メンテナンス 単語

543件

メンテナンス

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
メンテナンス中で暇な方は 「メンテナンス中の交流所」 へ!

メンテナンス(maintenance)とは、持続、維持、整備、などの意味を持つ英単である。

略語はメンテ。

広義にはユーザー資格者による日常点検や視点検なども含める場合もある。

概要

人々が利用する具や機械乗り物サービスなどに対して行われる。

メンテナンスを行う際には安全のためサービス機械を止めなくてはならない場合も多い。メンテナンス自体に料が発生したり、停止中は利益を生まないなど一定の不利益が出る場合もある。大規模なものは会社の休日に行われる場合もある。

致命的な不具合が見つかった場合などはメンテナンスどころかリコール(自回収)になることもある。

構造も重要

技術者だけでなく、基本構造を簡略化したり部品をユニット化して塊で取り出せる/交換できるようにする、既存の部品が流用できる、整備箇所に素アクセスなど速明解かつ正確にメンテナンスが行えるよう優れた設計が望ましい。

不具合発生時などは原因究明が速になるよう、コンピュータによって各所の挙動を事細かに記録したり、自己診断機などをもつものもある。

基本設計がいい加減だと、基本的な整備にも手間取り時間がかかる、不具合の原因究明に手間取ったり不十分な状態で復旧させてしまう場合もあるなど問題が多い。

メンテナンスを怠ると…

メンテナンスを行わないことによるリスクは非常に大きい。

  • 的達成や業務が続行不能になる。
    • 生産作業や出荷が行えず、信用イメージの失墜にも繋がる。
    • 作業中であった場合は復旧まで何もできず、製品自体がダメになってしまう場合もある。
    • 大量生産機械などは人力代替しようにも、人戦術くらいしか手がくなってしまう。
  • 劣化・摩耗がまり、想定された寿命まで使用できなくなる。
    • フィルターや可動部・機関部などにゴミや煤が詰まり、精度・性が低下するなど。
    • 計測機器等においては変形・歪み・伸縮によって精度に誤差が出始める。
    • 変形や圧といった異常が他の部品に伝搬してしまい、被害がより広範囲になる。
    • 変形や振動などによって使用感・乗り心地に違和感や問題が出る。
  • 突然停止・破損・崩落・暴走してしまい周囲の人員・物品を巻き込む危険な状態に陥る。(後述)
  • 電気ガス道路・通信といったインフラなどは広範囲・大勢の人間を受ける。
  • メンテナンス価格で済むものが手に損傷してしまい、新品価格で再購入が必要となる。
その他

簡易なものはユーザー自身が行う・行える場合もあったり、期警として、警告などで異常や交換時期を知らせてくれる場合もある。

もちろんメンテナンスさえしていれば不具合が起きない訳ではない。
「万が一でも止まったり故障してもらっては困る」場合はさらに別途の対策が施される。予備電バックアップシステムを備えていたり、回線や油圧を二重化する、多種多様な異常検知センサーを複数個所に取り付ける…といった手法など。(銀行システム・医療機器・航空機など)

大規模災害などに備え、物理的な補強やシステムの分散(リスク分散)なども必要である。

専門業者や資格者が必要な機械であるにもかかわらず、資格者が勝手に分解改造してしまい、火災や大事故になるパターンもある。

呼称

状態を正常に保つものとして、個別に名称がある場合もある。

自動車のメンテナンスの一種 …「車検」など。

(※他にもありましたら追加してください)

ネットサービスにおけるメンテナンス 

維持や整備などが必要なのは建造物などに限らず、ネットサービスも例外ではない。

ニコニコ動画サービスも、動かしているのは機械(サーバー)であり、物理的な障害が発生するとなかなか復旧できない。そういった問題を善する技術もあるが、今でも緊急メンテナンスなどは多くのネットサービスで見かける。

メンテナンスによる影響

ネットサービスのメンテナンスによる外部へのとして考えられるのが、類似サービスの利用者の増加である。 

ネットサービスがメンテナンスをしている間、ユーザーはそのサイト内でのサービスが限られてしまうことがあり、例えば、ニコニコ生放送定期メンテナンス中、ユーザー生放送を開始することができない。

そのためユーザーは「休憩時間か」「会員やめるぞ」「サーバーのコンセントでも抜いたか」と運営化し、他のサービス欲求を満たすため、類似サービスの利用者が増加するというものである。

ニコニコ動画では、2007年12月27日には24時間以上の長時間メンテを決行した際、zoomeダウンするという事が起きた。 通称「終日メンテ」と呼ばれている。

問題

素人ではうかつに手が出せず、高度な知識や技術・資格を必要とするメンテナンスも多い。

日本においては「職人技術者ならできて当然」と軽視する老害経営者や消費者の意識もあり、待遇や給与が反映されづらく、技術者の後継・人手不足にあえいでいる場合もしくない。

機材のメンテ予算をケチることで限界えたまま使用してしまい負傷や死亡事故労働災害)となる事例も数多く発生している。

予算がつかない!

巨大施設やトンネル高速道路など
々しい完成式典や開通式は癒着業者への利益やパフォーマンスになるため、政治家には好まれる。

…ただし忘れてはいけない点として
その後の保守点検作業がなければ、いずれ大勢を巻き込む悲惨な事故となる。

…のだが現場がを上げても保守点検なんて地味な上ににならない」ため予算を出し渋り、騙し騙し使用された挙句、笹子トンネル天井板落下事故(項参照)のような事態を実際に生み出している点もひとつの側面である。もちろん近隣の電線やガス管・管なども老朽化がしい。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
踊ってみた[単語]

提供: 皇帝ペンギン

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP