メスガキ懺悔室単語

メスガキザンゲシツ

3.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

メスガキ懺悔室とは、アスティカシア高等専門学園に突如現れたギャグ間である。

機動戦士ガンダム 水星の魔女』第18話でその存在が明らかになった。

概要

この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
この記事から逃げれば、ネタバレ回避という結果が一つ手に入ります。
このまま記事を読み進めれば、水星の魔女シリアス展開とギャグ展開の二つが手に入ります。
特定作品の視聴者の、更に一部でのみ通用するスラングです。
関係のコミュニティでみだりに使用するのはやめましょう。

  

 

 

 

マルタン・アップモントが学園のカウンセリング室で自身の行動を懺悔したことに端を発する、一連のギャグ展開をす単である。

なお、メスガキ「懺悔室」とはあくまで視聴者間で生まれたスラングであり、例の部屋はあくまでも「カウンセリング室」である(そもそも入り口横に「COUNSELLING ROOM」と掲示されている)。あまりにこの呼称が広まりすぎたせいか、後に出演声優山根綺佐藤元が『ブリオンラジオ』にて「あれは懺悔室ではない」と釈明する羽になった。

マルタンの葛藤と決断

地球寮の面々が、プラント・クエタのテロ事件に巻き込まれてから2週間。同じ地球寮のニカ・ナナウラが、テロリスト信号で通信していた場面を撃していたマルタン「ニカはテロリストとの一員なのではないか」という疑念を持つ。マルタンは寮長としてニカに事実を確認しようとするが、彼女ははぐらかすばかり。

更に数日後、アスティカシア高専ではオープンキャンパスが開催されるが、その玉として行われるバトルロイヤル決闘"ランブルリング"の直前、ニカが「整備中事故」で負傷する。だが、格納庫の損度合いは「ただの事故」というには厳しく、マルタンは更にニカへの不信を強める。

そしてランブルリング本番、件のテロリストの狩るガンダムが戦術試験区域に乱入し、破壊活動を開始した。ここに至って、マルタン地球メンバーが再び危険にさらされることを危惧し、フロント管理社へニカの不審な行動通報する。

状況の悪化

学園テロは死傷者が出るほどの大きな被害し、実行犯は逃亡。マルタン通報の結果として地球メンバーも事情聴取を受けることになる。そしてそれが「地球寮がテロリストと関わっている」「株式会社ガンダムは人を殺すガンダムを作っている」という噂を呼び、地球寮は他の生徒から嫌がらせを受けることになった。マルタン中傷落書きをする生徒に毅然として対応するが、投げられたスプレー缶から仲間い、頭を負傷してしまう。

その後、帰還したミオリネ・レンブランの調べで、プラント管理社に連行されたはずのニカが行方不明になっていることが判明する。更にその後、ミオリネスレッタ・マーキュリーの関係がこじれてしまったことで、地球メンバーは負傷中のマルタンを一人留守番に残しスレッタミオリネに引き合わせるためベネリットグループフロント出張していった。

マルタンの懺悔

地球寮を守るためとはいえ、通報したことで地球メンバー全員が疑われ、マルタン自身も負傷してしまった。さらに当のニカ本人の行方もわからないという結果が残った。

果たして自分の行動は本当に正しかったことなのか、ニカはどうなってしまったのかという疑念を一心に抱えてしまったマルタンは、とうとうカウンセリング室に籠り、カウセラー代わりのハロに訴えかけた。

は寮長として仲間を守りたかった! 何もおかしくない!
のしたことは、正しいですよね!?

普段の困難にはツッコミや苦笑いで対処している描写の多かったマルタン。それが取り乱すように懺悔する、とてもシリアスシーン

 

 

 

だったのだが

 

 

 

ブッブー!!

ティロリロリロリロリン♪

突然ブザーが鳴りいたかと思うと、軽快なSEと共にハロの後ろの壁解放され、決闘委員会の太ももメスガキセセリア・ドートが顔を出した

驚きのあまりギャグ漫画のようにすっ飛ぶマルタンに、セセリア

あんた、とんだ裏切り野郎だねぇ~

と挑発的に微笑むのだった。

元々セセリアは「上級生でも関係なく煽る」「太もも丸出しのラフな格好」という要素から一部の視聴者に(年齢身長はともかく)メスガキ属性持ちとして扱われていた経緯があり、そのことがこの展開を「メスガキ懺悔室」と呼ばしめる原因となった。

視聴者の反応や考察

以上、30に満たない短いシーンであるが、

……と、ツッコミどころ満載超展開であった。シスターセセリアシリアス展開で曇る視聴者にほんの僅かな安らぎを与えたのだった。

マルタンについては「秘密を知ってしまったゆえに口封じで殺されるのでは」という死亡フラグも危惧されていたのだが、この展開によって「ギャグ落ち≒生存フラグではないか」と安堵するも。ひょうきん懺悔室思い出す世代のファンもいたようである。

一方マルタンセセリアも「地球寮の寮長」と「決闘委員会メンバー」というポジションにありながら「ガンダム・エアリアル」や「ミオリネの婚約者争い」「クワイエットゼロ計画」といったシナリオ大筋の帳の外にいたキャラクターであり「この二人が接点を持ったことが物語で大きな意味合いを持つのではないか」という考察もあった。それはそれとして「セセリアは普段から懺悔室でお悩み相談を聞いてニヤけていたか」という疑念が残るが

ハロ(端末機器)の存在

シリーズ恒例のペットロボハロ。本作においては学園を案内するコンシェルジュロボとして使用されている(その他、ドローンの制御ユニットとしても使われている)。だが、それら学園用ハロオレンジ色なのだが「セセリアと一緒にいたハロ緑色 = ロウジ・チャンテハロ(水星世界の通常ハロオレンジ)」とであった。

もしかしたらセセリアの後ろにロウジがいるのでは?という意見や、日替わりでロウジは神父を担当している、そもそもあの部屋を作ったのがメカニック科のロウジ、といった面おかしい意見も出ている。
また、実はブリオンコンビは「懺悔室とハロを用いて学園内の情報を集めているのではないか」とも囁かれてた。上述のセセリアマルタンだけでなく「ロウジを加えたブリオン寮 兼 決闘委員会古参の2人が今後絡んでくるのではないか」というあり得そうな予想も行われた。

その後

続く19話では、決闘委員会ラウンジらしき場所でセセリアの足のケアというご褒美プレイをさせられているマルタンの姿が!

懺悔の追い打ちとばかりに地球のこと・地球寮のことを恥ずかしげもなくネチネチと煽り蔑むセセリアに、ついにマルタン地球寮を守るためにはあれ以外になかったヤケになって抗議するが、セセリアは淡々と「(マルタンが)厄介事に巻き込まれたくなかった」「後ろめたさがあるからにも言えなかった」と摘。さらに自信を追い詰めるマルタンに対し「見栄をらずに最初からそう言うべきだった」「弱者(立場としてそう強いられている者)が気そうに意地をるな」と言葉を続ける。マルタンの凝り固まった心は遂にほぐされ、思わず泣き出してしまうのであった。

セセリアはつつかない方が良い話題を思い切りなじることで、どこかで罰を欲していた抑圧された彼の本音を理矢理引っり出すカウンセリングを最後までやってのけた。かなり荒療治ではあるが・・・。

マルタン地球寮に帰ってきていたみんなに「ニカがテロリストと繋がっていたこと」「それを自分が通報したこと」を打ち明ける。当然みんなは動揺したものの、最後にはみんながマルタン行動に理解を示した。最善のやり方ではないが、その場ではそうするしかなかったのだと。
そしてスレッタも、そんなマルタン行動から、ミオリネプロスペラ行動意に気が付く。ただのギャグシーンに見せかけて、スレッタに気付きを促し、話の本筋を進展させる伏線だったのである。

ちなみに、マルタンセセリアの足をケアしているすぐ向いにはやはりというか当然ロウジとハロが座っており、しかし先輩マルタンが虐げられている状況にも、セセリアが仮にも先輩にそんな懲罰を課している状況にも一切動じずにポチポチタブレットをいじり続けていた
本当にどうでもいいのか、セセリアのそんな対応に慣れきっているのかは今のところどっちもな気がしなくもない。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/10/04(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2023/10/04(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP