今注目のニュース
銘菓「ニコンようかん」、ネット販売終了 「裏の主力製品がなくなる」と惜しむ声
つるの剛士、妻と子供の留守中に… 「超エンジョイしてるじゃん」
フィリップモリス、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」キットを値下げ 「3」は2000円安く

モスラ単語

モスラ

掲示板をみる(672)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

モスラとは、極色の怪獣である。

概要

飛翔するモスラ

1961年開の東宝映画『モスラ』登場が初出の怪獣である。モチーフとしている。

その後ゴジラ映画への登場や平成モスラ三部作などが製作され、ゴジララドンと並んで「東宝三大怪獣」とも称されている。

英語では「Mothra」。を意味する「Moth」とを意味する「Mother」を掛け合わせたものであり、本来の意味でもある「怪獣」という意味と「性を徴する怪獣」という意味を持っている。このため、人間の味方として登場する事がどである。そのためか、女性子供人気がある。

モチーフとした怪獣のため、、幼、成の形態変化があり、作中で幼から成へ変化する事も多い。逆に、成がやられたのちにそのかたき討ちを新たに生まれた幼が行う例もある。

モスラには小美人が欠かせない。「VSシリーズ」ではコスモス平成モスラ三部作ではエリア姉妹であるが、基本の部分はその他のモスラに登場する小美人と変わりはない。但し、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」においては小美人が登場しない代わりに、から羽ばたく成モスラを見送る姉妹がいる。 
また、小美人たちが歌う「歌」もモスラとは切っても切れない関係にある。有名な「モスラの歌」をはじめとして、これまでに数々の楽曲が作られ、音楽面でも映画りを与えている。

中生代には原始モスラと呼ばれるモスラの祖先が生息していた。また、亜種としてバトルモスラ(=バトラ)がいる。

登場作品一覧

モスラ幼生体

※1:「東京SOS」は1961年「モスラ」の続編でもあるがモスラ・小美人共に初代とは別と考えられる。
※2:「FINAL」と「東京SOS」の小美人は同一人物(長澤まさみ大塚ちひろ)が演じているが世界観が違う為モスラも別個体として区別。

関連お絵カキコ

飛翔するモスラ 海を渡る幼虫 モスラの卵

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP