ゴジラスーツ担当である安丸信行がボディを、両手のドリルを後に3代ゴジラスーツ担当となる小林知己が担当した。、両手のドリルFRP脂、はアクリル、背中の羽はお風呂マットなどに使われる硬質ウレタンが使用されている他、羽の葉脈のような血管のような部分は毛糸が使われている。小林東宝に入社したばかりで、本作が初の造形助手としての参加であった。

また地中進行兼飛行用に1尺サイズのギニョールも造られている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP