今注目のニュース
「毎夜、隣室から聞こえる女の泣き声。いったい、あなたは誰を呼んでいるの...?」(大阪府・30代女性)
「まだ結婚できない男」タイトル連呼は不快と“ご意見”
完全同居の姑が嫁に放った…耳を疑う驚きの「姑語録」3選

メントスコーラ単語

メントスコーラ

  • 13
  • 0
掲示板をみる(88)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メントスコーラとは、コーラメントスを入れた物、あるいはその現自体を呼ぶ。
英語ではメントスガイザーと呼ばれることが多い。

余談だが、メントスそのものにもコーラ味がある。

 
※!!注意!!※

  危険なので周りの迷惑になる場所では決して行わないでください。
  また同時に飲み込むと窒息・内臓を損傷する可性がありますのでやめてください。
  知らずに食しようとする人を見かけたら是非とも止めてあげてください。
  あと…他にも…ええい!とにかくやるなっつってんだよ!

作り方

1、コーラ(ダイエットコーラが最適)とメントスを用意する
2、コーラメントスを数粒入れる

そして、どうなるかと言うと…一応観覧注意。

メントスコーラの発生理由

さて、なぜメントスガイザーということが発生するのか。

まず、コーラを入れると起こるというのは有名である。
また、ダイエットコーラであると、噴出が上がるという実験結果もある。詳しくは解明されていない。

では、本題に入ります。
コーラの成分「カフェイン」・「安息香カリウム」・「アスパルテーム」・「二酸化炭素」とメントスの成分「ゼラチン」・「アラビアゴム」によって噴出に差が出ることが判明している。

なぜ噴出するか。

(図の説明)

I:二酸化炭素分子(炭酸)を分子が網のように連結している様子。

IIゼラチンアラビアゴムメントスから溶け出し、二酸化炭素(気泡)の界面活性剤の役を果たしている。これにより、表面張力に必要なエネルギーが減り、二酸化炭素(気泡)が増える。

IIIメントスの表面には数の小さいがあり、その二酸化炭素(気泡)が増えるのに適している為、そこで二酸化炭素(気泡)が増える。

分子が互いにひきつけあい、連結し、二酸化炭素(気泡)ひとつひとつを囲む網を形成(図I)している。二酸化炭素が新しい気泡を形成する為には、分子の網から押しで手離れなければならないが、その表面張力を破らなければならない。その為に余計にエネルギーを必要とする。

そこにコーラ内にメントスが落とされると、メントスに含まれる成分、「ゼラチン」・「アラビアゴム」が溶け出し、界面活性剤の役をなす。すると、表面張力が低下する。その為、分子の網は乱れ、必要とするエネルギーが減る。

そして、メントスの表面には数の小さいがあり、その二酸化炭素の気泡を作るには最適な場所となる。

このことから、圧突然増加し、吹き出るというメカニズムとなっている。

似たような物として、納豆+ビールという事例がある。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 86ななしのよっしん

    2017/06/01(木) 16:37:48 ID: hO8cTIrhZy

    チョコミントアイスコーラサイダーなどの炭酸飲料の組み合わせが危険って言われることがよくあるんだけど、これと同じ仕組みなのかな?好きな組み合わせなのに。

  • 87ななしのよっしん

    2019/06/27(木) 06:50:36 ID: O4O72zqOsQ

    昔のYouTuber鉄板ネタだったな。

  • 88ななしのよっしん

    2019/09/29(日) 22:23:54 ID: vPFHY0J+E9

    そもそも内臓に達する前に炭酸が全部抜けるので、アレ都市伝説デマと言う実験結果がある

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP