モラルハラスメント単語

モラルハラスメント

  • 4
  • 0
掲示板をみる(55)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

モラルハラスメントとは、ハラスメント行為・暴力行為の1種である。心に対する暴力

モラハラと略して呼ばれる事が多い。

概要

セクシャルハラスメントパワーハラスメントに並ぶ、精的ないじめ・嫌がらせ・暴力行為の1種。
職場での嫌がらせ行為や学校のいじめ以外にも、庭内(夫婦間・親子間・間)や人同士での間柄にも当てはまる事があり、その場合はドメスティックバイオレンス(=家庭内暴力)の事例としても成立する。

名前の通り、殴る蹴るなどの暴力を用いず言葉や態度などで精的に相手を追い込み、不安に陥れたり相手の言う事を忠実に聞く奴隷にする。具体的には、視する、周囲に悪い噂を流す、過去の失敗談を蒸し返し笑いものにする、孤立させる、長時間に渡って説教する、趣味や嗜好、態度や言葉遣いなど細な事にも難癖をつけて怒鳴る、など。
こういった事を何か~何年もの長期間に渡ってやり続けることでのように相手の精を蝕んで、徐々にメンタルを破壊していく。被害を受けた側は「自分はダメな人間だ」と思いこまされ鬱病になったり、精神病統合失調症、ほかストレス性の様々な病気を引き起こす。自信や自を破壊され自殺に追い込まれたケースもあったとされる。

名前フランスの精科医マリーフランスイルゴイエンヌによって提唱された言葉が由来。
そのフランスでは、2002年にモラハラを禁止する法律が制定されており、2004年以降には犯罪行為として認定され、罰と懲役刑が課せられる。
日本ではフランスなど諸外とは違いセクハラパワハラほど定着していないが、内容や的はどうあれ、人間社会では立いじめ暴力事件として成り立つ事例なのである。

特徴・行動パターン

モラハラの特徴はパワハラセクハラとは似ているようで大きく異なり、周囲はおろか被害を受ける当人も自分が置かれている状況をモラハラ(=いじめハラスメント)と認識できていない事もある。以下に、簡単に記述。

  • 最初は親切にあたり、過保護な態度で恩を売り、後の布石にする
  • 視する、嫌味や皮を言う、など一つ一つは取るに足らないような小さな事を長期に渡り繰り返す
  • 周囲の人には人当たりも面倒見も良く好印だが、ターゲットと自分2人だけの密室になると途端に悪魔の顔へと変貌、睨みつけたり視したり口実を見つけて説教を始める。(家族間の場合は、の中では暴君だが一歩外に出れば想の良い理想の父親母親を演じる、等。)
  • 細な失敗も責めたりなどして、第三者が周囲にいる前で「ダメ人間」「かわいそうな人」のレッテルを貼り付けるような言動や態度を取り、周囲にもマイナスイメージを認識・定着させる
  • 何をやってもまず否定から入り、絶対にいい所を口にしないし褒めない。逆に重箱の隅をつつく程度の事も針小棒大に騒ぎ立て怒鳴る
  • 「みんなに迷惑だと思わないのか」「みんなお前の事をおかしいと言っている」と、まるで当人に言いづらい集団の総意を代弁してやっているかのような事を喋る
  • ターゲットがこれらの行いに何か言ってきても、「冗談のつもりだった」「ちょっと言い過ぎてしまった」「根に持つ」と被害者面をして、自分は被害者、ターゲットこそがの加者であるかのように振舞い宣伝する
  • 間違ったり不適切な点を責めても、正解やヒントは絶対に教えない
  • 義を装っている事例もある(=自分の思い通りに動かさせる為)
  • 真剣に話をしようとしても、問題解決のための話し合い拒否する
    (はぐらかされる、相手にされない、「お前はおかしい」「自分の事ばかり考えるな」と逆切れする、etc...)
  • ダブルバインド詭弁
    「人と話をする時は相手のを見るものだろう」→「何睨みつけてるんだよ、ああ?」
    仕事の時は報告しろと言っただろ!」→「そんな事はいちいち報告しなくていい!」
    「その程度の事は自分で考えろ!」→「勝手な行動をするな!」
    え?この間と話が違うんですが・・・」→「後に言う方が正しいんだよ!おれがお前に言う時はな!
    といったに言う事(説教の内容)が矛盾している。モラハラの典例の1つ。
    ダブルバインド』の記事にもあるが、何をやっても何もしなくても底的に罰を与えられる、という事を学習させる事で、従する以外の選択肢い状況を作っていく。言い換えれば、怒られる条件を曖昧にすることであらゆる行動を罰することができ、気に入らないと思ったらいつでもターゲットへ攻撃を始められる。全ての選択肢地雷が設置済の質問、または後出しじゃんけんで相手を底的にやりこめて、気も思考も、自立性も反抗心も奪っていくのが的。
    そしてターゲットはいつ攻撃が始まるかもわからず、自発的に発言も行動もできなくなっていく。その結果、「最も傷が小さく済むのは全く動かない事だ」と学習して、言葉や意思表示も少なくなり仕事の効率も落ちていく悪循環に嵌まる。更に、後述する通り外部には「ミスや失敗に対するしつけ・導」と巧妙にカモフラージュする事でターゲットを理不尽な攻撃にしながらも外部へ真実を隠蔽できているのがモラハラの悪質な点である。
  • 悪意丸出しの質問をして、相手の自尊心や人間性を否定する
    「こんな忙しい時に有給なんて使って、みんなに迷惑だと思わない?それとも自分さえ良ければどうでもいい?」
    やる気あるの?ないの?」「あるんだったら何でこれくらいもできねえの?」
    「ふうん、有給使いたかったら使えば?ただしもお前にはも何も仕事を頼まなくなるぞ、それでもいいのか」
  • 私物を漁ったり、SNSLINEブログtwitter等)を監視してはプライベートまで縛り付けようとする
    見られたくない、または覗かれていると感じたら々にSNSアカウントに鍵を掛けた方がいいだろう。
  • 拠を残さない
    モラハラの一番の特徴。暴力を振るって傷跡を残すわけでもなく、ターゲットにも被害を相談できない上、相談された相手も第三者に見えない藪の中で何があったのかがわかりにくいため状況が善しにくい。
  • 機嫌がいい日もあり、そのため攻撃してくる時と何もしてこない日とではムラがある
    いわゆる『』。心が折れそうになったタイミングで優しさや寛容さを見せてくるので、被害者側は一層「やはり自分に原因があるのかもしれない」と思い込み、加者への反抗心を抑えるようになる。
  • 攻撃的な時はとにかくしつこく、どんな小さな事にも干渉してくる
    一言二言注意して片付くような失敗話さえ、10分20分の長時間に渡る説教ネタにしたり、(職場の仲間など)みんながいる場所でターゲットの前に当人の失敗話を喜々として話したり、馬鹿にする。または、過去の失敗話を掘り返したりする事もある。
  • 被害者が被害を訴えにくく、周囲もモラハラの事実に気づかない
    上記のような被害を訴えても「考えすぎ」「気にしすぎ」「あの人がそんな事するわけがない」「言い返せばいいのに」と一蹴され、者に対してキレたり周囲へ真剣に訴えるほど自分が段々墓を掘っていくだけ、というケースが多い。加者が周囲に人がいる際にターゲットを攻撃したところで、既にターゲットには上記の通り「ダメ人間」などのレッテルが貼られている事もあり「しつけ」「熱血導」の一環としか受け取られず、都合の悪い妄想として片づけられる。加者もそれらの言葉を免罪符ターゲットを心い言葉や態度で責め立てる。
    モラハラ加者は大抵頭がいいので、ターゲットが助けをめる事も反抗する事も逃げる事もできないよう包囲網を着々と作り上げていくのである。そればかりか、モラハラ加者がターゲットを責めている際に周囲が悪意なく加勢してくる事例もある(セカンドハラスメント)。
    ((怒鳴られるのでを逸らす)→「それが話を聞く態度か!XXさんが話してるんだからちゃんと聞けよ!」)
  • そのため、ターゲットにされた人は加者の気が収まるまで一方的サンドバッグにされ続けるしかないと学習させられ無気力に陥り、加者の言う事を忠実に聞くロボットとなるか、学習性無気力となってさらに状態が悪化する。

これらのような事を、数ヵ~数年に渡って継続しじわじわと行う事でターゲットは次第に自由も精的余裕も奪われていく。これら一つ一つは気にする事もないような細な事であるためターゲットが自分が被害者である事を認識しにくく、「言葉の暴力を振るう相手は確かに悪いけど、原因は自分にある」とし、見えないにでも閉されたかのように錯覚し余計に苦しみ続ける事になる。論、これらのダメージは時間が積み重なれば重なる程大きくなり、深い傷跡となる。
そしてモラハラが会社内で行われていた場合、精を蝕まれ仕事の効率が落ちたり失敗・ミスが多くなる悪循環に嵌まり、更にはその事自体を加者が、ターゲットを攻撃する材料として利用するなどどこまでもキリがなくなる。
更には「ダメ人間」と言われ続けて本当にダメ人間になってしまえばいずれは仕事や生活にもモラハラの悪が形となって出てしまい、「ほらやっぱりあいつはおかしかった!」「このままじゃアイツは本当にダメになるから今日からが」と更なる攻撃の口実と正当性を与え、結果としてモラハラで精を病めば病むほどモラハラは周囲からも正当化されていくことになる。

対処方法

  • 距離を置く、可なら逃げ
    何をやっても攻撃されるので、モラハラ加者と接触を最小限に抑えるしかない。
    人やバイト先の人など、較的簡単に縁を切れる相手ならば々に逃げた方がいいだろう。
  • 第三者に相談する
    論、ここでいう第三者とはモラハラ加者の息がかかった「第三者(加者以外の家族、会社の上・同僚など)」ではなく、本当の意味でこの件を相談できる相手の事である。カウセラーや信頼できる相手(家族)など、を割って話せる相手に話す方が、自分ひとりで抱え込むよりも気分は幾らか楽になる
    会社ならば、信頼できる上(加者以上の高い地位を持つ相手)や匿名で受け付ける通報機関へ相談するのもいいと思われる。
  • 自分自身で最適な判断を下し行動する
    何をやっても、または何もしなくても怒鳴られるのはたまらないが、モラハラ加者の方も自分が以前に何を言ったか覚えてないか感情だけで行動しているか、いは相手の事を認める気がいだけなので、加者の言う事にいちいち振り回されないように動くしかない。
    どうせ難癖など、付ける気になれば何にでも、どんな事にでも付けられるのだから。
  • わかり合おうとしない(どんな間柄であっても、加者は自分に悪意を向けた危険人物であると認識する)
    モラハラやそれに類する行為を働く時点で、そもそも相手を対等な存在だと認めていないので、当事者間での話し合い意味である。モラハラを摘されたところで大抵は非を認めないし反省もしないケースが多いとされている。摘する役は必ず第三者(さらに上の上機関など)でなくてはならない。
  • を録音する
    上述の通り、モラハラは拠が残らないので被害を訴えても相手がを切ったり「冗談のつもりだった」「ただの被害妄想だ」と流されて終わるのみならず、周囲に自分が悪者であるかのように印を操作されたり報復として更にモラハラが化する事もある。そのため、会社など容易に逃げられない環境から状況を打開するなら、被害者と加者の2人しかいない密室で言われた暴言などを録音するのもベストだろう。
    論、録音している事を気づかれないようにする以外にも、にそれを聞いてもらうかもよく考える必要があるが。
  • やられた事を全く同じように返す、周囲を巻き込んで反撃に出る
    絶対にやってはいけない間違った対処法。前述の通りモラハラの加者は被害者よりも頭が良いことが多く、加者側の行為が巧妙に隠される中で被害者側の反撃だけが表沙汰となり、「被害者側が悪い」というレッテルを自ら認めるハメになってしまいがち。最悪の場合は被害者側だけが法の裁きを受けることになる。また、上手く加者側の非を明できたとしても周囲の評価は「どっちもクズ」以上にはならない。

ついにはターゲットが精限界を迎え退職に追い込まれたり自殺したところで、加者は「遊んでた玩具が壊れた(どこかへ行った)」程度にしか考えないし、周囲もいじめがあった事さえ認識しないまま終結する。
論、取り返しのつかない事態に陥っても上述の通りモラハラの拠は出ない為責任など一人取りはしないので、モラハラの支配から逃れるには精全に病むより前に自で気づき脱出するより他にないのである。

関連動画

関連商品

関連項目

参考リンク

モラハラに悩まされている人、「自分はモラハラを受けているかもしれない」と思った人はこちらも参照ください。

この記事を編集する

掲示板

  • 53削除しました

    削除しました ID: ktJmh9h0Wu

    削除しました

  • 54ななしのよっしん

    2020/06/21(日) 02:21:31 ID: JAAFs3rmra

    全く関係ないところからこの記事に立ち寄ってちょちょいと読んでたんだけどさ、自分はここを読んで納得しながら、自分はか固定の人にされた訳でもないけどこれの被害者みたいになっていると感じた。
    これって社会モラハラしてきてるってこと……?
    例えば「自分がされて嫌なことを他人にしてはいけない」を遵守しすぎてただの臆病者なったりだとか。

  • 55ななしのよっしん

    2020/06/28(日) 03:51:01 ID: Dk67KTVOQR

    モラハラ私刑とほぼ同じ価値観から導かれる
    モラハラする人に限って
    ニュース見て、許せない厳罰すべきとか言ってないか?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/23(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/23(水) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP