メルボルンカップ単語

メルボルンカップ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メルボルンカップ(Melbourne Cup)とは、オーストラリアで毎年11月第1火曜日に開催される競馬レースである。グレードはG1

概要

1861年に創設されて以降150年以上に渡って開催されており、メルボルンとビクトリア州の一部ではこのレースの為に祝日として設定されている。オーストラリア全体で見ても "The race that stops the nation(の動きを止めるレース)"と言われるほどの一大イベントである。

レースフレミントン競馬場で開催され、距離3200m。開催当初これよりも長い距離レースはいくらでもあったが、現在内における距離2700m)のG1はメルボルンカップのみである。

しかし、他の長距離G1と違う点はこのレースハンデであるということである。(後述)

総賞600万ドル(1ドル80円とすると約4.8億円)とオーストラリアG1レースとしては最高額である(格付けのレースも含めるとジ・エベレストが総賞1300万ドル=約10.4億円)。

日本では2006年デルタブルース勝利上の岩田康誠騎手日本人として初勝利を遂げている。
また歴代の優勝のレリーフがあって、デルタブルース名前や勝負も展示されている。

ハンデ戦

競走馬レースの際、騎手の体重や衣類などの重量を背負っている。競馬ではこの重量を斤量として背負うべき値を決めている。決め方はに以下の通りである。

1.齢重量(年齢や性別によって決める。2歳・3歳限定戦)
2.定量(上記同様年齢や性別で決める。3歳以上/4歳以上のG1はこれが基本)
3.別定(収得賞金重賞勝ちの有斤量の増加が決められているレース。G2・G3レースで見られる)
4.ハンデハンデキャッパーが実績などを考慮してごとに斤量を決めるレース

日本ハンデ戦は日経新春杯目黒記念などGⅡ以下のレースで見られるが、海外G1地)でハンデ戦を開催しているのはアメリカオーストラリア、ドバイのジュベルハッタ位である。

当然ながら実績のあるには重いハンデが課される。それはメルボルンカップでも例外ではなく、であろうが58kgを背負う実例も存在する。「斤量が1kg違うと1身差違う」と言われているため、軽ハンデが52kgだとすると6身差相当のハンデとなる。
ちなみに58kgを背負ったこそ、メルボルンカップを連覇していたマカイビーディーヴァであり、重ハンデを背負って出走したレース勝利して史上初のメルボルンカップ3連覇を果たしている。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/28(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/28(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP