今注目のニュース
「ヤベェ本」2万RTで異例の重版、「有職装束大全」が絵師のハートをつかんだ理由
飲食店内での子供の泣き声にイライラする? 多いのは女性
YouTube、虚偽の著作権侵害申し立てを行ったユーザーを提訴、虚偽申請を禁止に

メトロイドフュージョン単語

メトロイドフュージョン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
メトロイドフュージョン(METROID FUSION)とは、2002年任天堂が発売したゲームボーイアドバンスゲームソフトである。その後2011年ニンテンドー3DSアンバサダー・プログラムとして対者限定で配信され、2014年よりWiiU向けバーチャルコンソールとして配信中。

ストーリー

サムス・アランによる2度の潜入によって惑星ゼーベススペースパイレーツ、そして最後のメトロイド宇宙から消え去ってから時が経ち。
メトロイド絶滅後の惑星SR388の生態系調のため、銀河連邦派遣した調隊の警護にサムスは同行する。だがその途中、サムス謎の生命体「X」に襲われてしまう。その場では異常は見られなかったものの、スターシップでの移動中に突如意識を失い、コントロールを失ったシップ小惑星帯に突してしまう。
脱出ポッドが作動して事だったものの、サムスの体はパワードスーツはおろか中枢神経までXに侵食され、生存絶望視されていた。そんな状態のサムスを救ったのはあのベビーメトロイドから作られたワクチンだった。Xにとってメトロイド敵だったのだ。
一命を取り留めたのも束の間、SR388の調で捕獲された生物が運び込まれたBIOLOGIC宇宙生物研究所で、原因不明爆発事故が起きたとの知らせが入る。胸騒ぎを覚えたサムスは自ら事故の調を申し出るのだった。

概要

メトロイドシリーズ4作。本作の発売によって、長年『スーパーメトロイド』で完結状態だったシリーズが再始動した。現在のところ、シリーズ時系列が最も後の作品である。
本作は恐怖心を煽るBGMや後述するSA-Xとの追いかけっこなど、シリーズでも特にホラー色が強い。SA-Xトラウマになった人は少なくないだろう。

本作のサムスであるが、メトロイドワクチンの接種によって体質が劇的に変化している。
第1に、Xに触れても侵食されず、逆にXを吸収して、その生命エネルギーを自分の物とすることができる。具体的には、敵を倒しXの擬態が解けた所を吸収することで、体ミサイルを回復するようになっている。
第2に、低温に弱くなる。よって「アイスビーム」は使用不可となり、バリアスーツしでは低温地帯にいるだけでダメージを受ける。これらはいずれも、ワクチンの元となったメトロイドの性質である。

また、X除去の手術によってパワードスーツど切除されてしまい、サムスはそのどを失っている。切除後のスーツ機械的なデザインからスリムで有機的なデザインへ変化しており、「フュージョンスーツ」と呼ばれる。このスーツは、特殊コピーしているXを倒して吸収していくことでパワーアップしていき、最終的に機的には従来の物と遜色なくなるが、一貫して耐久は低いままである(終盤では一撃で100以上のダメージを受けることもザラ。ただしその分、エネルギータンクの数はシリーズでも屈である)。その代わり、機動性が高い。

本作の舞台は研究所でありながら、従来の惑星同様、行動できる範囲はかなり広い。だが、所々でモノローグによってサムスの心情や物語の進行が説明され、更に指揮官からの示などもあるため、プレイヤー迷子になりにくい。
また、シリーズでは初めて、テキストを低年齢層のプレイヤー向けの分かりやすい表現にした「コドモ向け」モードが搭載されている(同モード限定で難易度「やさしい」も選択可)。これらの理由から、メトロイド入門にはお勧めのゲームとなっている。

シリーズ染みとなる「サムススーツを脱ぐ」ご褒美は更にパワーアップし、エンディングではモード難易度クリアタイムアイテム取得率などに応じたイラストが表示される。イラストは複数用意されており、一度見た物はギャラリーモードでいつでも閲覧可
また、「アイテム最低取得クリア」がやりこみ要素として公式化した。本作においては取得率1%となり、アイテムは取得必須な物を除けば、回避不可能な場所にあるミサイルタンク1個のみ、という厳しいのりとなる。ハードモードアイテム1%クリアともなると、熟練のプレイヤーでも難しい。一応、理論上はアイテム0%クリアも可ではあるが、それができるのはTASさんくらいであろう。

バイオロジック宇宙生物研究所

本作の舞台となるバイオロジック宇宙生物研究所(以下BSLと表記)は、メインデッキと6つのセクターからなる巨大な施設だが、現在は様々な生物が擬態したXが至る所で蠢く、さながらバイオハザードのような状態となっている。
施設の最下部には惑星一つを消し去るほどの自爆装置が搭載されている。

登場キャラクター

ボスキャラクター

前述の通り、本作の敵はほぼ全てXの擬態である。ボスクラスの敵はサムスの何らかのを宿しており、そのを意識した攻撃を行ってくるものがど(マルカラならモーフボール、といった具合)。ボス撃破後は基本的にコアXとの連戦になり、それを撃破・吸収することで覚醒する。コア-Xにはミサイルしか効かないが、万が一ミサイルが尽きてもビームを当てると回復用のXを放出するため詰むことはない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP