メジロパーマー単語

メジロパーマー

4.1千文字の記事
掲示板をみる(89)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

そしていつか

友人たちの躍進に誇らしさを感じながら
自分へのもどかしさも また抱いていた

いま先頭で走る逃げているのではなく
実は彼らの後ろ姿を追いかけているのだ

少しずつ差を詰めよう
そしていつか抜き去ろう

JRA「名馬の肖像」メジロパーマーexit

メジロパーマーとは、1987年まれの競走馬1992年宝塚記念有馬記念に勝った名である。

名前を聞くと「くすっ」と笑ってしまう、すべき名であった。いわゆる馬鹿コンビの片割れとして有名。もうちょっとかっこいい異名を付けてやれよ・・・。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
メジロパーマー(ウマ娘)を参照してください。

概要

メジロイーグル メジロファンタジー ゲイメセン(Gay Mecene)という血統。地味?いやいや、これがメジロの血統ですよ。

名前こそアメリカゴルフ英雄アーノルド・パーマーから取られた立な名だが、あんまり期待されないで育った彼。何しろ同期にはメジロライアンとかメジロマックイーンがいたのだ。それでも二歳戦で2勝しているのだから立である。

が、その後は折などもありパッとせず、クラシックとは縁のい路線をひた走る。なまじ2勝もしているため、分不相応のオープンクラスレースに出るしかなく、入着もおぼつかない。困った関係者は障レースに出走させるべく、パーマーに障飛越練習をさせ始めた。しかし、これがあまり上手ではなく、まぁ、500万下に降格にもなるし、もうちょっと地で走らせてみっか、ということになった。

ところが、降格直後のレースを二着した後、十勝岳特別を大差で逃げ切っちゃうのである。え~、勝つなよ。またオープンに出なきゃいけないだろう!と関係者が思ったかどうかは定かではないが、この時の逃げ切り勝ちで何かを掴んだメジロパーマー。次の札幌記念でも逃げ切り。初重賞勝利を果たすのである。

が、この後また勝てなくなり、やっぱりメジロパーマーは障レースに送り出される事になる。重賞勝ちを障に回すとは、容赦いなメジロ牧場。初戦を勝ち、二戦も二着となかなかの滑り出しだったのだが、何しろ障飛越が下手で、こんな危ないは障には使えないとに戻された。で駄、障でも駄出しされてしまったメジロパーマー。使えないがたらい回されるのは人でもでも同じなんだなぁ。・・・おいやめろ……やめてください。

が、パーマーはこの後、運命の出会いを果たす。山田騎手との邂逅である。山田騎手上で、メジロパーマーは新潟大賞典勝利。彼は山田騎手との出会いで「ハイペースで大逃げかます」というを身に着けるのである。重賞二勝重賞を二つも勝ったのであるからもう堂々たるオープンである。もう使えないとは言わせないぜ!

大きな顔をして乗り込んだのが宝塚記念。が、ここでは彼は9番人気だった。実はこの時、メジロマックイーンが直前に折。大混戦、というか、がっかりムードが漂う感じのレースだった。人気割れており、かろうじてカミノクレッセが一番人気よりもがっかりしていたのがメジロ牧場の関係者で、メジロパーマーが出るというのに応援ツアーは中止され、メジロ牧場の関係者はほとんど応援に来ていなかった

ところがである。メジロパーマーは暴走気味のハイペースでぶっ飛ばし、他のを振り回した挙句、底知れぬスタミナで直線を押し切ってしまったのである。阪神競馬場の観衆は然。いやいや、TVで観戦していたメジロ牧場の人々も呆然。関係者の口取り写真に名物馬主だった北野ミヤさんが写っていないというのだから、関係者にとってさえ信じ難い勝利であったのだ。もちろんファンだってびっくりだ。単勝は2310円である。

グランプリホースになったのである。これはもう一流に成長したのか?と思いきや。京都大賞典は9着。天皇賞(秋)は17着。おいおい。特に天皇賞(秋)は後に馬鹿コンビの片割れと言われるダイタクヘリオスと並んで暴走してブービー惨敗という大馬鹿レース(ただ、1着との差は1.8とそこまで極端に離れていない。片割れの方は0.6差の8着で、出走奨励を持ち帰っている)。このレースは、キャリアでただ一回となる藤田伸二の騎乗であったが、このとき藤田あぁぁぁぁ!と叫んだファンはあんまりいなかった。既に10番人気だったし。11番人気レッツゴーターキンが勝ったのに驚き過ぎてそれどころでもかったし。

そして有馬記念では15番人気ブービー人気ですよ。下にはイクノディクタスしかいないんですよ。オースミロッチとかフジヤマケンザンとかサンエイサンキューとかよりも人気薄だったのですよ。グランプリホース。ちなみに一番人気トウカイテイオー。前走のJCを勝って「絶対」とまで言われていた。JC走したは消しだとあれほど

ところがこのレースがいわゆる「馬鹿コンビによる馬鹿コンビのための馬鹿有馬記念」とまで言われて伝説となるのである。

スタートから例によって頭が高い走り方で先頭に立ったメジロパーマー。トウカイテイオーは出遅れ。この時点で観客席に嫌な感じのざわ・・・てな雰囲気が漂っていた。一周ののスタンド前、歓に盛り上がったのか相棒ダイタクヘリオスが口を割ってメジロパーマーに競り掛ける。パーマーは譲らない。だんだんだんだんペースが速くなり向こう正面ではなんか物凄い勢いで馬鹿コンビ二頭が吹っ飛んで行く。あ~あ~あ~あ~、またやってるよあいつら。ファンは苦笑した。天皇賞(秋)でも馬鹿逃げをやった二頭である。後続が大きく引き離されても、ファンはまったく心配していなかった。

だがしかし、3コーナー手前から馬鹿コンビ暴走は更にしさを増す。11台のラップが連発するのである。更に引き離される後続。そして、最後方でもたもたしているトウカイテイオーざわ・・・ざわ・・・。観客席でもざわめきが大きくなる。だが、これはトウカイテイオーピンチか?くらいの心配であった。まだも、前を行く二頭の事など気にも留めていない。しかしその時、フジTV実況が叫んでいた「く追いかけなければいけない!

いやいや。3コーナーから4コーナーに掛けて、後続の人気たちの騎手たちは猛然と追い出していた。ちゃんと追い掛けていたのである。しかし馬鹿コンビの爆走。特に4コーナー出口ダイタクヘリオスを競り落としたメジロパーマーの脚色はまったく衰えない。直線では一人旅になったメジロパーマー。ここにきて、ファンもとんでもない事になりつつある事にようやく気が付いた。な、なんだそれ~!つーか、お前誰だよ!湧き上がる絶叫

最後の最後で内からレガシーワールドが追い込んだが、僅かに届かない。大歓というかファンの悲鳴に包まれながらメジロパーマーは一着でゴールラインを駆け抜けたのだった。山田騎手はパーマーの首をいて勝利祝福ついでにナイスネイチャ定席。「ヒシマサルトウカイテイオーも、ライスシャワーもどうしたんでしょうか」と実況は呆然とつぶやき、ファンはまったくだと同意した。単勝4940円。馬連はなんと31550円!とても宝塚記念がらみの馬券とは思えん。

グランプリ連覇は史上4頭の快挙だった。特に有馬記念メジロライアンメジロマックイーンも二着に敗れており、較するのさえおこがましいとさえ思われていた同牧場の名二頭の鼻をあかす痛快な勝利だったと言えよう。

メジロパーマーは翌年、阪神大賞典に勝って天皇賞(春)に向かったが、ここには帰ってきたメジロマックイーンと生涯最高の仕上げであったライスシャワーがいた。史上最高レベルステイヤー二頭を向こうに回し、パーマーは逃げて踏んる強い3着。阪神大賞典とこの天皇賞(春)のパーマーのレース振りは素晴らしいものであった。

が、この後は精を欠く。掲示板にも乗れないレースを続け、引退。だが引退レース日経新春杯は二着に突っ込みファンを喜ばせたのであった。

なんつうか、波乱万丈な競争生活であり、障レースに出た事があるが後にG1に勝った例は史上一というサクセスストーリーの持ちでもあり、馬鹿コンビでの大逃げ漫才で笑いも取ってみせるという色々とネタが多いであった。馬券的には一切信用出来ないであり、宝塚記念に勝ったでありながら、彼はその後一回も一番人気になっていない有馬記念後の阪神大賞典でさえ三番人気の体たらくだった。ハイペースで潰れない逃げと言えば聞こえは良いのだが、なまじ展開が落ち着いてしまうと終いの脚がいために直線で交わされ、そうするとやる気を失って沈没して掲示板にも残れないという極端なであり、怖くて買えないだったというのが正直なところである。

だが、同じような脚質だったツインターボべるとちゃんとG1に二回も勝っており、強い時には間違いなく強いであった。宝塚有馬も展開のあやで勝ったとは言えない強いレースだったと思う。どちらにもメジロライアンマックイーンも出ていないが、出ていてもおそらくパーマーが勝ったであろうと信じている。

種牡馬入りしたことはしたが、ほとんど書く事がいほどの失敗に終わり、メジロ牧場解散の一因となっている。一の活躍メジロライデンが障だったのは何かの皮だろうか。

2012年4月、25歳死亡。当時から屈の個性として、ニコニコ動画でもあの有馬記念動画を中心として大人気のメジロパーマー。これからも希代の逃げとして長くり継がれて欲しい名である。

関連動画

 

 

重な障時代の動画

関連商品

メジロパーマーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

メジロパーマーに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 87ななしのよっしん

    2022/05/27(金) 18:41:10 ID: U/8cD6Pfkc

    もよく頑ったが、これ騎手も相当な名手だよなあ。インタビューみるにパーマーの気質や長所と短所をよく理解してたように見える。
     有馬記念は大逃げバカ逃げと言われるが、パーマー号にとってはあの戦法以外勝ちいと考えた必死走だと思う。
     

  • 88ななしのよっしん

    2022/06/09(木) 02:55:49 ID: 1g8ht2oI3Y

    乗り役いなくて記者のツテ使って掘り出した騎手は相性抜群の掘り出し物でしたというんだから、出会いはいつ訪れるわからないなと思う。

  • 89ななしのよっしん

    2022/06/29(水) 07:35:05 ID: 1IliqYLwGd

    種牡馬パーマーの失敗がメジロ牧場没落の一因」ってホントか?
    セントサイモン直系なんて古い血統でサンデー全盛期に障とはいえ重賞出せたんだからむしろ上出来だと思うんだが

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/06(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/06(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP