今注目のニュース
“同棲解消”考えたアンゴラ村長、おぎやはぎ指摘に震える
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。
クシクラゲの虹色の謎を解く特有のタンパク質を発見 筑波大の研究

モシン・ナガン単語

モシンナガン

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

モシン・ナガンとは、ロシア帝国で開発され、ロシアソ連)とその近隣諸で使用されたボルトアクション小銃である。

概要

 モシン・ナガンはロシアで開発されたボルトアクション小銃である。重量は約4.4kg、使用弾薬フィンランド(後述)を除いて7.62mm×54R。ちなみに、この弾薬は「7.62mmロシアン」として知られているが、7.62mm×54RのRはロシアン(Russian)ではなく、起縁式(Rimmed)を意味しているので注意されたし。弾倉は固定式で5発装填可である。リー・エンフィールドと同じく、良を受けながら2度の世界大戦を生き抜いた。

 モシン・ナガンはロシア帝国陸軍のモシン大佐と、ベルギー銃器設計者ナガン兄弟の手により開発され、1889年にロシア帝国軍のトライアルに提出される。使用弾薬の7.62mm×54Rも同時に開発された。1891年にロシア帝国はモシン・ナガンの採用を決定し、M1891の名称を与える。しかし、当初の生産は銃器メーカーに依頼する形であり、営造兵で生産が始まったのは少ししてからの話である。その後、騎兵などのバリエーションも開発されて第一次世界大戦ロシア大戦で使用された。
 1930年には照準器に記された数値をメートル法に直すなどの良を行ったM1891/30と呼ばれるモデルソ連で採用された。これが第二次世界大戦におけるソ連小銃となり、大戦中に実に1200万丁が製造された。ちなみに、当時のソ連軍においては銃剣をつけっぱなしで使用するという方針をとっていた。何時でもУра突撃が行えるようにしたんですねわかります
 その後、1940年代後半にセミオートライフルのSKSやAK-47に置き換えられていく。一、狙撃用のバリエーションのみがSVDによって1960年代に更新されるまで軍で使用され続けた。不要になったモシン・ナガンはフィンランドが外貨獲得のために西側に売却したり、ソ連崩壊を機に西側市場に大量に出回ったりした。今でも民間用にモシン・ナガンやそのの製造を行っている銃器メーカーも存在する。

 フィンランドにおいては独立後にモシン・ナガンをベースにした独自の小銃が開発され、使用弾薬は7.62mm×53Rにめられた。ただし、ソ連戦争になっても大丈夫(?)なように7.62mm×54R弾も使用可なように設計されている。かのシモ・ヘイヘが使用したのは照ガードをつけ、タンジェントサイトメートル法にうちなおすなどの良を加えたM/28、通称スピッツと呼ばれるモデルである。シモ・ヘイヘにとってこの猟師民間防衛隊(予備役みたいなもの)として活動している頃からの相棒であり、その特性、使い方を知り尽していたことが冬戦争における彼の大戦果につながったのであろう。また、彼の功績を評して与えられたもまたモシン・ナガンであり、これはスウェーデンの実業から「軍で最も優れた狙撃手へ」として贈られたものである。 1978年、彼は彼が大戦で使用した「スピッツ」をカレリア猟兵大隊に寄贈し、現在そのは同大隊の資料室で展示されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP