今注目のニュース
なぜ「森友スクープ」は若者に読まれるのか?
『ZIP』テレワーク母親が子供をシッターに預けて賛否 働く親の本音は…
緊急事態宣言 自粛対象、国と東京都で“ズレ”

メギド72単語

メギドナナジュウニ

  • 31
  • 0
掲示板をみる(716)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(31)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

悪魔となら、変えられる未来がある。』 

ストーリー

魔を統べるを継ぎし者よ
世界の命運はお前に託された

今、世界の均衡は傾き、崩壊の序曲が奏でられる
ひとたびハルマゲドンが勃発すれば全てが燼と帰す
伝説の「ソロモン指輪」のを発現させた若者
72柱の悪魔と共に世界の秩序を取り戻す戦いの渦に巻き込まれて行く
これはソロモンを継いだ若者72柱の悪魔たちの物語

(※公式サイトより引用

概要

メギド72とは、2017年12月7日サービスを開始したスマートフォン専用ゲームである。
ジャンルは「フォトンドリヴン世界救済RPG」。
ソロモン72柱を始めとした悪魔モチーフとしたキャラクターメギド」達と、彼らのを引き出す「ソロモン指輪」を持つ主人公が「世界崩壊(ハルマゲドン)」の危機に立ち向かう物語

タイトル画面でメインキャラ号泣していることでも有名。→号泣(メギド72)

戦闘システム

基本的には仲間であるユニットメギド』を最大5人編成(内リーダーを1名定)して戦う、ターン性のRPGである。
ただし毎ターン行える選択肢が"敵味方ともにランダム"になるという、ドラフトフォトンシステムが最大の特徴といえる。

ドラフトフォトンシステム

場の中心に登場した「フォトン」と呼ばれるアイテムを敵味方で1手ずつ取り合う戦闘システム
取得したフォトンユニットに割り振り、それがそのままそターンの各ユニットの行動となる。1ユニット3個まで与えることができ、フォトン容量と呼ばれる限界値となっている。1ターンにつき取得できるフォトンの数は各営5個であるため、当然行動しないユニットも出てくる。

の3種類が存在しており、ユニット覚醒ゲージが溜まりきった状態でアタックを使うと「」が、スキルだと「覚醒スキル」が発動する。

ユニットごとにスキル特性なども含め得意不得意が存在するため、どのフォトンをどのユニットに与えるか、の選択が勝利カギとなる。
また、フォトンは最初からすべてオープンになっていないため、次に配布されるフォトンが何になるのか"想定外の状態"であることを想定して動く、という戦略も必要になる。
加えて、前述したとおり取得するフォトンは敵との共通資である。場合によっては相手に与えたくないフォトンをこちらが先に取得するという選択肢も必要となる。

どのフォトンを選択するか常に考えながら戦う必要のある、深い戦闘となっている。

 

各ユニットについて

 このゲームユニットストーリー加入の他、各期間限定イベントガチャで入手が可
すべてのユニット1で加入し最高の6まで育成するという形式で、ユニット自体にレアリティの概念は存在しない

 ソシャゲだと多くのもので「ガチャ産のキャラ最強ストーリー産のキャラは・・・」なイメージがあるが(編集者偏見)、このゲームユニットストーリー産でもガチャ産となんら遜色ない性をしており、やろうと思えば「強ボスストーリー産のユニットのみでクリア」なんてこともできたりする。

すべてのメギド主人公であり、推せる存在にする』(公式の発言)

(近年ではもっぱらストーリー配布はおろかイベント配布もとにかく強いという認識が固まっている。初心者ならイベントは参加するだけお得なので参加したほうがいい)

同時に、最強と呼ばれるメギドは存在しない(限りなくそれに近い存在は何名かいる)。
敵もさまざまな戦術を駆使してくるため、強いキャラ以上に、"相手の戦術に対応できる幅広い人材"が、メギド最大の攻略法といえるだろう。(多様性と表現される)

ユニットは前衛に強い前衛のファイター、後衛に強い前衛のトルーパー、前衛に強い後衛のスナイパーの三種に分類される。
さらにその中でも速攻に長けたラッシュ、妨や防御が得意なカウンター、そして一撃が重いバーストの三種類のスタイルにカテゴライズされる。
(ただし、スタイルごとの特徴から逸脱した性のものもいる)

また、編成においては後述するマスエフェクトの存在は視できない。リーダーと同じスタイルにすると効果が発揮されるものがほとんどなので、スタイルを統一するのが正攻法だが、スタイル視して編成に加えるに値する性を持ったユニットも多く存在するため、よく考えて組む必要がある。(公式では編成をデッキと呼んでいる)

ユニット関連用語

パーティー

 最大5ユニットからなるパーティ。各ユニットクラスにより決定される前衛と後衛に分かれる。中央のユニットリーダーと呼ばれ、ユニット固有のマスエフェクトにより味方に様々な効果を付与する。

クラス

 メギド72では敵味方双方のユニットに以下の3つのクラスが割り当てられており、これにより敵の前衛・後衛に対するダメージ補正が存在する。クラスに対する補正ではないため、ノックバックや引き寄せにより前衛・後衛が変化するとダメージ補正も変化する。

ファイター

 前衛に対して1.25倍のダメージ補正を持つ。前衛に立ち、ターゲット定しない場合は前衛を攻撃する(前衛の敵がいない場合は、後衛の敵を攻撃する)。

トルーパー

 後衛に対して1.5倍のダメージ補正を持つ。前衛に立ち、ターゲット定しない場合は後衛を攻撃する。

スナイパー

 前衛に対して1.25倍のダメージ補正を持つ。後衛に立ち、ターゲット定しない場合は前衛を攻撃する。

スタイル

 クラスとは別に敵味方各ユニットに設定されている項マスエフェクトや装備可オーブに影を及ぼし、大まかに下記の特徴を持つ。
また、各スタイルにはスタイル専用の特殊な攻撃やバフであるトランスが存在する。

ラッシュ

 猛攻とも呼ばれる。覚醒ゲージが短い(2~4)傾向があり、戦闘開始直後から攻撃を仕掛けて敵を殲滅するスタイル。反面、HPや防御に難を抱える。
また、点とよばれる特殊なを持つのはラッシュのメギドのみである。

カウンター

 反撃とも呼ばれる。覚醒ゲージは4前後で、バランスの取れた性スキルが多い反面、爆発に欠けるため長期戦になりやすい。
メギドの基本戦術である役はカウンターが大半となっており、多くの場合視できないスタイルである。

特殊状態としてバーサーク、トランスバーサークをサポートする怒闘が存在する。

バースト

 爆裂とも呼ばれる。覚醒ゲージが長い(4~6)傾向があり、速攻性に欠けるが、ゲージさえ貯めれば一気に勝負を決められる爆発を発揮できることが多い。
ゲージをためる、バフを盛るといった性を持つメギドが多い。

ハイドロボムという特殊な時限爆弾を相手に付着させる戦術を持つメギドが多い(ただしHボムはラッシュ出身者もいる)
また行動を連鎖的に繋げて大ダメージを狙うチェインを有するメギドがいるのもこのスタイルの特徴。

覚醒ゲージ

 格闘ゲームで言うところのパワーゲージに相当する。ゲージ満タンになることで覚醒状態となり、強義や覚醒スキルが使用可になる。アタックフォトンで+1、チャージフォトンで+2される他、多種多様なチャージ手段が存在する。

 敵もこの覚醒ゲージを持っており、中には通常の防御手段では到底耐えられない自爆義を持っているボスなどもおり、「義や覚醒スキルを発動させない」あるいは「義を発動させないため意図的に覚醒スキルを使用させる」等の少し変わった戦法を必要とする場合もある。

奥義

 覚醒ゲージ満タン時にアタックフォトン消費で発動する必殺技義はユニットによって固有に設定されており、強な攻撃や味方全体のHP回復など多種多様である。

スキル、覚醒スキル

 スキルフォトン消費で発動する特殊技。義と同じくユニットによって固有に設定されている。覚醒ゲージ満タン時にスキルフォトンを消費すると、ゲージを1消費してスキルでは覚醒スキルが発動する。

 覚醒スキルスキルの単純な上位互換というわけではく、全く性質の違う覚醒スキルを持つユニットが多く、どちらかを任意に選ぶことはできないため、戦闘ではユニット覚醒ゲージの管理も重要となる。

特性

 各ユニットごとに設定される固有のバフ。常時発動しており、阻されることはい。単純なパラメータアップから、特定属性の敵への特効(ダメージ2倍)、味方への防御・回復支援など特性は多岐にわたる。

マスエフェクト

 各ユニットごとに設定されるパーティ全体へのバフリーダーに選んだユニットマスエフェクトのみ発動し、リーダーが倒されると消失する。このため、戦闘では特にリーダーを守ることが重要になる。

 バフは原則的に2種類(たまに3種類の者もいる)となるが、1つは「リーダーと同じスタイル」で発動するのに対し、もう1つは「リーダーと同じスタイル」かつ「定のクラス(必ずしもリーダーと同じクラスではい)」である必要がある。

 マスエフェクトを受けられるようパーティは同じスタイルで編成するのが得策ではあるが、どちらかというと各人のが持つ戦術的な重の方が大きいため、実際には異なるスタイルを織り交ぜた編成になることが多い。

オーブ

 メギドに装備できるアイテム召喚獣。装備することでステータス上昇や種族特攻などの効果を発揮する「特性」とクールタイムを挟む必要はあるがオーブフォトンを回すことで回復や攻撃といった様々な効果を発揮する「技」を使うことができるようになる。スタイルごとに装備可オーブは異なり、レアリティはN・R・SRSSRの4つと専用EXの5種類。極一部を除いてこの組み合わせが最強と呼べるものはなく、場面よっては低レアオーブが大活躍するという状況がしばしば起こるのもこのゲームの特徴の一つ。

ガチャについて

ガチャは自分の財布とご相談の上、自己責任でお願いします。

 ガチャはこのゲームでは召喚と呼ばれ、メギドオーブを入手することができる。

ガチャを回すには基本的に召喚チケットか、魔宝石が必要となる。

現在のところ次の種類に分かれる。

チュートリアル召喚

ストーリーを進めていくとまず回すことになるガチャ。10連。

 ラッシュ、カウンターバーストスタイル別に3種類のガチャが用意されており、1つを選ぶことになる。各ガチャでそのスタイルメギドが2体確定で排出され、何度も引き直すことが可であるので、いわゆるリセマラの必要性は薄くなっている。

 確定2体については、うち1体は選んだスタイルメギド3体(固定)のうちから選ばれ、もう1体は選んだスタイルメギドから一部を除いた補の中から1体が選ばれているようである。よって、確定2体と言いながらダブる可性もある(義Lv上限が上がるため、駄にはならない)。

 また、確定2体以外は自由であるため、選んだスタイル以外のメギドが残る8で手に入る可性もある。

 ただし、チュートリアル召喚では排出されないメギドも存在する。

メギド確定召喚

ゲーム開始後4回だけ引けるガチャ。10連のみ。

 スタイルは選べないが、メギドが1体確定するガチャ。これを除く、チュートリアル以降のガチャでは必ずしもメギドが手に入らない事を考えると、序盤の戦強化に非常に有用である。

 ただし、チュートリアル召喚同様、排出されないメギドも存在する。

ピックアップ召喚

複数の特定メギドの排出率が大きめに設定されているガチャ。単発もしくは10連が可

 メギド72では、常時排出確率の変わらないガチャ(いわゆる恒常ガチャ)はく、切れなくテーマを変えたピックアップ召喚が開催されている。チュートリアル召喚とメギド確定召喚では排出されないメギドの大半はピックアップ召喚で入手可

 ピックアップテーマは様々であり、開催中のイベントに登場するメギドピックアップのようにっ当なテーマもあるが、「乙女」「たぶん親孝行」「おさんにしたい」「耐える女と慢できない女」「おにいちゃんと呼ばれたい」など遊び心のあるテーマも多い。通称トンチキピックアップ

 なお、排出率が大きめといっても、ガチャ全体に占めるメギドの排出率は5であり、この5内で排出率が大きくなっている点には留意。

激★魔宴(サバト)召喚

通称はサバト。「」の部分がなんなのかは

 毎末~翌初旬にかけて開催されるガチャ単発もしくは10連が可

 ガチャ全体に占めるメギドの排出率が通常の2倍にあたる10に設定されているうえ、宝石を消費してガチャを回した際に、メギドが出なければメギドの排出率が上昇していき、30連でメギドが1体確定する。

 なお、サバトでなければ排出されないメギドも極少数存在し、実装済みのメギドが全て排出される可性があるのはこのサバトのみである。

基本的に初心者は回し得。

無料召喚

1日1回無料で召喚ができる。基本的にはRオーブしか出ないがまれにSRオーブが出ることもあり、またかなり低い確率だがメギドが召喚された例も報告されている。

指名召喚

通称はチケ。

 に周年記念や7月2日メギド日記念に、魔宝石おまけとして販売されるチケット。文字通り、欲しいメギド(あるいはオーブ)を1体定して入手可。どこまで名できるかは販売ごとに決まるが、確実に欲しいメギド1体を入手する現状一の方法である。

その他

ストーリー関連用語

ストーリー世界観に係る基本的な用を以下に解説する。

ヴァイガルド

 ヴィータ(いわゆる人間)の暮らす世界ハルマが暮らすハルマニアメギドが暮らすメギドラルの中間に位置するため、作中から1000年前にはハルマとメギドの大戦争舞台となった(古代大戦)。

 現在では較的平和を保っているが、世界滅亡を示すハルマゲドンの伝承や幻獣と呼ばれる化け物による被害により、少なからず終末思想が流行している。

 現在のところ、ストーリーの大半はこのヴァイガルドでの出来事である。

ヴィータ

 いわゆる人間ヴァイガルドに暮らす種族。ハルマやメギド較するとか弱い種族であり、幻獣にはほとんど太刀打ちできない。古き血筋と呼ばれる一部のヴィータフォトンを知覚し利用することが可であるが、基本的にヴィータフォトンを直接利用できない。

幻獣

 雑魚敵。ヴァイガルドヴィータを襲う化け物。通常のとは区別される。弱い幻獣であっても普通ヴィータでは太刀打ちできず、騎士団や腕に覚えのある追放メギドでなければ対処不可能である。フォトンの豊富な地に集まる性質、強い幻獣の元に集まって群れを形成する習性を持つ。

 実際はメギドラルの兵隊であり、その示によって行動している。

シバの女王

 ソロモン指輪と対になるシバ指輪によってハルマを使役するヴィータ。名前の通り、女性ヴィータが役を務める。

ソロモン王

 ソロモン指輪によってメギドを使役するヴィータ。要はプレイヤーのこと。なお、作中では特にプレイヤーす場合、王は省略されてソロモンと呼ばれることが多い。

ハルマ

 ハルマニアと呼ばれる世界に暮らす種族。ヴィータ民間伝承では天使同一視される。ヴィータ較して非常に高度な文明をハルマニアに築いているが、発展しすぎて停滞に陥っている種族。ハルマゲドン阻止のためシバ女王と協体制を構築しており、ヴァイガルドでは追放メギドよりかに強いを振るえる。同じ的のためにソロモン王とは共闘することになるが、元々メギドとは対立する種族であるため、追放メギドとの間には常に緊感が漂う。

ハルマゲドン

 メギドハルマの最終戦争。古代大戦と同じくヴァイガルド戦場になるとされ、このためハルマゲドン世界滅亡とされる。

フォトン

 生命エネルギーのようなもの。ヴィータからは「大地の恵み」と呼ばれている。ハルマはこのフォトン活用することで高度な文明を築き、メギドは強大な戦闘力を発揮する。ソロモン指輪により操ることが可ヴィータフォトンを使えないが体内に有しており幻獣ヴィータを襲う理由は体内のフォトンを奪うためである。

メギド

 メギドラルと呼ばれる世界に暮らす種族。武勲を立てるために軍団を作り他の勢との衝突を繰り返す。戦争こそが日常であるが、フォトンの枯渇問題が深刻化している。ヴィータ民間伝承では悪魔同一視される。共通性がほぼ見受けられないほど個々で特徴的な姿をしており、戦闘ハルマに匹敵する。古代大戦終結後はヴァイガルドから姿を消したが、現在ではメギドラルから幻獣を操り再びヴァイガルドへ侵攻せんと謀略をめぐらせている。

 メギドは「祖メギド」と「メギド」に分かれる。メタ的に言えば祖はソロモン72柱悪魔から、はそれ以外の多種多様な悪魔から名前が取られている。

追放メギド

 メギドラルから追放され、ヴィータへ転生させられたメギドのこと。プレイヤーに味方するメギドは大多数がこれである。メギドの「中央」に逆らうと追放されるため、基本的にはメギドの時分に「中央」に属していた者が追放される。

 ヴィータに転生後は暫くの間、自分がメギドであったことを忘れ、通常のヴィータとして生活することが多い。だがある時に自分がメギドであったことを思い出し、多くの追放メギドヴィータとしての名前を捨ててメギド名を名乗っている。またいずれかの時点で体の成長が停止して長命者となる場合もあり、数年を生きる追放メギドも存在する。

 メギドとしてのは使えず、いつか訪れるハルマゲドンによる逃れられぬ死が待っており、またメギド(=伝承内の悪魔)を自称することや長命者となって姿形が何年経っても変化しないことによるヴィータ社会からの疎外・迫もあるため、「追放刑」とも呼ばれ、非常に厳しい刑罰とされる。

 実際、幼くして親に捨てられたり、虐待を受けたり、放浪を余儀なくされる追放メギドも少なからずいる……のだが、追放メギドを受け入れる暖かい庭で伸び伸び育つ追放メギドや、厳格な庭でメギド時代の悪癖を矯正され善人になった追放メギドなどもいる。が呼んだか転生ガチャ

 上述の通り、通常はメギドとしてのは使えないが、ソロモン指輪によりフォトンを得ることでメギドとしての戦闘力を取り戻すことができるほか、追放前に強大なメギドであったものは追放後も高い戦闘力を持っていることがある。

ストーリー外用語集

トンチキ
メギド72全体のことをす。
具体的に言うと公式が何かこわれてるとしか思えないような広告ストーリーキャラ造形、モーションなどの、"何か形容しがたいものの、従来のソシャゲとは何かが根本的にズレている"といった状態を、こう表現することが多い。若干古い言い回しなのも、メギド72が少し前のRPGのような豊潤さを漂わせているからだろうか。

児童虐待
定評がある殺伐とした言い方だが事実である。メギド72はシビアなストーリー展開が多く、運営側もこれを妥協しないとしている。これはあくまでストーリー上必要な表現であれば妥協しないという固い決意であり、決して一時のスプラッタのための安易な描写ではない。

ウソロモン
ウソロモンかしらァ!?
元ネタイベント「上書きされた忠義」の修正されたブニのセリフ。メギド72は初期イベント等での、現在メギドシナリオキャラ描写とそぐわない内容のものを修正すると公式で発言されているため、ブニにそぐわない発言として削除された。

それはそれとして、イベント丸ごとシナリオを書き直すな。 休め。
これにより復刻前のシナリオと全然違う内容に困惑するユーザーに対して上記のセリフが冗談交じりで放たれるのが恒例となった。また、自分の経験したイベントが別物になったことで「ウソロモンになれた」といった発言も見受けられる。

・ブネ、頼めるか?
・しょうがねぇ、やってやるか!
ソロモン最初期の仲間である頼れるおっさん、ブネに取り合えず何かを丸投げするときに用いられる。だいたいの場合ブネは引き受けてしまう。本編中のセリフ掛け合いの定番ネタ
メギドボイスは癖になるものが多いため、ほかにもに残るセリフが多い。

俺らイケメン
イベント悪魔の勝負師と幻の」で突然流れる歌。メギドにおいて歌はそれなりに重要な要素として登場し、イベントの締めやスキルで歌うなどのメギドは存在していたが、イベントラスト突然トンチキソングが流れ、それがクリア後のイベントマップでは延々流れ続け、しかもプレイヤーの待機画面であるアジトでも流せる。イベント仲間になるメフィストカウンター)を入手すれば条件で流せるため、直後にあった名チケットでわざわざ初心者名するなどの現も発生した。
そう、わりとバズッたので初心者が入ったきっかけとなった歌でもあるのだ。
のちに単独でPV化、カラオケ収録などされる。

テルミナス
メギド72において、ヴィータの間で伝説的になっているメギドテルミナスメギドと呼び、ガチャではやや特殊なピックアップ体系となっている。個性的なを持つものが多いが、前述のとおりこれ一体だけでは戦局を覆すほどの性はない。
"世界行脚している歌手"、"国家が囲う絵師"、などがいるが、”ただのクレーマー”もいるのが

上記の通り特別な存在という意味として使われる。ストーリー上、ヴィータの中にもメギド顔負けのスキルを持っているものがいるため、プレイヤーは敬意をもってテルミナスヴィータと呼ぶ。(トンチキな存在にも)

関連チャンネル・生放送

関連動画

関連商品

外部リンク

(※号泣注意)

関連項目

掲示板

  • 714ななしのよっしん

    2020/04/06(月) 22:34:00 ID: gAr2kHTmN9

    体に魂が引っられるってのはバレンタインイベのロクサーンとかが顕著だけどやっぱりヴィータ体で過ごすのが当たり前な新世代はヴァイガルドへの適応いんだろうな

  • 715ななしのよっしん

    2020/04/07(火) 09:13:21 ID: 6Pmifpo/bq

    交換所在庫0になってもオーブ1個も落ちないの初めてだ
    せめて3ひとつ、1~2ひとつの計2個は欲しかったんだがしんどいね……
    周回がそんなにきつくないのだけは救いだけど

  • 716ななしのよっしん

    2020/04/08(水) 17:59:03 ID: oJtffbm/zG

    やっぱりどのゲームにおいても思うんだけどまでにドロップ必須なのは辛いな…

急上昇ワード

最終更新:2020/04/10(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/10(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP